映画評「犬神家の一族」(2006年版)

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2006年日本映画 監督・市川崑
ネタバレあり

市川崑死す。

3月にWOWOWに出るのが分っていたので、今回の緊急追悼放送を観たものか悩みに悩んだ。内容的にカットもあるし、映画の価値を激減させるCMにより、作者が大事にしているリズムも呼吸もぶち壊されてしまうからである。結局、完全版は後日WOWOWで観ることにして付き合うことにした。しかし、ただそのまま観るのは余りにも失礼と思いHDDに録画してからCMを削除し再編集した後観た努力はご評価戴きたい(笑)。
 因みに本作は135分、本放送は121分。4分ほどエンド・クレジットがあるとしても正味10分のカットはある。これは後で正確に確認しなければならない。

画像

さて、崑ちゃん自身の傑作を30年ぶりにリメイクした作品であることは、周知の通り。
 僕は横溝正史の大ファンというわけではないが、金田一耕助ものでは市川=石坂コンビがベストだと思っていて、どうせセルフ・リメイクするなら「犬神家」ではなく、何らかの事情で兵ちゃん(石坂)が再登場しなかった「八つ墓村」を彼の主演で作り直して欲しかった。

しかし、ない物ねだりをしても仕方がないので、オリジナルを数回観ているという前提において、少々思いついたことをしたためよう。

観始めて気付いたことは、お話を76年版から変えていないのは勿論、カット割りもかなり忠実、音楽もほぼそのまま、ということである。といった次第で物語についてはオリジナルの批評を参考にして下さい。

画像

ほぼ同じ脚本、演出、音楽なのにオリジナル程おどろおどろした印象がないのはどうしたことだろうか。1年前にオリジナルを再鑑賞した時は本作よりおどろおどろしていた印象を覚えたので、慣れてしまったわけではない。
 思うに、市川監督は最小限の変更のうちに基調となるムードを変えたのではないか。オリジナルは映画の冒頭で亡くなる当主の怨念を底流にしていたのに対し、本作では愛情、怨念に似た強い愛情に代えられているような気がするのである。その証拠に当主の過去にまつわる説明がごっそり削除されている(放送によるカットではないのは確認済み)。
 次女・竹子(松坂慶子)の息子が死んだ時に繰り出される、珠世(松嶋菜々子)のものと思われるフラッシュバックが通常のモノクロになっていて、オリジナルのアニメ化のような映像ではない(下画像参照、上が本作、下がオリジナル)。こうした演出面のちょっとした変更もオリジナルよりソフトなイメージを成しているかもしれない。その結果、ミステリーとしてはネタが割れているということも手伝って、重層的に語られる親子の強い情愛に強く感じ入ってしまうのである。

画像

今回の映画化も日本映画界の現状を考えるとなかなか充実した配役とは思うが、代えられた顔ぶれが総じて小粒化した感があり、中でもコメディリリーフとして坂口良子と深田恭子の資質の差が一番目立つ。兵ちゃん、加藤武といったオリジナル組の老いもかなり気になる。配役が本作における最大の差であり、オリジナルに劣る最大要因になっていると言って過言ではあるまい。

変更が少ない中で幕切れは微妙にしかし明確に変えられていて、送別されるのが嫌いな金田一が逃げ出す。その後ろ姿が暫く捉えられ、やにわに彼は振り返る。老いた兵ちゃんが崑ちゃんにダブり、まるで「さよなら」と言っているようで、涙を禁じえなくなった。案外彼自身にもこれが遺作になる予感があったのではないかという気さえしてくる。

画像

改めて偉大な業績に感謝しつつ、ご冥福をお祈り致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月20日 21:42
プロフェッサー、こんばんは。
最近ブログの更新をさぼりまくっているイエローストーンです。
市川監督、本当に残念でした。
私もTVで「犬神」みてしまいました。
感想はすでに自身のブログで記述しているとおりで、また原作との比較記事も散々書きましたので詳細はひかえますが、そう、おっしゃるとおり、愛を強く描いてますね。私は佐兵衛翁自身の深い愛を、珠世の強い想いに重ねたと感じます。より原作の核を芯に、様々な愛を強く表現し、闇の部分、つまり怨念を表面にだしませんでしたね。
そして、それが映画オリジナルのものですが、松子婦人の最期のセリフに凝縮されています。
オリジナルの「佐清、珠世さんを父の怨念から解いておやり。」が「父の想念から解いておやり。」に。
2008年02月20日 21:43
そしてあのラスト。まさに風来坊らしい終わり方。そして市川監督の金田一のコンセプトがあの敦夫のセリフで言い表されてましたね。
「あの人はまるで天からきた人のようだ・・・。」

私はオリジナルのラストのが好きですが、兵ちゃんがふりかえり、一礼するシーン、監督の遺作になってしまったことを思うと、非常に感慨深いものがあります。
では。

オカピー
2008年02月21日 01:44
イエローストーンさん、コメント有難うございました!
お久しぶりです~。^^

>珠世の強い想いに重ねた
愛と言っても余りに珠世のロマンスだけを抽出するといかにも通俗趣味ですが、祖父の想いと重ねると、それは重い(洒落ではないです)テーマとなりますね。テーマと言うより通奏低音ですが。

闇の部分を出さないことにより、おどろおどろしたムードが減じたことが果たして良かったのかは微妙だと思いますが、それによって作り直した意義も出せたのかな?

>ラスト
一礼が崑ちゃんの観客へのお礼に思えてきて、目頭が熱くなりましたよ。
2008年03月02日 10:45
ご指摘のとおり、ドロドロした雰囲気がなくなって、ほのぼのとした印象に変わってましたね。それが眠気を誘って、最後まで見るのがきつかったです^^;)。オカルトチックなオリジナルの雰囲気が好きだっただけに、なんでリメイクなんかしてしまったのだろう、断ればよかったのに、という思いです。これが監督の遺作になってしまったというのも残念です。
オカピー
2008年03月02日 20:45
ぶーすかさん、こちらへも有難うございます。

>オカルトチック
実は、余りそちらの方向に進むのに市川監督は抵抗があったので、オリジナルでも抑えたといったということも風の便りに聞きましたよ。
そこで監督はリメイクに当って、元来底流にあった<愛>を<怨念>に代えて前面に出したのでしょう。

この記事へのトラックバック

  • 『犬神家の一族』'06・日

    Excerpt: あらすじ信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残して、この世を去る。巨額の遺産が、一族の争いの元凶となるこ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-02-20 19:10
  • 犬神家の一族

    Excerpt: ストーリーを理解するためには「よく、聞く、事」だ!  Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2008-02-20 20:13
  • 「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記) 

    Excerpt: 「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2008-02-20 21:22
  • ★「犬神家の一族」

    Excerpt: 今年初・・いや、ひらりん史上初の二日連続2本鑑賞の1本目。 横溝正史原作で、昔テレビシリーズで見た記憶がある。 忠実リメークらしいし・・・映像技術の進歩がどうか・・・というところかなっ。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2008-02-20 22:10
  • 映画 【犬神家の一族】

    Excerpt: 映画館にて「犬神家の一族」 横溝正史の『犬神家の一族』を、1976年に監督を務めた市川崑がセルフ・リメイク。 オリジナル版は角川映画第一弾として大ヒット。ただ、私の記憶に残っているのは湖から突き出.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-02-20 22:57
  • 犬神家の一族

    Excerpt: 私だったら・・・ 危ない時に、どこからかサッと現れて助けてくれる 猿蔵を選びます!!! 30年前もたしか友達と観に行ったんですよねぇ。 あの当時は一大ブームになってましたから。.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-02-21 08:48
  • 犬神家の一族(映画館)

    Excerpt: 金田一さん、事件ですよ――― Weblog: ひるめし。 racked: 2008-02-21 11:42
  • 犬神家の一族

    Excerpt: 演技派の俳優たちによるドラマが, さらりとしながらも味わい濃い印象を残すリメイク版。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2008-02-21 12:14
  • 「犬神家の一族(2006)」「細雪」「トッポ・ジージョのボタン戦争」

    Excerpt: ●犬神家の一族(2006) ★★ 【地上波】オリジナル版 と同じ金田一耕助を石坂浩二のリメイク版。他出演は松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子など。しかし…台詞も演出もほぼオリジナル.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2008-03-02 10:34
  • <犬神家の一族> 

    Excerpt: 2006年 日本 135分 監督 市川崑 原作 横溝正史「犬神家の一族」 脚本 市川崑  日高真也  長田紀生 撮影 五十畑幸勇 音楽 谷川賢作 テーマ曲 大野雄二 出演 石坂浩二  松.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2008-04-14 06:39
  • 突っ込みどころを楽しもう 「犬神家の一族」

    Excerpt: 「犬神家の一族」  ブームとなった1976年作のリメイク   【公開年】2006年  【制作国】日本  【時間】135分  【監督�... Weblog: ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 racked: 2009-10-15 19:40