映画評「パピヨン」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1973年アメリカ=フランス映画 監督フランクリン・J・シャフナー
ネタバレあり

2004年鑑賞メモより。

懐かしいでございます。

フランス人アンリ・シャリエールが自らの経験を綴った大ベストセラー小説が原作。

南米仏領ギアナ(ガイアナ)の刑務所に胸にパピヨン(蝶)の刺青を入れた囚人(スティーヴ・マックィーン)が冤罪で送り込まれる。偽造債権で大儲けした眼鏡をかけた囚人(ダスティン・ホフマン)と親しくなり、二人で脱獄を図る。<眼鏡>の挫折の後パピヨンは単独で逃亡を続け、ゴキブリを食って生き永らえ、ある村に到着する。
 実はかなり危ない部族らしいが、族長に蝶の刺青を施したおかげで無事に村を後にし、修道院に逃げ込む。これで安心と思った瞬間院長から通報されて逮捕されてしまう。

フランクリン・J・シャフナーの演出は堂々としすぎて若干もたもたする部分もあるが、ここでの急展開には驚いた。しかし、ハイライトは終盤である。

独房から5年ぶりに解放されたパピヨンは軟禁状態で過ごす場所へ移され、すっかり落ち着いた<眼鏡>と再会する。岸壁から海を見下ろしていたパピヨンが脱走方法を思い付く。野菜で作ったボートで海流を利用して海の彼方へ去っていくのである。
 <眼鏡>が脱獄に付き合わないと告げる場面での二人の友情が胸を打つ。

学生時代この作品は公開を待たれる期待の一本だった。それがもう30年ぶりの再鑑賞というのだから月日の流れの速さに驚く。そんな感慨に浸り、ジェリー・ゴールドスミスの懐かしい主題曲に酔わされながら、観終えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

FROST
2006年11月11日 00:50
オカピーさん、こんばんは。これは私もロードショーで観て大好きな映画ですねぇ。最後の悪魔島での主役二人の交流はドラマとしても、海と断崖絶壁という情景としても忘れられません。マックィーンとホフマンの演技も甲乙つけがたい。TBさせていただきました。
オカピー
2006年11月11日 02:12
FROSTさん、こんばんは。
かなり手抜きで、申し訳ございません。元々個人用のメモをそのまま移しただけですので。
そう、当時アメリカの大スター二人が共演するというので、しかも、脱獄ものだというので、友人と楽しみにしていた作品でした。
音楽も良かったですね。
オンリー・ザ・ロンリー
2008年09月02日 14:53
「自由」へ夢を抱くマックウイーン。「大脱走」を代表に挙げるようですが私は本作品は大のお気に入りです。海外のリゾートに行く度にホテルの部屋から波を観察してもちっとも解りませんでした(笑)。
オカピー
2008年09月02日 20:39
オンリー・ザ・ロンリーさん、こんばんは。

>「大脱走」
あちらは大所帯をうまく捌いたジョン・スタージェスの馬力に感心しまくり、僕もパーフェクト・ゲームと思っております。
マックィーンがこの後10年もしないうちに亡くなるとは夢にだに思いませんでした(泣)。

この記事へのトラックバック

  • パピヨン 1973年/フランス【DVD#11】

    Excerpt: 泣けましたよ。悪魔島のシーン。ラスト20分。 パピヨン(マックイーン)は計7年に及ぶ過酷な独房”人喰い牢”での監禁で、白髪、歯は抜け、歩行もおぼつかない、まるで老人。そして、頭頂が丸く禿げ上がってしま.. Weblog: オールド・ムービー・パラダイス! racked: 2006-11-11 00:49