映画評「プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング」

☆☆(4点/10点満点中)
2004年アメリカ映画 監督ゲイリー・マーシャル
ネタバレあり

王女が庶民の生活を味わう「ローマの休日」とは逆に、アメリカの少女アン・ハサウェイが欧州ジェノヴィア国(勿論架空の国だが、イタリアのかつての都市国家を想定? ジェノヴァ+ヴェネチア÷2?)の王女と判明して大騒ぎというのが正編の内容で、王族の暮らしというのが一種の見どころでもあったわけだが、果たして続編の見どころは何になるのかと思って観てみた。何もない。

祖母が引退して孫娘であるアンが女王になることがほぼ決定するのだが、馬鹿げた法令が有って1ヶ月以内に結婚しなければならなくなる。見合いを押し付けられる一方で、王位を狙う伯爵が甥クリス・パインを婿に据えようと画策する。

この作品の問題点はきちんとした方向性がないことである。
 カルチャー・ギャップは前作で殆ど出尽くし、見合いした紳士的な公爵カラム・ブルーとパインとの間に恋の鞘当てもなければ、ヒロインが両者の間で葛藤するわけでもないので恋愛映画を作る気もないらしい。
 パインの立場(登場人物としての性格)がはっきりしないので伯爵の画策も空手形にしかならず、物語としての太い幹が全くないのである。細かいギャグでそこそこ笑わせてはくれるが、この程度では大きな星を進呈出来ない。

アン・ハサウェイにも魅力覚えず。

ところで、この作品の監督は一般的にゲイリー・マーシャルと紹介されているが、綴りはGary ではなくGarryである。rが二つあることは英語における綴り・発音の関係では、通常、前のaの発音が[ei]でないことを示す。人名は難しいので何とも言えないが、ギャリー・マーシャルのほうが正しいのではないか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Lisa
2006年05月02日 09:48
「プリティ・プリンセス1」は観てないのでなんともいえませんが、大好きなジュリー・アンドリュースが出ているので観てみました。でも、途中でどうにもつまらなくなって観るのをやめてしまいました。(映画を作った皆様ごめんなさい。)同じプリンセス物でも「ロイヤル・セブンティーン(What a girl wants)」は結構面白かったですが。若手歌手のオリバー・ジェームスの歌もよかったし・・。

オカピー
2006年05月02日 15:40
Lisaさん、コメント有難うございます。
最初の作品も平凡ですが、第1作ですからそれなりに新味も見どころもあったのですが、こちらは設計図からして<なっちゃあいない>作品です。
脚本家の手抜きも甚だしく、そこそこの腕前を持っているゲイリー(ギャリー?)・マーシャルもお手上げだった様子。

>「ロイヤル・セブンティーン」
私も、こちらのほうが「プリティ・プリンセス」(第1作)よりも楽しめました。青春映画らしさも十分発揮できていましたし。

この記事へのトラックバック

  • <プリティ・プリンセス2 ロイヤル・ウェディング> 

    Excerpt: 2004年 アメリカ 114分 原題 the Princess Diaries 2:Royal Engagement 監督 ゲーリー・マーシャル 脚本 ションダ・ライムズ 撮影 チャールズ・ミ.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-05-01 15:37
  • アメリカ人のお姫様像…

    Excerpt: プリティ・プリンセス2 ~ロイヤルウエディング アメリカ人の王室感ってこんなもんか、って感じ。 アン・ハサウェイは前作より品が無くなっていて、全く王女に見えない。 さらにパーティーの来客者を.. Weblog: 星くず雑記 racked: 2006-05-04 23:16