映画評「浮雲」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1955年日本映画 監督・成瀬巳喜男
ネタバレあり

成瀬巳喜男を語る時外せないこの作品をやっと取り上げることが出来る嬉しさよ。昨年生誕100年の時には未見の作品や余り観ていない作品を中心に観たので代表作は後回しになった形だが、本年中に有名作を何作か取り上げられると思う。
 原作は林芙美子の同名の傑作で、中学か高校時代に読んだ。

太平洋戦争中農林省技官としてフランス領インドシナ(現ベトナム周辺)に赴任した富岡(森雅之)が、タイピストの幸田ゆき子(高峰秀子)と愛人関係になる。戦後富岡の自宅で二人は再会するが、男は妻(中北千枝子)と別れる気がなく、この後延々とくされ縁が続くのである。

焼け跡のうらぶれたホテル、盛り場裏の掘っ建て小屋、伊香保の温泉宿、再び掘っ建て小屋、別居した富岡のアパート、長岡温泉の旅館、鹿児島の旅館、そして雨降りしきる屋久島と場所を変えながら、映画の大半は二人が一緒にいる場面である。

その間に伊香保で出会った幼な妻(岡田茉莉子)が富岡と懇ろになった後嫉妬に狂った夫(加藤大介)に殺される事件や、ゆき子がインチキ宗教家になった最初の男(山形勲)から大金をネコババする出来事が挟まれるのだが、二人は結局離れられない運命であることを映画は表現し続けていく。

色々印象に残ることがある。
 開巻直後家の前から話し続けていた富岡が突然「着替えて来る」と言って家に戻るのだが、本腰を入れて話す気がなく出たのにいざ話してみたら後に引けなくなった彼の心境を端的に示している。その間にゆき子はインドシナ時代を回想する。
 水木洋子には優れた脚本が多いが、本作ではこの序盤から一分の隙もない。その隙のなさは結局最後まで続き、成瀬お得意の捨てカットが全く見当たらない。

次に印象に残るのは定期的に繰り出される雨で、ヒロインの暗澹たる気持ちを象徴するかのようにもの哀しく降り、最後に屋久島のあのやるせない雨と繋がっていく。ゆき子は激しい雨の降るある日息絶える。僕は男だが、彼女の女心には切なくなってしまう。
 次々と女性を替えていく男の無責任ぶりを非難するのはこの作品の目的ではない。徹底的に女心の切なさを味わうべきである。

彼女の化粧と様子でその立場と境遇が瞬時に解る成瀬演出が素晴らしい。戦後のくたびれた様子と戦中の輝く美しさ、アメリカ兵の彼女になった時の皮相的な華美、インチキ宗教家の家に駆け込んだ時の典雅、病気に倒れた時の儚い美しさ。これぞ映画の演出と言うべきである。監督の要求に見事に応えた高峰秀子の演技は鬼気迫る。元来好きな女優だが、惚れ惚れする。
 森雅之も男の色気を発揮して抜群。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

viva jiji
2006年09月25日 18:01
以前所属していた札幌映画サークルの主宰から「この映画は貴女の映画だ」と言われて私の観た初めての成瀬作品。飲んだ席で酔いにまかせて私の語った過去の色恋沙汰をこの主宰は覚えていたのでしょう。ゆき子は富岡と逢うたびに愚痴とも文句ともじゃれ合いともつかない“繰言”を必ず彼に投げつけます。当初「文句の多い、可愛くない女だなあ~」と見えていたゆき子が終盤に近くなるにつれて可哀想で可哀想で切なくなり、とうとうあのラスト・・・憔悴し切って、灯が消えるように逝ってしまうゆき子の姿・・富岡の背中・・嗚咽する男の背中・・・名場面とはこのこと。ああいう甘え方しかできなかった、ゆき子の生き方、歪つで不器用な愛情表現・・・成瀬監督はなんであんなに上手く「女」を描けるんでしょう!同サークルで「日本映画名作祭」と銘打って何度も本作の上映会が催されました。名作中の名作!!
オカピー
2006年09月26日 01:59
viva jijiさん
私の姉は今や富岡姓ですし、私の部下に富岡という女の子がいましたし、関連会社でお世話になったのも富岡さんで、友達の結婚式に私と共に招かれた同級生も富岡でありました。隣の市は富岡市ですしね。

そんなことはどうでも良いのですが、今回が一番完璧に思えました。高校の時は、良かったとは思いつつも「同じような場面が多いなあ」などと生意気言っていましたし、10年位前もその感は完全に拭えなかったのですが、徹底的に二人でいる場面を撮ることの意味がやっと解ってきたような気がします。心中こそしませんが、「隣の女」と同じような切れない宿命。これが男と女。雨また雨。たまらない幕切れでしたね。

つまらなそうな顔No.1・・・西はモニカ・ヴィッティ、東はでこちゃんに決定!
ジューベ
2006年09月26日 03:16
コメントいただき,ありがとうございました。TBが反映されなかったとのこと,システムのエラーかと思われます。今一度お試しいただければ幸いです。
仰るとおり,この作品の高峰秀子は場面と境遇に応じてずいぶん何通りもの化け方をしますね。米兵のオンリーさんからエセ宗教家の情婦へと出世し(?),いい時もあったからこそ,悲壮な結末への落差が鮮やかな印象でした。
そういえば最後の死顔では下あごの落とし方に工夫があるのだと,高峰自身が何かで語っていました。
オカピー
2006年09月26日 14:38
ジューベさん、こんにちは。
ここのように不人気なブログはTBが命綱ですから、本当に落ち込んだりします。懲りずに何度でも試してみます。
場面が変わり、一目で彼女の境遇が変わったことが明瞭に解るんですね。出来そうで結構難しいと思いますよ。演出力だけでなく、でこちゃんの力も相当ありますねえ。
最後はやつれながらも美しい。儚げな美しさ。本当に良い映画でした。
カカト
2006年09月30日 16:53
コメントありがとうございました。
高峰秀子の、のんびりねっとりとした話し方が私は大好きです。
妙に印象に残ってしまいます。
オカピー
2006年09月30日 23:31
カカトさん、こんばんは。
そろそろですねえ。元気なお子さんだと良いですね。

高峰秀子は、桃井かおりタイプですね。顔を話し方も。
私も好きなんですが、この作品は特にいいなあ。
さすらい日乗
2013年05月02日 21:35
この高峰と森雅之はなぜ腐れ縁を続けて行くのでしょうか。
成瀬は、こう言ったそうです。
「この二人は余程相性(性的な相性のこと)が良かったのかずっと続いている。
ただ、デコちゃんじゃ美人すぎるので、森雅之の富岡が高峰と結婚しないのは、ゆき子が不美人だったからで、いいカッコしの富岡は結婚する気にならなかったのだろう」と。
なかなか味わいのある言葉ですね。
オカピー
2013年05月03日 20:43
さすらい日乗さん、こんにちは。

映画では見た目は一見して解ってしまう一方で、小説では作者が意図的に避ける場合があって登場人物の容姿まで解らないことも多く、その辺りの行間を成瀬監督は読んだのですね。
ということは、林芙美子の原作にはヒロインの容姿に関する言及がなかったと推察しますが、実際はどうでしたか・・・(読んだことはあるものの大昔につき、全く忘却の彼方。青空文庫にもまだ採録されていませんでした)。

この記事へのトラックバック

  • 『浮雲』 ~稀なるコンビネーション~

    Excerpt: 1955年 日本/東宝 監督:成瀬巳喜男 原作:林芙美子 脚本:水木洋子 撮影:玉井正夫 美術:中古智 監督助手:岡本喜 Weblog: キネマじゅんぽお racked: 2006-09-26 02:54
  • 「浮雲」を観ました

    Excerpt: 「浮雲」 1955年日本 監督 成瀬巳喜男 出演 高峰秀子    森雅之 あらすじ  昭和18年にゆき子は、農林省のタイピストとして仏印へ渡った。そこで、農林省の技師の富田と出会う.. Weblog: 私が観た映画 racked: 2006-09-30 16:47
  • 浮雲

    Excerpt: 浮雲 高峰秀子主演、林芙美子原作、成瀬巳喜男監督の作品です。 ++story++++ 第二次世界大戦中、農水省の仕事でインドネシアで知り合ったゆき子と富岡。 戦後、ゆき子は富岡の家.. Weblog: cino racked: 2006-10-07 09:55
  • 映画評「ナラタージュ」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・行定勲 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-11-16 08:51