映画評「あこがれ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1957年フランス映画 監督フランソワ・トリュフォー
ネタバレあり

フランソワ・トリュフォーの長編デビュー前に発表した17分の短編。
 物語は2000年にジュゼッペ・トルナトーレが発表した佳作「マレーナ」の前半に似たローティーン少年たちの思春期らしい可愛い煩悩である。

憧れのベルナデット・ラフォンが体育教師ジェラール・ブランと仲良くなったので少年たちは愉快ならず、あらゆるところに出没して邪魔して楽しんでいるが、ジェラールが登山で死亡、黒衣を着て歩く彼女を見て自分たちの感情が恋であったことに気付く。

といったお話で、スカートを翻して自転車をこぐ彼女を捉えたショットが素晴らしい。少年たちならずともわくわくする楽しさ・軽やかさ・なまめかしさに、トリュフォーの後年の成功を予感させる感覚の良さが遺憾なく発揮されていると言って良い。

全体として習作的な趣きで、リュミエールの「水をかけられた庭師」を思わせる場面がオマージュ的に挿入されているが、こうした場面にはジャック・タティのパントマイム風の面白さもある。

トリュフォーが批判したジャン・ドラノワ監督「首輪のない犬」のポスターが登場するのはご愛嬌。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

ぶーすか
2006年10月29日 15:42
例のシーン、リュミエールっぽいなぁ…と思って観ましたが「水をかけられた庭師」というタイトルなんですかー。メモメモ。監督の少年時代を伺えて微笑ましい作品ですねー。
オカピー
2006年10月30日 02:49
ぶーすかさん、こんばんは。

<リュミエール
あれは非常に有名なフィルムですね。「庭師」でも通じるようです。
動きまでぎくしゃくさせて、トリュフォーは若い頃から洒落っ気の人でした。
翻るスカートが実に良かったなあ。
十瑠
2006年11月02日 08:23
御記事を紹介しましたので、TBいたしました。

「庭師」については知りませんでしたが、何処かで観たなというのはありましたね。架空の銃で撃たれて倒れるシーンでは逆回しも使っていたように思いますが。
オカピー
2006年11月02日 14:33
十瑠さん、こんにちは。

>御記事を紹介しましたので、TBいたしました。
わっ、えらいこっちゃ。他のブログに名前が載るのは3人目で、都合5,6回目かな。段々手抜きが出来なくなります(笑)。

逆廻しを使っていましたね。その後銃を返すのは、レギュラーのようですが、どこでフィルムをつなぎ合わせたのかな。

この記事へのトラックバック

  • 「あこがれ」「アントワーヌとコレット<二十歳の恋より>」

    Excerpt: ●あこがれ ★★★ 【NHKBS】フランソワ・トリュフォー監督自身の幼年時代の思い出を描いた短編映画。少年たちの甘酸っぱい青春映画。というか…ませガキたち。 ●アントワーヌとコレット<二十歳の恋よ.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-10-29 15:37
  • あこがれ

    Excerpt: (1958/フランソワ・トリュフォー監督・脚本/ベルナデット・ラフォン、ジェラール・ブラン/18分) Weblog: ::: SCREEN ::: racked: 2006-11-02 08:16