映画評「ある子供」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2005年ベルギー=フランス映画 監督ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
ネタバレあり

カンヌ映画祭の受賞結果に違和感を覚えるようになって長い。
 リュックとジャン=ピエールのダルデンヌ兄弟の「ロゼッタ」はグランプリに相当するパルムドールを受賞したがピンと来なかった。続く「息子のまなざし」のほうが遥かに親しめたが、再びパルムドールを受賞した本作も理屈で理解出来るところもあるが、肌に合わない。

盗んだ物品を売って生活費を稼ぐ20歳の若者ジェレミー・レニエは、18歳の恋人デボラ・フランソワの産んだ子供を物品のように売ってしまう。彼女がショックで倒れたので子供は取り返したものの、彼女が無視し続けるのでにっちもさっちも行かなくなり、強盗を自白して服役する。

ダルデンヌ兄弟は安定せずどうも落着かない手持ちカメラを使うのがいけない。これが肌に合わない最大の理由である。歩いているところを捉えるといった自然主義的な演出スタイルが、構成や作りを重視して見る僕の鑑賞スタイルと相性が悪いということもある。

一般論はさておいて、社会の底辺でうごめく若者を捉えてきたテーマは変わらず、今回は赤ん坊が狂言回しである。従って、タイトルの「子供」がこの赤ん坊を指すことは間違いないが、寧ろ本質的にはレニエ扮する若者を指したダブル・ミーニングという感じが強い。つまり、一連の事件を通し【子供】の一通りの成長を描いているわけだが、まだまだ予断を許さないといったところで終っている。
 こういうタッチの作品なので面白いという言い方は変なのだが、自分の赤ん坊を盗品と同じように捌こうとする辺りの若者のドライさが一定の興味を引く。しかし、人生の一部を切り取って描くという自然主義的スタイル故に青年の環境や過去などに一切触れず、この若者に対し余り共感・同情できないような設計になっているのは劇映画として評価する時甚だ不都合と言わざるを得ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

優一郎
2006年12月10日 04:47
もしかすると私が未熟で、本作で描かれている何か重要な部分を見落としているのかもしれないと思っていたのですが、プロフェッサーのご意見は、まさに我が意を得たりというところで嬉しく思います。
「自分の赤ちゃんを物のように売ることができる青年」という設定は、いかにもカンヌ審査員好みの衝撃的な内容には違いありません。でも、どうにも唐突で乱暴すぎて・・・私は観客としてのスタンディング・ポイントを定めることができぬまま観続けていました。
主人公と母親の関係を物語るようなエピソードが挿入されていたなら、印象はがらりと変わるのでしょうね。
例えば母が入院する。主人公が見舞うが会話が成立しない。母は今付き合っている男が見舞いに訪れない愚痴を息子に聞かせる・・・そんなシーンだけでも十分だったのではないかと。通俗に流れるかもしれませんが・・・。
けれど、赤ちゃんに愛情を感じることができない青年の心の闇を、何かの形で裏付けてくれたら、観客は物語に核心を見出せると思うのです。
もっとも、私はこの兄弟の画作りの姿勢が好きで、これはもう好みとしか申し上げられません^^;
オカピー
2006年12月10日 14:36
優一郎さん、こんにちは。
基本的に同意見です。

主人公が最初から同情を引ける立場であれば、余分な描写は要りません。が、彼は犯罪者であり、自分の子まで捌こうとし、そのままでは好感の持てる人物ではありません。鑑賞者は勿論失業問題や彼の家庭環境を想像をします。省略は映画を膨らます素晴らしい手法ですが、全てを観客の想像に任すのは、果たして商業映画としてどうでしょうか。ほぼ同じ手法で作られた「息子のまなざし」に満足しやすいのは、主人公が複雑な背景を要求しない被害者であったからです。

大衆的と通俗的を分けて使っています。例えば、「映画は大衆的に作るべきだが、通俗に落ちてはいけない」といった具合です。優一郎さんの述べられたようなエピソードは、描き方にもよりますが、通俗的とまでは言えないと思いますよ。
(続く)
オカピー
2006年12月10日 14:41
一人称を多用した手持ちカメラによる撮影には瑞々しさがあります。その感覚自体は寧ろ好みかもしれません。

しかし、先日高校の文化祭を撮ったビデオを見た高校生が倒れた例があるように、安定しない画面には酩酊を起こす作用があって私もイライラすることがありますね。
ダルデンヌ兄弟の諸作はそれほどでもないですが、作品名も監督名も思い出せない、日本の女性監督の作品では文字通り寝込んでしまいましたよ(笑)。
かよちーの
2006年12月10日 14:58
こんにちは。
ロゼッタしか観たことがないのですが、わたしもなぜパルムドールかがわからなかった感じです。
すっかり中身は忘れてますけど。
オカピー
2006年12月11日 02:19
かよちーのさん、こんにちは。
カンヌは近年(と言っても70年代以降)どうもメッセージ性の強い作品が選ばれる傾向にあるので、私は余り感心しないのです。選手者が映画に直に携わっているので、ヴィヴィッドな選出であることは認めますが、ちといかんです。
昔は映画自体が凄かったのか、選出者のセンスが良かったのか知りませんが、後世に残って当然の名作ばかり。最近選ばれた作品の中で半世紀後も評価される作品がどのくらいあるか。
viva jiji
2006年12月12日 18:54
TBさせていただくのをすっかり忘れておりました。
優一郎さんの記事はまだそうでもありませんが、
他サイトの感想では「それって深読み過ぎじゃない?」
ってくらい微細でいささか食傷気味。
~例~
あの重いバイクを押すシーンは“辛い現実”を象徴、
あの空っぽの乳母車は、“空虚な主人公のこころ”、ですと。
映画は深読みしようと思えば、いかようにも、いくらでも、
際限なくできますよ。
加えて、
ダルデンヌ兄弟は観客の“それら”を誘い込むように
作っているようにしか私には観えなかったのです。
viva jiji
2006年12月12日 18:56
勢い余ってTB、2つ入ってしまいました。
すみません、削除お願いいたします。
オカピー
2006年12月13日 03:04
viva jijiさん
あれはLivedoorの馬鹿めが悪くて、別の方でもありましたよ。

>乳母車
と言えば「戦艦ポチョムキン」(笑)。

それはちと考えすぎみたいですね。確かに監督さんによっては色々深読みさせるショットやシーンを盛り込む方もいらっしゃいますが、幾つかの関連付けで明らかにそう理解できる場合を除けば余りの深読みは避けたほうが無難でしょうね。ま、私もたまにやっているような気がしますが(笑)。

「息子のまなざし」だけは面白かったですが、残りはピンと来ないので、今のところこの兄弟の評価はそう高くないです。兄弟ならイタリアのタヴィアーニ兄弟が良い。「カオス・シチリア物語」や「グッドモーニング・バビロン」が素晴らしかった。
ぶーすか
2007年07月14日 16:09
TB&コメント有難うございます。勉強不足でダルデンヌ兄弟の作品はこれがはじめてです。なるほど「ある子供」というタイトルはあの赤ん坊の事だと思ってましたが、主人公の男も含まれていたんですね。母親も子供っぽかったし…。
ちなみにアイマックス・シアターとか手ぶれ映画の代表「プライベート・ライアン」では気分が悪くなって途中退場しました^^;)。
オカピー
2007年07月15日 01:56
ぶーすかさん

>タイトル
私はそう思いますし、恐らく作者に訊いてもそう仰るでしょう。
赤ん坊の親になった二人はハイティーンでしょう? まだまだ子供。昨今ではもっと上の連中でも甘ったれたこんな人間が多いですよ。

ぶれるカメラ、やたらに移動するカメラはカメラ酔いを起こしますね。そういうのはTVで観るに限ります(笑)。
セミ・ドキュメンタリーを作る作家は手持ちカメラを重用しますが、観客にフレームを意識させない目的の為の手段が、ぶれることによりカメラの存在を意識させてしまう。

この記事へのトラックバック

  • 『ある子供』 

    Excerpt:  05年 白・仏 監督・脚本: ジャン=ピエール・ダルデンヌ リュック・ダルデンヌ 撮影: アラン・マルコァン   出演:  ジェレミー・レニエ    デボラ・フランソワ    ジ.. Weblog: シネマ蟻地獄 racked: 2006-12-10 04:51
  • ある子供&イゴールの約束&ロゼッタ

    Excerpt: ベルギー映画監督のダルデンヌ兄弟特集、カンヌ国際映画祭で高い評価を得た不思議な感覚の映画だよね、・・かたくなだけど、リアルに必死に生きていく・・ 映画『ロゼッタ(1999)』 原題:Roset.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-12-11 17:44
  • <ある子供> 

    Excerpt: 2005年 ベルギー・フランス 96分 原題 L' Enfan 監督 ジャン=ピエール・ダルデンヌ  リュック・ダルデンヌ 脚本 ジャン=ピエール・ダルデンヌ  リュック・ダルデンヌ 撮影 ア.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-12-12 05:51
  • ある子供

    Excerpt: きょうは、短めに切り上げ させていただきたいと 思って書き始めたのですが またいつもの長さに・・・・・。 正直、記事UPはやめて おこうかとさえ思いました。 しっかし、 かくも不.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-12-12 18:37
  • 映画:ある子供(★★★☆☆)

    Excerpt: 2005年、ベルギー&フランス。 「ある子供」(★★★☆☆) 監督: ジャン・ピエール・ダルデンヌ、 リュック・ダルデンヌ。 一夜の宿にも困る貧乏カップルに、赤ちゃんが出来る.. Weblog: 新・ぴゅあの部屋 racked: 2007-02-18 00:30
  • ベルギー映画「ある子供」「ポルノグラフィックな関係」

    Excerpt: ●ある子供 ★★★ 【BSジャパン】監督はジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌというベルギーの兄弟。その日暮らしをする20歳と18歳の若い夫婦。赤ん坊ができて喜ぶ妻が夫に赤ん坊の世話を半日頼むが、.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-07-14 15:47