映画評「しゃべれども しゃべれども」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年日本映画 監督・平山秀幸
ネタバレあり

僕は現役の日本人監督の中で平山秀幸を最も評価している。とにかく何でも自分のものにして上手く撮る、今では希少価値になった職業監督である。「愛を乞うひと」は勿論、「学校の怪談」は実は秀作であるし、酷評が目立った「レディ・ジョーカー」も長い映画を観客が認めない困難な時代にあって僕は評価した。佐藤多佳子の同名小説を映画化した本作も実にうまい。

画像

東京、真打ちを目指す二つ目の落語家・国分太一が、茶の師匠である母・八千草薫の生徒・卜部房子から小学生の甥・森永悠希に落語を教えてくれと頼まれる。大阪弁をからかわれるので落語で人気者にしたいと言うのである。
 引き続いて、師匠・伊東四郎が講師を務めた話し方教室で知り合った美人・香里奈も「教えてくれ」とやって来る。つっけんどんな話し方から恋人に逃げられ友達もなかなかできないらしい。
 さらに、お話にならないほど下手な野球解説で顰蹙を買う松重豊も加わる。こちらは文字通りの口下手だ。

画像

教える主人公にしても落語は名人の域に程遠く、話し方は結構ぶっきらぼう、寧ろ生徒の香里奈に近いタイプ。この二人、実はお互いに気に入っているのに言い争ってばかりいる。二人の場合は厳密に言えば話し方ではなく自分に正直になれない性格の問題と言った方が宜しいようです。
 松重は勿論野球は上手く、嫌味なライバルの速球を打ちたい阪神ファンの森永君に打撃を教授する。しかし、世の中そんなに甘いもんやおまへんや、三振して落ち込み姿をくらます。彼を心配する他の三人。

画像

かくして、主人公を含め、各々の目標に向って奮闘する四人が互いに助け合い交流することにより人間として一皮向け他人との付き合い方を知る、というのがお話の骨子で、少年がライバルに素直に「ありがとう」と言う場面にテーマが集約されている。構図としてはありふれたものと言って良いが、落語を素材にしたところが新鮮。婉曲話法、半疑問形といった他人に甘える話し方が流行っている昨今、毅然とした話し方に注目するのも悪くないだろう。

場面は折り目正しく撮られ、展開は全く淀みなく実に見通しが良い。幕切れにおける香里奈の国分への駆け寄り方が全くぎこちなくて興醒めさせられた以外は誠に結構なお手前でございました。

映画初主演の国分太一も健闘の部類で、森永君は達者。

この記事へのコメント

2008年05月03日 18:15
>平山秀幸を最も評価している。

うふふふ~~中原俊監督は2番目かしら~?^^

「学校の怪談」シリーズは未見ですが
(「怪談」もの、こわ~い!)平山監督は
ホンお書きになった奥寺佐渡子さんと
相性がおよろしいようで。
中原監督の「コンセント」も奥寺さんでしたね。
「お引越し」も観てみたい。

本作はあまりにも巧いので立て続けに
3回も観てしまいましたわ~^^
オープニング、国分クンのナレーションも
サラリとした導入部分の役目をすんなり努め、
実にスムーズにお話へ入ってゆくあのテンポ!

>駆け寄り方が全くぎこちなくて

素直になれない二人を表したんでしょうが
観ているほうが、肩、こりましたわ。(^^)

ごっつう、巧くて、おもろくて
わて、TVの前で根っこ生やらかしましてん。
ほんに、平山はんたら、こわ~~い!(^^)
オカピー
2008年05月04日 01:55
viva jijiさん、こんばんは!

>中原俊
その前に山田洋次大先生がいますが、あの方は別格と致します。^^
中原先生の場合は「櫻の園」という大傑作がありますが、
あの作品が突出している印象があります。天才肌ですね。
情報によりますと、セルフ・リメイクしたらしい。
よせば良いのになあ。

平山先生は職人タイプですかね。

>奥寺佐渡子
力みのない良い本を書きますね。
今後注目してみましょ。

>あまりにも巧いので
イエ~ス!
構図的にありきたりだったので星は抑え目ですが、
上手さでは本年屈指の作品です。
7点ですが、本年のベスト10候補にしましょ。

姐さんの関西弁、うま~い。
ちょっと色々混じっている気がしないでもないですが。
そう言えば、「そないなこと」という大阪弁はないそうで、「細雪」でチェックしてみたら確かに「そんなこと」と書いてありました。^^
2008年05月16日 04:09
八千草薫さんが、ほんとうに楽しそうに役を演じているところが、とてもよかったな。
オカピー
2008年05月17日 02:21
kimion20002000さん、こんばんは!

>八千草薫さん
僕も昔から好きでした。
上品でおっとりしてどこか芯のあるそんな女性ですね。
その昔、「岸辺のアルバム」なんて出演されていませんでしたっけ?

この記事へのトラックバック

  • しゃべれども しゃべれども

    Excerpt: ・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-05-03 16:19
  • 映画 【しゃべれどもしゃべれども】

    Excerpt: 映画館にて「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子の同名小説の映画化。 東京の下町が舞台。“二つ目”の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)の“話し方教室”に口下手な美女・十河五月(香里奈)、同級生に馴.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-05-03 17:23
  • しゃべれども しゃべれども

    Excerpt:          私、    「話し方教室」というものに今もこころが動きます。    こんにち只今の私を知る人たちにこんなこと言ったら        こんだけ、しゃべってしゃ.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2008-05-03 17:44
  • 『しゃべれども しゃべれども』'07・日

    Excerpt: あらすじ思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の所に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)大阪から引っ越してきたものの、馴染めない小学生村林.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-05-03 20:01
  • <しゃべれども しゃべれども> 

    Excerpt: 2007年 日本 110分 監督 平山秀幸 原作 佐藤多佳子「しゃべれども しゃべれども」 脚本 奥寺佐渡子 撮影 藤澤順一 音楽 安川午朗 主題歌 ゆず「明日天気になぁれ」 出演 国分.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-07-10 20:47
  • 『しゃべれども しゃべれども』('08初鑑賞61・WOWOW)

    Excerpt: ☆☆☆-- (5段階評価で 3) 5月1日(木) WOWOWのHV放送を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-07-15 22:32