映画評「サヨナラCOLOR」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・竹中直人
ネタバレあり

これは一種のパロディーである。難病ロマンスは嫌になるほど作られているが、原作はいざ知らで、主演の竹中直人が自らメガフォンを取った映画版は難病ロマンス映画の極めて真剣なパロディーと言うべきである。
 訳の解らない題名は、<さよならから(始まる)>という意味。

ガラス工芸品を作って売っている美人・原田知世が同級生の竹中が外科医をしている病院に入院するが、彼女には彼の記憶が全くない。
 ところが、高校の3年間彼女に思いを寄せ色々みっともない経験をした彼が、嫌われるほど執拗に語り続けるうちに彼女は思い出し、彼を掛け替えのない人と思うようになっていく。

ヒロインは子宮ガンに罹っていて、竹中は初恋された人であり医者であるのだが、荒れた生活を送ってきた彼自身が肝臓を病んでいる。カップルが共に病んでいるところは先日観た韓国映画「連理の枝」と似ているが、要素を揃えただけで映画的に何の工夫もなかった同作に対して、こちらは映画的にずっと洗練されている。

車で眠っていた竹中の前をカップルが通り過ぎさせる開巻直後のカメラワーク、彼が援助交際少女と知り合った直後に彼の姿がトンネルの穴に浮び上がるショットなどの映像的魅力! 竹中直人の美的感覚には一流監督の品格がある。

韓国映画の場合は前半を喜劇、後半を悲劇と分けてしまってトーンが一定しない欠点があるが、本作は厳しい現実の間に笑いを挿むという作風が最後まで続くので、純愛というテーマをスムーズに展開し得ている。海辺の使い方も上手い。これぞ映画先進国の作品と言うべし。
 内容もぐっと大人で、お定まりの悲恋ではなく、生への歓びを謳って終了する。我々の涙は悲しみからではなく、自分の命を顧みず彼女を励まし続けた変な医師の懸命さから呼び起こされ、それに捧げられるのである。喜劇的な場面は些か悪乗りしすぎの感がありますがね。

原田知世の清楚な色気も大変良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

viva jiji
2007年03月17日 10:53
所詮、男と女のあいだには~深くて暗い河がある~♪
わけですから(笑)、本作に関しては、男衆たちの
礼賛は目に見えてわかりやすいわけでごじゃる。(笑)

男前!男前!言われている上に、ヤンチャな私んチには、
なぜだかオトコはんの足跡ペッタンコが多いのよね~。(笑)

こういう映画こそ女性の意見が聞きたいものですわん。

>原田知世の清楚な色気も大変良い。

プロフェッサー!
ちょ、ちょっと待ったぁ~~!
ジャスト、待って、モメントォーーー!(笑)

そのうちレンタルDVDになると思いますけど
「紙屋悦子の青春」!観てから、上のセリフは

   言って!!

プロフェッサー、知世嬢にホレ直すぜぃ!(笑)

オナゴの私でさえ、ホレたもん!うん。

プロフェッサーはねぇ~、遅く生まれ過ぎたんよ~。
(この意味、わかるぅ~~?)(笑)
オカピー
2007年03月18日 02:41
viva jijiさん

>プロフェッサーはねぇ~、遅く生まれ過ぎたんよ~。
(この意味、わかるぅ~~?)(笑)

解るかも。
ストッキングが強くなる前の時代の女性、良かもんね。
男女同権と男女平等は違うでしょう、と思うている吾輩です。
余り細かい点は突っ込まないように(笑)。
カゴメ
2007年04月01日 12:34
オカピーさん、TB、かたじけない!!

>訳の解らない題名は、<さよならから(始まる)>という意味。

え!? ダジャレだったの? や・・・、やられたっ(呆然笑)。

竹中さんはとってもハニカミ屋で純な人でありますね。
しかも、そのピュアな所をちゃんと武器として認識しておられる。
そんな大人らしい嫌らしさもまた可愛げであります(笑)。
カゴメとは女性の好みがかなり近しいので、
いっつも竹中目線で観てしまい、共演してる女優が好きになっちまいます。
ホンに困るなぁぁ(苦笑)。
オカピー
2007年04月01日 18:51
カゴメさん、こんばんは。

題名の由来(らしきもの)は、最後の主題歌で判ったという次第。カゴメさんも本当は解っていたんでしょ?

実は竹中作品はこれが三本目の鑑賞で、前の二本は観ていないのですよ。
「東京日和」と「連弾」を観ないとカゴメさんと対等には語れないのですが、審美眼は一流監督の風格ありと思うております。
主役に起用する女優は、清涼感のある、あるいはトイレにも行きそうもない(笑)人ばかりで、私も好みの女優が多いです。
ぶーすか
2007年09月06日 16:38
「紙屋悦子の青春」は残念ながら未見です。知世ちゃんファンとしては見なくては…。
<韓国映画の場合は前半を喜劇、後半を悲劇と分けてしまってトーンが一定しない欠点があるが
韓国映画ほど笑いも涙もこってりでなく、さりげなく笑いと涙を挟んでいるところがいいですねー。知世ちゃんだけでなく、助交際少女など、他の女優さんもいい味だしてました。女性キャラを描くのが上手いなぁ。
オカピー
2007年09月07日 02:22
ぶーすかさん、こんばんは。

韓国映画は、水と油のように喜劇と悲劇をきれいに分けてしまうから、人物像に一貫性が感じられないといった欠点に繋がり、早くその作劇から抜けないと外国では上映が難しくなるのでは?
日本や欧米のように喜劇と悲劇を混在させるような作劇を確立すべきでしょうね。韓国だけで構わないなら余計なお世話でしょうが。

>女性キャラ
竹中氏、なまなかの専業監督よりセンスがありますよ。

この記事へのトラックバック

  • さよならCOLOR

    Excerpt: 観た映画の感動度によって “帰りかた”が、ちがう。 < ヒドマズ映画 > 観た事実を徹頭徹尾、削除したいので 一刻も早く劇場を立ち去って とっとと雑踏の中へ紛れ込む。 帰り.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2007-03-17 10:39
  • ★「サヨナラCOLOR」、モテナイ男の純情★

    Excerpt: 「サヨナラ COLOR」(2004) 日本 監督:竹中直人   プロデューサー:新藤次郎   脚本:馬場当 竹中直人撮影:佐々木原保志  .. Weblog: ★☆カゴメのシネマ洞☆★ racked: 2007-04-01 12:28
  • 竹中直人 監督「東京日和」「サヨナラCOLOR」

    Excerpt: ●東京日和 ★★ 【BSフジ】竹中直人監督・主演。ちょっと壊れかけの夫婦の絆がしんみりと描かれている。タイトル通り小津安二郎の「東京物語」へのオマージュがいっぱい。中山美穂が竹中直人の妻役でいい味出.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-09-06 16:31
  • サヨナラcolor

    Excerpt: サヨナラcolorを歌ってみたのですが、 オリジナルをちゃんと聞いたことがないので、忘れてしまいメロディがよくわかりませんが、 なんとなくで・・・・。 Weblog: wasuremono racked: 2009-05-15 20:14