映画評「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1989年日本映画 監督・山田洋次
ネタバレあり

「男はつらいよ」シリーズは第1作を除いてテーマ【映画 あ行】から省きましたので、テーマ【山田洋次】にて検索をお願い致します。

シリーズ第41作。

寅さんが何とウィーンへ行く。第24作「寅次郎春の夢」で海外ロケをしたことがあるが、実際に寅さんが海外へ行くのは初めて。
 何故そんなことになったかと言えば、東北を旅している寅さんが飛び込み自殺をしようとして失敗したお面顔の中年サラリーマン坂口(柄本明)と知り合って慕われ、リフレッシュの為に湯布院ならぬウィーンへ旅することを決意したお面顔に付き合う羽目になったのである。

この経緯を描いた前半がなかなか可笑しく、極めて順調。
 そしていよいよ後半、言葉が通じず日本食が食べられないのでホテルに篭っていた寅さんが外に出てはぐれた時、8年前ウィーンに居つき現在はツアーコンダクターをしている久美子(竹下景子)と知り合う。

辛さに耐えてウィーンに留まる彼女に対し、寅さん同様に「無理せずに帰国しなさい」と言いたくなったが、彼女には現地にボーイフレンドがいて寅さんが考えている以上に事情は複雑、異国に暮らす日本人の心情という地味なテーマが浮かび上がって来る。

前半に比べ後半は相当に重苦しいのだが、その重苦しさを多少なりとも軽くしてくれるのがウィーンを舞台にした傑作「第三の男」へのオマージュである。
 勿論チターも奏でられるが、現地で久美子に援助の手を差し延べている中年女性(淡路恵子)のスパイかもしれない亡夫がオースン・ウェルズ似であること、夜のウィーンにご機嫌に踊る坂口の影が大きく映し出されるショットがそれだが、家族の前で僕が指摘したことを山本晋也氏はいつも言ってしまうんだもんなあ。しかし、おかげで家族に少しだけ尊敬されるようになりました(笑)。

最初に観た時同様、海外を舞台にしながらカルチャー・ギャップを避けた山田洋次のセンスを賞賛したいと思う。勿論共同脚本の朝間義隆のセンスも。
 山田監督は定石を利用するのが巧いのだが、その一方で野暮な定石は避ける。通常の脚本家・監督なら、ましてコメディならカルチャー・ギャップをテーマにするだろうが、寅さんの海外にいても「日本にいると思ってしまう」自然体、外国人とも日本語で話して何となく意思疎通ができてしまう辺りの扱いは、並大抵のセンスではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶーすか
2006年12月12日 15:51
御指摘の通り「第三の男」へのオマージュ満載でしたね^^)。しかもチラリとさり気ない使い方がグッドでした。
オカピー
2006年12月13日 02:17
ぶーすかさん、こんばんは。
オマージュ、パロディというのはさりげなくやるのが上品で宜しいですね。私がパロディ集映画を余り評価しないのは、いかにもわざとらしいから。
いつかは「第三の男」もUPしないといけないのですが、なかなか。
映画のせかいマスター
2006年12月30日 17:32
どうも。TBありがとうございました。「第三の男」は2月にBSで放送されますね
オカピー
2006年12月31日 03:32
映画のせかいマスターさん、こんばんは。
>「第三の男」
ビデオはありますが、DVDの保存版を作ろうかな。ストーリーで追ってはいけない作品ですね。

それでは良いお年を。

この記事へのトラックバック

  • 男はつらいよ~寅次郎心の旅路

    Excerpt: 芸術の都、ウイーンでの寅さんの恋物語 Weblog: RUU-Blog  ~後悔と反省の日々~ racked: 2006-12-06 16:05
  • 男はつらいよ/寅次郎心の旅路

    Excerpt: 男はつらいよ/寅次郎心の旅路(1989/日本) 評価(お奨め度)★★☆☆☆ 監督: 山田洋次 製作: 内藤誠 プロデューサー: 島津清/黒須清皓 企画: 小林俊一 .. Weblog: シネマの箱 racked: 2006-12-07 01:31
  • 「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」「男はつらいよ ぼくの伯父さん」

    Excerpt: ●男はつらいよ 寅次郎心の旅路 ★★★ 【NHKBS】シリーズ41作目。神経衰弱で自殺未遂を起こした男(柄本明)と知合った寅さん、ひよんなことからその男とウィーンへ観光に行く事に。竹下景子が「第32.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-12-12 15:49
  • 男はつらいよ 寅次郎心の旅路(男はつらいよ41)#717

    Excerpt: さくらの手紙がオープニング。主題歌のバックには関敬六さんが。今回メインのゲストである柄本明の他、笹野高史、イッセー尾形らコメディ畑の名脇役がたくさん出てる。 寅さんが旅をしている途中一両列車が急ブレ.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2006-12-30 11:54