映画評「救命艇」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1943年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第30作。日本劇場未公開作だが、ビデオなどで御覧になった方も多いだろう。
 文豪ジョン・スタインベックが最初の脚本を書いたが、良い仕事が出来ず、結局大きく改変された為に原案という扱いになっている。最終的にシナリオを仕上げたのは、ジョー・スワーリング。

第2次大戦中、大西洋上で商船がドイツのUボートに撃沈される。
 最初は女流ライターのタルラ・バンクヘッドだけが乗っていた救命ボートに、技師ジョン・ボディアクが乗り込み、やがて続け様に6人が加わる。やがて商船のあおりをくって一緒に沈没してしまったUボートの水兵ウォルター・スレザックが泳ぎ着くのだが、ここが最初のドラマである。敵であるドイツ軍人をアメリカ人の彼らが受け入れるのか。
 結局人道的な立場から救出すると、水兵故に針路を始め役に立つことが多いが、正確な情報を与えているのか確証はない。
 残りの8名のうち、そもそもアクセントにすぎない死んだ赤ん坊とその母親は間もなく消えてしまうので、実質アメリカ人6名とドイツ人1名の対立模様となっていく。

基本は極限状況における人間ドラマであるが、勿論そこはヒッチコック、疑心暗鬼となっている人間同士の葛藤により生まれるサスペンスをなかなか強力に描き出している。
 観ながら「あはあ、これは人間社会の縮図を描いているのだな」と思ったが、ヒッチコックによれば、もっと具体的な全体主義VS民主主義の対立の縮図なのだそうだ。組織化されたナチス・ドイツに対しバラバラな民主主義陣営という図式を表わしていると言うが、なるほどそういう視点で観ると益々面白く感じられる。

周りは海という無限に広い密室状態故に必然的にクローズアップが上映時間の大半を占める、言わばTV時代を先取りする作品となっていて、当時の作品としては寧ろ実験的な印象が残る。この作品の密室性を発展させて出来た一本が実験映画「ロープ」であり、カメラが部屋から出ない秀作「裏窓」へと繋がっていくことになると思われるので、中期でも重要な作品と言っていい。

が、作られたのが戦時中ということもあり、結局日本では公開されなかったし、ドイツ人賛美と誤解された部分があり作品そのものと演出は余り評価されなかったのは、ご愁傷様。

配役陣では、主演と言って良いタルラ・バンクヘッドが、次第に傲慢な顔を脱ぎ捨てていく様子を巧みに演じて抜群。こちらは当時から好評だったらしい。
 但し、ヒッチ自身も認めるように話の流れが余りスムーズではなく、それを補うために彼女のカメラ、タイプライター、ブレスレットいった小道具をアクセントとして駆使しているが、若干のぎこちなさを残す。しかし、この苦肉の策が彼女から素晴らしい演技を引き出す結果に繋がったのは皮肉である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

FROST
2006年05月30日 21:05
TBありがとうございました。個人的にまったく乗れなかったタルラ・バンクヘッドですが、各方面の評価は高いようですね。彼女の演技に注目してもう一回見てみることにしましょう。「救命艇→ロープ→裏窓」とは、そういわれてみると納得至極です。試行錯誤を重ねて名作に行き着いたということでしょうか。おもしろいです。
オカピー
2006年05月31日 00:10
FROSTさん、こんばんは。
復帰したということで、大変嬉しく思っています。
タルラ・バンクヘッドは主にTVで活躍されたようですが、ディートリッヒがやってもぴったり来るような印象です。これ以外の出演作は観ていないのではないでしょうか。
この作品をお端緒としての「裏窓」への流れは勝手にそう解釈しています。
viva jiji
2006年07月31日 08:31
前回の「フレンジー」と同じく、本作もYahooで検索しましたらプロフェッサーのお部屋がトップに出てきました!ナンカ、私まで嬉しくなってしまいます。(笑)“ヒッチコックのことならドントコイ!”ってなもんですね、プロフェッサー!そうですね、デートリッヒと少しかぶりますね、バンクヘッドは。デートリッヒ大好きです、ゴージャスで。プロフェッサーのお点ではあまり芳しくなかった「舞台恐怖症」も私はあの作品でデートリッヒの素晴らしさを再確認したくらい好きな映画なのです。拙ブログ、お言葉に甘えてTBさせていただきました。
オカピー
2006年07月31日 15:49
viva jijiさん、こんにちは。
ええ、またトップ!? 嬉しいですが、どうもおかしいですね(笑)。
「舞台恐怖症」は、viva jijiさんの念を感じたので(笑)、昨日★一つこっそりUPしました。
ヒッチコックはバンクヘッドの役にはもしかしたらディートリッヒを希望したのかな、という気がします。彼女はその時戦線を廻っていたから無理だったわけですが。基本的に殆どTVにしか出なかった女優さんですが、うーん、映画界は何をしていたのかと思うほど巧いです。ディートリッヒとキャラクターがかぶるという理由で、避けられたのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック

  • 救命艇 1944年/アメリカ【DVD鑑賞51】

    Excerpt: 全編が一艘のボートの中で繰り広げられる密室劇。いわゆる極限状態ものです。 ポイントは乗り合わせたドイツ兵の存在。遭難という状況で、迫り来る死と戦いエゴが爆発…、というよりもドイツ兵を巡る様々な思惑がメ.. Weblog: オールド・ムービー・パラダイス! racked: 2006-05-30 20:56
  • 救命艇

    Excerpt: 「旅はしません、キライです」 こういうとたいていの人は“引く”。 なぜ? 景色、名跡、温泉、グルメ・・・興味なし。乗り物ダメ。 極端な話し 「人工の街」が好き。「.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2006-07-31 08:15
  • 救命艇

    Excerpt: 救命艇 ヒッチコック監督作品。 でもなんとなくヒッチ風味が少ないなとも感じましたけど、心理劇の部分が強いからでしょうか。 これ面白いです。 救命艇の狭い空間で起こる出来事なんで.. Weblog: cino racked: 2007-06-07 21:59