映画評「ザ・コンテンダー」

☆☆★(5点/10点満点中)
2000年アメリカ映画 監督ロッド・ルーリー
ネタバレあり

70年代半ばまでアメリカ政治絡みの作品が日本に輸入されたことはなかったが、「大統領の陰謀」が大スター二人の共演の際物(時事映画)ということで公開されて以来、スター俳優さえ出ていればかなりの確率で公開されるようになってきた。大昔なら当然お蔵入り確実そうな本作もちゃんと公開され、まずはメデタシメデタシ。

ジェフ・ブリッジスが大統領の民主党政府は、3週間前に急死した副大統領の穴を埋めねばならず、交通事故で川に落ちた自動車の女性を救おうとして結局生きたまま救うことができなかったものの英雄的行為を称賛された知事ジャック・ハサウェイが有力視されるが、大統領は共和党から鞍替えした過去のある中道女性議員ジョーン・アレンを指名する。
 最終的には下院の司法委員会が開く聴聞会での承認を得る必要があるが、議長に選任されたのが大統領選でブリッジスに蹴落とされた経験のあるベテラン議員ゲイリー・オールドマンで、彼女の学生時代のスキャンダルを暴露して退けようと画策する。

というお話で、いわゆる選挙ではないが、「候補者ビル・マッケイ」以来の本格政治パワープレイ・ドラマと言って良く、副大統領指名という興味に留めず、女性を当事者にしたのは女性ファンの関心を引こうという作戦らしい。大統領ではなく副なのはそのほうが当時は現実味があったからだろう。

しかし、思ったほどは面白くならない。簡単に言えば、政治的駆け引きとスキャンダルをベースとした性差別的問題を上手く絡めきれず、別に副大統領指名でなくても扱える話に終始するのである。

日本初お目見えだったロッド・ルーリーの演出はどうにも面白くない。手持ちカメラは大写しが多くて単調、極めて薄味なだけでなく、人物が二人いる場面では意図不明のパンも目立つ。固定カメラの切り返しでやれば切れ味も良くなるはずだが、長回しでリアルな感触を求めたのが逆効果になっている。

それでも物語としては予測できない駆け引きの面白さが維持できていたのに、終盤で大失速。まず一つが、ヒロインが清廉潔白のまま終わり、全く曲がない。もう一つは、これがアメリカ的良心だとばかりに訓示を垂れる大統領を延々と映し出す幕切れ。訓示は声だけにして画面は夫の車を伴走させて走る議員の姿にでもすればもっとすっきりした印象にもなっただろうに。

最終的に誰が指名されるかは観てのお楽しみ。

当時話題性があって意外と客足が伸びたとも聞く。そこで誰かが一言「あっ、混んでんだー」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月19日 21:31
私も観ましたけれど本作、イマイチでしたねぇ。^^;

きょうはゴロンゴロンしながら(笑)廉価で買ってあった
中古ビデオ鑑賞オン・パレード!(笑)
偶然でしょうか、「刑事グラハム/凍りついた欲望」('86)
(所持ビデオ名は「レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙」
マイケル・マン監督)に本作のヒロイン、J・アレンとW・L・
ピーターセンが、次に観たカーペンターの「スターマン」('84)
にはJ・ブリッジスが出てました。

本作、終盤の失速も問題ですが(だいたい「ラスト・キャッスル」
のロッド・ルーニーはちょっと変だわ・笑)、演技は達者ですが
ジョーン・アレンという女優、華が無さ過ぎるの。

話がちとそれますがごめんなさい。^^
プロフェッサーは「レッド・ドラゴン」2作はご覧に?
ブレット・ラトナーの「R・ドラゴン」での犯人と関わる
重要な役、盲目のリーバ役にエミリー・ワトソン。
M・マンではJ・アレン。
歴然としたその華の「差」に私、唖然としました。

つづきますの。







2007年08月19日 21:42
でもさすがM・マンは手堅く2時間にT・ハリスの原作を
うまくまとめてありましたの。
後出のラトナー版はM・マン版をすっかりマネたんじゃ
ないかしら~なんてシーンも多々ありましてね。^^
(犯人はおマヌケ顔でしたが^^)
ラトナー版のホンは「羊たちの~」の方ね。
で~~もM・マン版はアレンだけではなく役者たちの力量と
薄い存在感は、ラトナー版とは雲泥の違いでした。

あっ、記事からどんどん離れたお話になってますね。
ごめんなさい!(--)



オカピー
2007年08月20日 03:26
viva jijiさん

本作については、大統領の演説に終わらせるなんてのは、「デイ・アフター・トゥモロー」ではないんだから、やめろっちゅうに。

>ジョーン・アレン
華がないから政治家役には向いているのでしょうけど、監督もいかんね。手持ちカメラは華をなくす手段だから(笑)。いや、半分は本当ですよ。

>レッド・ドラゴン
リメイク版だけ。
古いのはパンチ力のあるマイケル・マンだけに興味津々だったけど未だに観ず。レンタル店に置いてありますかね。

この記事へのトラックバック