映画評「宇宙戦争」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2005年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

ブログ友だちの方々から少しずつ聞えて来る評価は悪かったが、SF映画は中味が空っぽなほど良いと考える僕は楽しめるだろうと思っていた。

H・G・ウェルズの古典SFの何度目かの映像化になるが、自身がハリウッド的に見えてハリウッド的ではないことをスティーヴン・スピルバーグが見事に証明したSF映画である。細かな設定は原作は勿論古い映画版からも変えてある。

21世紀のある時、落雷のような現象が起きたことを起点として、事前に(数万年前という)地下に埋められていた巨大な三本足の侵略兵器が世界各地で暴れ出し、巻き込まれたニューヨークの港湾労働者トム・クルーズが離婚した妻ミランダ・オットーとの間に出来た娘ダコタ・ファニングと息子ジャスティン・チャトウィンを連れ、前妻のいるボストンに向けて逃走する。

基本的にはこれだけの話で、骨格的には有名な53年作と殆ど同じである。逃走するのが家族でしかも子供絡みというのはいかにもスピルバーグらしいが、直線的に進みメッセージ色を排した(ように見える)作りこそ彼の真骨頂と言っていい。ハリウッドの主流ならこんな作品は作らない。反戦や環境汚染への警鐘といったメッセージを直裁に加えて映画を台無しにしてしまう。
 一方で、この映画は本当に空っぽで、メッセージがないのだろうか。全く違う。実は、彼のユダヤ人としての思いと9・11以降のアメリカ人の心象をないまぜに投影した変化球作品なのである。それを表面的に顕さないところにスピルバーグの巧さがある。

動けなくなった車の群の中をただ一台だけ移動する車といった「海外特派員」的、或いは、一つの死体が流れた後大量の死体がどっと流れて来る「鳥」まがいの、つまりヒッチコックを意識したような演出が面白い。

父と娘が潜んでいるあばら屋に伸びてくるファイバースコープの怪物のような<探知器>も53年版と大きく変更ないのが嬉しいが、ここでのカメラワークや編集が優れている。滑らかで的確で状況が非常に解りやすい。

「なーんだ」と言いたくなる幕切れも同じだが、馬鹿馬鹿しいと言ってはお終いで、こういうのは素直に楽しんだ方が得である。
 また、この幕切れへの伏線がないと述べている方が少なくないが、それは誤っていると言わねばならない。開巻は勿論だが、中盤の移動場面に明確な伏線がある。

不満があるとしたら、SF大量生産時代故に新味不足が目立つことで、大昔に53年版を観た時の興奮には程遠い。
 アメリカの安達祐実ことダコタ・ファニングの神経症的な五月蝿さにも閉口する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

viva jiji
2006年12月19日 19:25
あのう~、お門違いの拙記事、お持ちしましたけど
お部屋のドア、開けてくださいますか~?

不適当な内容、どうか、笑って許してください。
笑ってくれなかったら・・・
自分で笑いますから~。ハハハ。(笑)

そうそう、あの「アビス」の水人間の金属版みたいな
探知機のシーンは素晴らしかったですね。

私のブログ内検索窓を設定しましたので
過去記事探索にお役に立てていただければ幸いです。

十瑠さんがプロフェッサーの検索窓まで当方に
作ってくれたんですよ~。

PCテクはまだまだ幼稚ですので、何かお気づきの点など
ございましたら、
アドヴァイスよろしくお願いいたします。
オカピー
2006年12月20日 01:47
viva jijiさん
こういう単純なお話を映画にしようと思うのは、絵と編集に自信がないとまず作れないです。どの作品を観ても感じますが、スピルバーグの話術は非常に滑らか。駆け出しの映画好きくらいでは、その当たり前にぎくしゃくしないで物語を展開する技術の高さに気付かない。
大ベテランviva jijiさんが「あ~あ」と仰る気持ちは分りますが、へたっぴで空虚なTVドラマを面白いなんて普段言っている連中が「駄作」なんて言ったら、私は殴りますよ(笑)。
chibisaru
2006年12月21日 22:34
こんばんは♪
小屋の中にファイバースコープみたいなのが入ってきたときは、ドキドキしましたね・・・こっちまで息が詰まりそうな緊張感(笑)
昔のSF小説が原作になっているのがわかっていたので、中身は知りませんでしたが予想通りのオーソドックスなつくりに安心しました。カメラワークの素晴しさとかは、まだまだ未熟者なので意識することすら出来ませんでしたが、多くの人がなぁんだと思ったのは、古典的なSFのままということにだったのかなと思ってました。

私の中で印象的だったのは、あの小屋のシーンとダコタちゃんの絶叫とタコ足かな(笑)
オカピー
2006年12月22日 02:08
chibisaruさん、こんばんは♪(笑)
スピルバーグのカメラワーク(勿論撮影監督との共同作業)と編集は神業なので、誰も巧いと感じない。非常にスムーズなので意識させないんですよ。巧いと意識させて巧いのもまた良いものですが。

ええ、あのラストは確か原作通りでしょう。原作はもう忘れましたが、愛すべき53年版は間違いなく「な~んだ」の幕切れでした。「人類SOS」という作品も最後も「な~んだ」でしたよ。

ダコタちゃん、うるさい。そして安達祐実に似てきた(笑)。
しゅぺる&こぼる
2007年09月18日 18:58
こんばんは!
やっほー!!!!
これ、評判よくなくってね~。わたしひとりで面白がってたんですが、
オカピーさんが面白い!と言うのならもう怖いもんなしです(怖いもんって誰??(笑))

あの群集シーン、さかのぼればヒッチ・コックにたどり着くのですよね。
わたしは世代が世代なので、「ゾンビのようだ」と書きましたが・・・
全体的に同じような感想で、すっごく嬉しいです。(^^)
車で逃げまどうシーンでダコタちゃんが質問攻めして思いっきりイラつかせてくれましたよね。トムさん本当にイラっと来てたんじゃないかしらというくらい。
PCに向かってるわたしにあーだこーだと注文つけてくる我が息子たちと
いい勝負でしたわ。(笑)
今日も忍術ありがとうござりまする(笑)
オカピー
2007年09月19日 02:31
しゅべる&こぼるさん、こんばんは!

わがブログ仲間たちは映画鑑賞の達人ばかりなのに、この作品を褒める人がいないので寂しかったです(笑)が、遂に好評を発見したので喜んで忍術を使わせて戴きました。また握手ですね。^^

<刺>については自分で考えて欲しいと本稿では誤魔化しましたが、もう良いでしょうね。
せっかく<棘>に着目しながら、「最後まで何もなかった」と遂に幕切れとの関連性を見破れなかった方もいました。惜しいなあ。

>群集シーン
私は「ゾンビ」嫌いなので、そう思ったとしても書きません。(笑)
その前に「海外特派員」を思い出したのでそう書いたのは事実ですが。

それでは、また握手しましょう。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 宇宙戦争(2005年米)②

    Excerpt: 人類のその前の時代の終わり Weblog: シネマ カトラン racked: 2006-12-19 16:44
  • 映画「宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS)」

    Excerpt: (ネタバレ有り)H.G.ウェルズ原作、スティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演、ダコタ・ファニング共演のこの映画。一言でいうなら138億円といわれる制作費には見合わない作品.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-12-19 17:31
  • 宇宙戦争・・・あーあ・・

    Excerpt: シネコンではなく、さびれた商店街で 頑張っている映画館で観た。 プラスティックの小さな窓の向こうに おねえさんがいる映画館である。 朝10時の上映というので 9時40分には、おねえさんの前に.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-12-19 18:33
  • #556 宇宙戦争

    Excerpt: 監督:スティーブン・スピルバーグ 製作総指揮:ポーラ・ワグナー 原作者:H・G・ウェルズ 出演者:トム・クルーズ 、ダコタ・ファニング 、ティム・ロビンス 、ミランダ・オットー 、ジャステ.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2006-12-21 22:06
  • <宇宙戦争> 

    Excerpt: 2005年 アメリカ 117分 原題 War of the Worlds 監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 デヴィッド・コープ  ジョシュ・フリードマン 撮影 ヤヌス・カミンスキー 音.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-12-24 11:47
  • 「宇宙戦争 2005」

    Excerpt:  宇宙戦争 「宇宙戦争 2005」 ★★★ WAR OF THE WORLDS(2005年アメリカ) 監督:スティーブン・スピルバーグ キャスト:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、テ.. Weblog: NUMB racked: 2007-01-10 00:18
  • 宇宙戦争

    Excerpt: 2005年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位、興行成績$234,280,354のメガヒット。 S・スピルバーグ監督がメガホンを取り、トム・クルーズとダコタ・ファニングを主演に迎えて放つ、53年公.. Weblog: シネマ通知表 racked: 2007-01-24 10:20
  • 宇宙戦争~常に先陣をきるスピルバーグ~

    Excerpt: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 宇宙戦争 遅ればせながら、やっと観ました。 正直な感想は、ですね。。。。。 大・満・足!!!!! でございます。 .. Weblog: 愛情いっぱい!家族ブロ! racked: 2007-09-18 19:18
  • 宇宙戦争 (2005年版)

    Excerpt: (2005/スティーヴン・スピルバーグ監督/トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー/114分) Weblog: ::: SCREEN ::: racked: 2007-09-30 08:18
  • 宇宙戦争

    Excerpt: War of the Worlds (2005年) 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ジャスティン・チャットウィン、ティム・ロビンス 1938年にアメリカを.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-02-24 23:00
  • 宇宙戦争

    Excerpt: 彼らは、すでに地球(ここ)にいる Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2011-01-23 14:01
  • 宇宙戦争

    Excerpt: 宇宙人がやってきた!   ひ~ふ~み~,うわっ,よ~けおる!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-01-23 14:44