映画評「祇園囃子」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1953年日本映画 監督・溝口健二
ネタバレあり

京都の祇園にも二つあるそうで、「祇園の姉妹」で描かれた祇園は下の方(乙部)、こちらで描かれているのは上の方(甲部)ということになるらしい。
 川口松太郎の花柳小説を溝口健二が映画化した風俗劇。

売れっ子芸者の小暮実千代の許に、かつての仲間の娘である若尾文子が「預けられた伯父さんから独立して舞妓になりたい」とやって来る。娘の実父である進藤英太郎に保証人を断られたものの、仕込む決心し、娘は修行の日々を送る。
 売り出しは順調に行ったが、東京で幇間会社員(河津清三郎)を傷つけ、祇園を仕切るお茶屋の女将・浪花千栄子から事実上の営業ストップを食らってしまい、“姉”は犠牲を払うことになる。

犠牲がなんであるかは言わずもがなであるが、戦前の「祇園の姉妹」ほどの冷徹な感じはなく凄みという点では見劣りする。尤もそれが底辺に近い芸者と上流の芸者との生き方の差と言えないこともなく、最初から観点が違うのも事実である。

前述したように、溝口の語り口には戦前の現代劇のような凄みが薄れているが、コンパクトに奇麗にまとめた印象はあり、祇園囃子と共に二人が雑踏に消える幕切れに漂う芸者稼業の悲哀感は捨て難い。

宮川一夫の撮影は今回も文句なし、お披露目の挨拶廻り場面における移動撮影など誠に鮮やかなものである。

小暮実千代は好演。妹分つまり若尾文子には現代的で未熟なドライさが至るところに出て寧ろ可愛らしく、今本作を観ると、これが徐々に本当の妖女になっていくんだなという映画史回顧風の楽しみがある。女優陣に比べると男優陣は型通りで面白くない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ぶーすか
2006年09月09日 16:07
色っぽい小暮実千代と可愛らしい若尾文子ももちろん良かったですが、浪花千栄子のやりて婆さんぶりも貫禄たっぷりで厳し過ぎて恐いくらいだけど良かったです。
オカピー
2006年09月10日 01:18
ぶーすかさん、こんばんは。
映画としての厳しさから言って「祇園の姉妹」に軍配を上げますが、こちらには風俗劇としての面白さが随所にありますね。あちらはどちらかと言えば心理ドラマでした。
iyahaya98
2006年09月29日 17:16
TBたくさんいただきましてありがとうございます!。こちらからもTBさせていただきました!!
祇園という特殊な世界がわかりやすくまとめられているように思います。
>幕切れに漂う芸者稼業の悲哀感は捨て難い
細い路地を抜け出て行く二人に重なる祇園囃子。このシーンは秀逸でとても気に入っています。
オカピー
2006年09月30日 00:13
iyahaya98さん、こんばんは。
興味深い作品が色々と掲載されていましたので、嬉しくなりまして。
溝口さんは基本的には男性の世界には興味がなかったようで、女性それも社会の底辺でうごめく女性、あるいは悲劇的な宿命を持った女性を描いたら天下一品です。
抜群とは言い切れないところもあるのですが、こじんまりと上手くまとめた佳品だと思います。
トム(Tom5k)
2007年03月09日 23:15
オカピーさん、こんばんは。
>若尾文子には・・・これが徐々に本当の妖女になっていく・・・
『赤線地帯』の彼女の原点のひとつなのかもしれません。溝口は、あんまりリアリズムが激しくてショックを受けちゃいますね。
舞妓、芸者の現実を、あそこまでえぐり出していいのでしょうか?日本の無形文化財の素晴らしさが、あのような現実から生まれていることに「矛盾」どころではなく「恐怖」を感じてしまいます。
オカピー
2007年03月10日 02:48
トムさん、こんばんは。

何とか私が「赤線地帯」を見るように仕向けていらっしゃいませんか(笑)。
冗談はともかく溝口はリアリズムでも、ハードボイルドなリアリズムですから、残酷で怖いですよね。基本的に「だからこうなのだ」という主張はないようにも思いますが、それはそれで残酷。「戦場のピアニスト」のポランスキーのような視点と言っても良いかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • 「近松物語」「祇園囃子」

    Excerpt: ●近松物語 ★★★★★ 【NHKBS】没後50年 溝口健二特集 心ならずして陥った姦通の男女を描いた近松門左衛門原作の「大経師昔暦」を映画化。同じ近松もの「鑓の権三帷子」を映画化した篠田正浩監督の.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-09-09 15:54
  • 「祇園囃子」~やがて哀しき祭り囃子

    Excerpt: 1953年日本監督/溝口健二原作/川口松太郎撮影/宮川一夫出演/小暮実千代 若尾文子 河津清三郎 進藤英太郎   菅井一郎 浪花千栄子 毛利菊枝祇園でも名の知れた芸妓・美代春(小暮実千代)の元に、栄子.. Weblog: お茶の間オレンジシート racked: 2006-09-29 17:09
  • 「祇園囃子」

    Excerpt: 「オール読物」に載った川口松太郎による原作を、依田義賢が脚色。撮影は名匠・宮川一夫(「羅生門」〔1950年〕、「雨月物語」〔1953年〕など)。 祇園の芸妓・美代春(小暮実千代)は、若い娘の.. Weblog: 或る日の出来事 racked: 2006-09-29 22:19