映画評「パーフェクト・ストレンジャー」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督ジェームズ・フォーリー
ネタバレあり

映画に関しては昔から監督の名前以外の情報を得ずに観ることにしているので、本作の「ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対わからない──。」というとんでもないキャッチコピーなど知る由もなかった。

上層部の圧力で記事をもみ消された新聞記者ハリー・ベリーが退職した後、幼馴染ニッキー・エイコックスが変死体として発見される。元の恋人による犯行と睨んだ警察に対して、彼女はニッキーがチャットから付き合いを始めた広告会社社長ブルース・ウィリスが犯人と疑い、記者時代の同僚でパソコンおたくのジョヴァンニ・リビシーに手筈を整えて貰って入社し、彼の嫉妬深い妻が医療組織をバックボーンに持つ大富豪で、死体から発見された劇薬が彼の細君が写真撮影に使った薬と一致するなどの確証を得る。かくしてウィリスは逮捕される。

「しかし、彼が本当に真犯人なのか」というお話で、相も変わらずどんでん返しでびっくりさせようという寸法のスリラーなのだが、余りに卑怯な作り方なので文句を言う元気も出て来ない。

allcinemaでどなたかが仰っていたように、アガサ・クリスティ「アクロイド殺人事件」の映画版の趣。この一言で解る人には真犯人が解ってしまうが、それはともかく、一人称の文学故に上手く表現できた「アクロイド」手法は映画では「シックス・センス」のように映像で主観ショットを客観ショットに思い込ませる嘘を付き続ける以外に成立し得ない。

勿論映像(客観描写)の嘘は認められないわけで、そうなると通常の映画では如何に上手く真実を隠すかということがこの手のどんでん返しの成否を決めることになるが、本作は全く駄目な部類。余りにヒロインをめぐる情報を隠し過ぎているので物語として成立するのかさえ怪しいのだ。ここまで隠すと映像で嘘を付いているのに等しく、伏線などを精密に検討する気も失せる。

それでも観ている最中は一通り楽しめるので、平均的な星を進呈しておきましょう。

映画病原菌研究者曰く、「本作は『シックス・センス』を源とするブルース・ウィルス(ウィリス)に感染しておる」。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2008年11月28日 17:49
ジェームズ・フォーリーは一体
どうしたんでしょう。(これが実力?)
「摩天楼を夢見て」や「アフターダーク」
「ロンリー・ブラッド」を買っていた私、
相も変らずウソ臭い宣伝文句(も、いい加減に
して欲しい)をもろともせず観ましたが
土台、ちゃちい話で観ていてむごいなぁ~と。
フォーリーはこういう系ダメな監督だってこと
思いっきり露呈したようです。前作
「コンフィデンス」もお安い作りだったような。

穴だらけのホンにぱっとしない演出、
ギャラだけ高い役者のウソ臭い芝居、
「チョコレート」で少し陽の目を見た
ハル・ベリー、仕事がないのかチョイスが
ヘタなのか、40も半ばになって胸だの
お尻だので話題にのるようではね~(--)
一番あきれたのはあのB・ウィリスの
なんともヤル気のないお芝居^^
2008年11月28日 21:12
プロフェッサー、こんばんは。
私も一応、おおきな流れとそうくるんだと楽しんで鑑賞しましたが、なんとも感想をかくまでには至らず、記事にはしませんでした。

>余りに卑怯な作り方なので

そう映画的なことは大目ににて楽しむことを心がけているのですが、「シックス・センス」にしてもネタがばれたあとに思い返すとなりたたない場面が多すぎてなんとも・・・・。

まあ、その時は楽しんでみてるんですけどね・・・。

姐さんも言っているようにあのブルース・ウィリスはね、ちょっと。

では、また。
2008年11月29日 00:46
こんばんは。
>文句を言う元気も出て来ない
これは醜い映画でしたね。
>伏線などを精密に検討する気も失せる。
同感です。
と言うより伏線なんかありました?
オカピー
2008年11月29日 01:10
viva jijiさん、こんばんは。

>「摩天楼を夢見て」
評判良いけど、未鑑賞だす。
そのせいか、フォーリー氏には僕の中に定評ないだす。

>「コンフィデンス」
本作よりはまともだったように思うなあ。
ガイ・リッチーみたいな作風の作品でしたが、予想通りリッチーもあのタイプ以外の作品は全く作る能力がないことが判ってしまったし。

>ブルース・ウィリス
ブルース・ウィルス(菌、^^;)に冒された作品はもう出てこないと思ったけれど、彼を起用したところを見ると、やはり「シックス・センス」への想念がキャスティング担当者か誰かにあったようですなあ。
あの作品自体は最初にやったことに免じているところもあるのですが、模倣を生んだのがまずいよねえ。あれは一度オンリーよ。

>H・ベリー
綺麗だすなあ。
くりくりお目目から判断して先祖はエチオピア系なんでしょうか。
えっ? そういう問題じゃない?
すつれいしました。<(_ _)>
オカピー
2008年11月29日 01:19
イエローストーンさん、こんばんは。

おおっ、ご覧になりましたか。

ヒロインがパソコンをいじっていると社長がやってきて、何とかPCの電源を落とそうと懸命になるところのサスペンスなどはちょっとしたヒッチコック・タッチで面白かったり、ところどころ良いところもあるのですが、真相が解った時に「な~んだ」で皆すっ飛んでしまう、典型的な作品でしたね。
「シックス・センス」はまがりなりにも【驚き】がありましたが、あの映画の驚きを求める余りにサスペンス映画が【何でもあり】になってしまったのが残念ですよ。
その意味で、僕は「シックス・センス」がサスペンス映画を殺したと言っているんです。

>ウィリス
評判悪いですなあ。^^
やはりブルース・ウィルスに名前を変えた方がええんじゃない?
てか(笑)。
オカピー
2008年11月29日 01:25
hashさん、こんばんは。

>醜い映画
何しろ、ブルース・ウィルスに感染しているので。
冗談はともかく、これだけ何も見せなければどんな話もできるわなあ。
映像の嘘と同じですよ。

「シックス・センス」のような一種の夢落ちを別にすると、映像の嘘がよく出るのが、犯人が一人でいる時の様子ですね。TVのミステリーではこの辺り嘘ばかりついている。

>と言うより伏線なんかありました?
伏線があったかどうか検討する、という意味です、多分(笑)。
2008年11月29日 03:27
こんばんは。お久しぶりです。

>アガサ・クリスティ「アクロイド殺人事件」の映画版の趣。
>この一言で解る人には真犯人が解ってしまうが

はい、この一言で解ってしまいました!
あ、でもこの映画、予告編を観た時から「ん?微妙な出来?」という予感がして観ないで終わっていた映画ですので、ネタバレに触れてしまっても大丈夫です。今後も観ない予定が決定しましたので 笑

最近、遅ればせながら「プレステージ」は観ました。
んー、こちらも私の中では非常に”微妙な”出来でした!
なんというか、フツーにシンプルで面白いサスペンスが観たいんですけど・・・と感じる今日この頃。
「フツーにシンプルってどんなの?」と聞かれそうですが「シャレード」とか「暗くなるまで待って」とか。そんなイメージです。
hash
2008年11月29日 15:58
再び失礼します。
本作は推理サスペンスではなく、実は、幼少時の体験がトラウマとなり人格が破綻した女性の奇怪な行動を描いたサイコドラマなのかもしれません。
だからと言って、作品の評価は変わりませんが・・・
オカピー
2008年11月29日 23:40
RAYさん、こんばんは。

>ネタばれ
していない のにしてしまう 怖さかな(川柳です)。

僕はまあ相対的に観るので☆☆★を付けましたが、観終わった後の脱力感から言えば、そのレベルでは済まなかったですねえ。

>「プレステージ」
>フツーにシンプルで面白いサスペンス
解るような気がします。
僕もサスペンスとしては持って回った感じが強いのでミステリアスな復讐ドラマとして観ていましたが、それはそれでちょっと気を殺がれるところの多い展開でしたね。星は結構与えましたが、【帯に短し襷に長し】という印象が強く残っています。しかし、脚本のレベルは本作とは比較にならない力作ですけど。

>「シャレード」「暗くなるまで待って」
どちらも傑作ですねえ。
個人的には特に「シャレード」はお気に入り。何と言っても洒落ー度100%でしたから。
オカピー
2008年11月29日 23:49
hashさん、二度目のコメント有難うございます。

>女性の奇怪な行動を描いたサイコドラマ
全て終わった後から冷静に判断すれば、そう言っても良いでしょうね。
しかし、観ている最中こちらは犯人を特定しようと頭をひねっているわけですから、ヒッチコックの「サイコ」を見るのとは訳が違って困っちゃいますよね。
ヒッチ先生は犯人探しのミステリーは(観客が犯人の特定以外に興味を持たないので)大嫌いで作らなかったわけですが、それを別としてもこの展開には天国で呆れ返っているでしょう。

この記事へのトラックバック

  • 『パーフェクト・ストレンジャー』 ('07初鑑賞116・劇場)

    Excerpt: ☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 10月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-11-28 20:13
  • 映画 【パーフェクト・ストレンジャー】

    Excerpt: 映画館にて「パーフェクト・ストレンジャー」 ≪ラスト7分11秒、あなたは絶対騙される≫と予告編で煽るだけ煽ったサスペンス。 おはなし:新聞記者のロウィーナ(ハル・ベリー)は、幼なじみのグレースが殺.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-11-28 21:37
  • パーフェクト・ストレンジャー

    Excerpt: ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対分からない―─ こういうアオリ文句の映画って、期待しすぎちゃって、たいていの場合はイマイチって思うんですよね。だから、今度はあまり期待しないでおこう・・・と思ってたの.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2008-11-28 23:46
  • ★「パーフェクト・ストレンジャー」

    Excerpt: レビューの書き溜めがいっぱい残ってるのに、難解映画はゴメンだよ・・・ とは思いつつ、ハル・ベリーとブルース・ウィリス出てるので見ることに。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-11-29 00:27
  • パーフェクト・ストレンジャー

    Excerpt: Perfect Stranger (2007年) 監督:ジェームス・フォーリー 出演:ハル・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョバンニ・リビシ 幼馴染が死体で発見され、その死因を探ろうとする女性記者の.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2008-11-29 00:28
  • パーフェクト・ストレンジャー(映画館)

    Excerpt: 愛し合ってる恋人も、信じ合ってる親友も、秘密を剥ぎ取れば、誰もが危険な他人・・・。 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-11-29 12:20
  • パーフェクト・ストレンジャー

    Excerpt: ラジー賞女優とラジー賞男優、夢の共演! Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-11-29 22:46