映画評「太陽がいっぱい」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1960年フランス映画 監督ルネ・クレマン
ネタバレあり

フランスの数多い優れた映画作家の中でも最も優れた一人と言って良いルネ・クレマンが、ヌーヴェルヴァーグには負けじと作った会心作であり、アラン・ドロンの出世作として余りに名高い。
 原作は、ヒッチコックの秀作「見知らぬ乗客」でも知られるパトリシア・ハイスミス(「才人トム・リプリー」)。

舞台はイタリア。アメリカ人のトム・リプリー(ドロン)が契約に則って富豪の子息である友人フィリップ(モーリス・ロネ)を連れ戻しに訪れるが、結局契約は破棄され、恋人マルジュ(マリー・ラフォレ)といちゃつくフィリップには蔑まされる。怒り心頭に発したトムはフィリップをヨットで殺害、海中に遺棄し、サインを模倣して彼になりすまし、遂にはマルジュと婚約するに至るのだが・・・。

7回目か8回目か。もうはっきりしない。
 ニーノ・ロータの音楽、アラン・ドロンのトム・リプリー、そして、アンリ・ドカエの撮影、どれが欠けてもこの作品はここまでの感銘を生み出すことは出来なかったであろう。
 ルネ・クレマンは良質の犯罪映画を作ろうと徹底的に即実的な手法で犯罪場面を積み重ねていく。
 しかし、見る者はここに上昇志向という名の野望の悲しみと空しさを見出す。余りにも太陽がまぶしく、空が海が青いから。スクリューに引っ掛かり浮かび上がったフィリップの腕は観客の心臓を掴む。その腕がリプリーを自分の世界へと招くように感じ震え上がる。束の間の幸福そして突然の挫折。これほど戦慄を覚える幕切れは他に観たことがない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジューベ
2006年01月28日 02:09
作風の多彩なクレマンの映画の中でも,これは私の最も好きな作品です。
ヌーヴェルヴァーグ作品を多く手がけたドカエの撮影であるところがミソでしょうか。あえてサスペンス性を強調せず,クールに引いて眺めるような感じが何とも良く,また色調も独特で,強烈な日差しと海の青さが脳裏に焼きついています。
そして,何といってもアラン・ドロンのあの屈折した眼差し。これと比べられてはマット・デイモンが気の毒かなと思います。
トム(Tom5k)
2006年01月28日 10:58
わたしもTBさせていただきました。
この作品の幕切れは悲しくて仕方がありません。いくら悪いことをしても若い人が破滅してしまうことには、目を覆ってしまいます。最近のわたしはホリエモンとこの作品がダブっています。
オカピー
2006年01月29日 00:41
>ジューベさん

「リプリー」は原作には近いのかもしれませんが、やはり味気なかったですね。確かに、デイモンとドロンでは、比較になりません。ドロンはやはり下層階級の出身で、その辺りから凄みがにじみ出ていましたね。

>Tom5kさん

どこかで「どうして海外へ脱出しないんだ」なんて疑問を見かけましたが、トムは手段として犯罪を選んだのであり、犯罪の完遂が目的だったわけではないので、全くナンセンス。その意味では、犯罪映画と書いたのは私の過ちですね。最後は(表現としてどうかと思いますが)総毛立ちます。
ホリエモン・・・なるほど。今回の逮捕は、政府とは別の国家権力の犠牲になったとも言えますね。
みつこ
2006年03月07日 23:40
ビデオでは何回か観ていたのですが、先日初めてスクリーンで鑑賞し、改めて素晴らしい作品だなぁとしみじみ感じました。
なんといっても、終盤に浜辺のデッキチェアで至福の時をかみしめるトムの表情!!!なんとも刹那的な幸福・・・
オカピー
2006年03月09日 00:00
みつこさん、お久しぶりです。
日本人はこの作品が大好きですね。私の映画音楽No.1でもあります。
あのラストは本当に何とも言えないですね。犯罪者とは言え、嗚呼。
ぶーすか
2006年08月18日 07:24
TB&コメント有難うございます。こちらにもTBさせて下さい。先日放送されていたドロン出演の「仁義」もドカエの撮影なんですね。
「太陽がいっぱい」ほどメジャーではないですが…邦題と出演者が似ている「太陽が知っている」もちなみに好きだったりします^^;)。
来月NHKBSで「リプリー」が放送されますねー。本家と比べると劣るのは否めないですがこちらもなかなか面白かったのでまた観たいと思ってます。
オカピー
2006年08月18日 15:16
ぶーすかさん、こんにちは。
アンリ・ドカエはヌーヴェルヴァーグの象徴的撮影監督でしたから、それを旧世代のルネ・クレマンが使ったところに映画史的に大変大きな意味があるのです。そして、「仁義」を作ったジャン=ピエール・メルヴィルは旧世代ですが、ヌーヴェルヴァーグの連中を刺激した監督でした。
十瑠
2007年08月15日 08:18
久しぶりにこの名作を見ました。2時間の作品なのに、構成が実にコンパクトでスッキリしてますね。

ところで、99年のアメリカのリメイク(未見)は出演者の顔ぶれをみると、ジュード・ロウのトムの方が面白いような気がするんですが、実際は逆なんですね。
オカピー
2007年08月15日 23:54
十瑠さん、こんばんは。

抜群に優れた犯罪サスペンスです。
しかし、それだけならここまで庶民の間で語り継がれることはなかったでしょう。
アラン・ドロンという憂愁のある美青年の存在。
ニーノ・ロータの憂いのある音楽。
これが暗さに共感を覚えることが多い日本人の心の琴線に触れたのでしょう。本作の評価が一番高いのは日本だと思います。

>リメイク
ジュード・ロウはイギリス的すぎるんですね、恐らく。
しかし、かと言ってマット・デーモンには殺人をやらかすダークさが本来ない。「ボーン」シリーズで訳ありエージェントを演っていますが、未だに違和感があります。とほほな配役でした。
あの風貌は日本人の心をくすぐらないと私は踏んでいます(笑)。
シュエット
2007年12月14日 10:52
P様メッセージとTBありがとうございました。全く今回改めてモーリス・ロネ演じるフィリップに視線おいて観たら、また本作改めてその魅力とクレマンの隅々まで計算されつくした演出に「傑作!」と久々アドレナリンが噴出して続けて2回見てしまいました。巧いですよね。そして単にトムが仕掛けていく犯罪映画というだけでなく、青い空、地中海、ドロンといった美しさに観るものの眼を奪わせながら、クレマンはその裏にトムとフィリップという二人の男を同性愛的な匂いも漂わせた隠微な関係で並ばせている。表は犯罪映画で裏には同性愛的な愛憎映画。リゾート地の明るさとドロドロの欲望渦巻く闇。フィリップには常に上流階級の品を感じさせ、トムは成り上がりの卑屈さを漂わせている。ドロンとロネこのキャスティングは今回みて見事と思いました。この録画は削除できませんね。DVD買おうかって思っている(笑)いかに若いときはミーハー的にしか観てなかったか!
オカピー
2007年12月14日 21:36
シュエットさん、こんばんは。

ドロンが素晴らしいのは言うまでもないですが、僕も最近はモーリス・ロネの良さが解ってきましたね。
原作にあったはずのアメリカ時代をバサッとカットしたのが正解、そこにドロンとロネという卓抜した容姿とムードをもった役者を起用したことで、野望の虚しさと悲しみが浮き上がる名作になったわけですねえ。

原作ではもっと露骨に同性愛関係が叙述されているようですが、本作ではそれを描かず解る人には解る程度にしたのも正解だったのでしょうね。露骨に描いたら焦点がぼけてしまいます。
オンリー・ザ・ロンリー
2008年07月21日 04:12
昨日つまり日曜の昼間、民放でやっていましたね。それにしても近年のヨーロッパ映画は元気がない。川喜田和子とか東和って死語ですかね。日比谷スカラ座なんてヨーロッパ映画のメッカだったのに。
オンリー・ザ・ロンリー
2008年07月21日 14:52
この映画は好きです。が、この手の屈折した輩はどんな社会にもしぶとく必ずいてうちの会社では○○○もう一挺○の万円やられましたよ(爆)。
オカピー
2008年07月21日 21:10
オンリー・ザ・ロンリーさん、こんばんは。

>近年のヨーロッパ映画は元気がない
公開数は増えているのですが、欧州映画らしい大衆映画が殆どない。大衆映画となるとハリウッドもどきですから最早欧州映画と言えないですしね。
nessko
2018年05月06日 13:43
原作に近いのは「リプリー」の方だそうですが、映画としてはこちらのほうがずっといいですね。アラン・ドロンもモーリス・ロネも、アメリカ人には全然見えないのですが、まずヨーロッパの階級制度からは自由な金持ち階級ということでしょう。劇中では、お金をおろしたりする際の雰囲気や地元の人との関わり方から、あの二人はアメリカ人なんだなあと思わせるところがありました。
音楽や、イタリアの景色がすばらしい。陽光が明るいからとても残酷な幕切れに見えるんですね(完全にアラン・ドロン寄りの見方になってますが)
オカピー
2018年05月06日 21:57
nesskoさん、こんにちは。

>アメリカ人
子供の頃観た時は二人がアメリカ人とは思わず、見ていましたね。それを知って観直すと、外国人であることは解るように作られていました。

>陽光が明るいからとても残酷な幕切れに見える
この作り方ではどうしてもアラン・ドロンの主人公トムに傾倒して観てしまいますね。モーリス・ロネの死体の腕がアラン・ドロンを掴むように見える幕切れにはぞっとさせられます。

この記事へのトラックバック

  • 「太陽がいっぱい」

    Excerpt: 「太陽がいっぱい」(Plein Soleil) 1960年フランス・イタリア 監督 ルネ・クレマン 出演 アラン・ドロン    マリー・ラフォレ あらすじ  貧しい青年トムが富豪の.. Weblog: 私が観た映画 racked: 2006-01-24 15:05
  • 『太陽がいっぱい』~犯罪動機「貧困とコンプレックス」~

    Excerpt:  この作品でもルネ・クレマンのスタッフ・キャストの編成においては、非常に特徴があるようです。  まず、シナリオですが、クロード・シャブロル監督の『二重の鍵』『いとこ同志』やエリック・ロメール監督の『.. Weblog: 時代の情景 racked: 2006-01-28 10:50
  • 『太陽がいっぱい』 ~「新しい波」との出会い~

    Excerpt: 監督:ルネ・クレマン 原作:パトリシア・ハイスミス 脚本:ポール・ジェゴフ,ルネ・クレマン 撮影:アンリ・ドカエ 音楽: Weblog: キネマじゅんぽお racked: 2006-02-28 21:47
  • 「太陽がいっぱい」「リプリー」

    Excerpt: ●太陽がいっぱい ★★★★ 【NHKBS】ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン主演、ニーノ・ロータの音楽が有名なサスペンスの名作。幸せそうに「太陽がいっぱい」とおばちゃんにつぶやくドロンのラストがイイ.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-08-18 06:59
  • 第15回 明日なき暴走と、暴走なき明日

    Excerpt: 皆は、自分のやりたいことをやって生きているだろうか?遊びでも仕事でも恋愛でも自由なことでもなんでもいい。 オレはまだ、やりたいことの10分の1さえもできていない。限られた人生の中でできることは限.. Weblog: 全ての人間は商品である racked: 2006-11-07 04:50
  • 太陽がいっぱい

    Excerpt: (1960/ルネ・クレマン監督・共同脚本/アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ、エルヴィーレ・ポペスコ/122分) Weblog: ::: SCREEN ::: racked: 2007-08-15 08:08
  • 「太陽がいっぱい」

    Excerpt: PLEIN SOLEIL 1960年/フランス・イタリア/122分 CS放映されていた「太陽がいっぱい」を観る。 初公開時から何度かリバイバル上映されていて、私もそれでスクリーンで.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2007-12-14 10:38
  • 映画評「ギリシャに消えた嘘」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年イギリス=フランス=アメリカ合作映画 監督ホセイン・アミニ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-12-31 08:44
  • 映画評「テレマークの要塞」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 1965年イギリス映画 監督アンソニー・マン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-03-07 09:43
  • 映画評「白いドレスの女」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1981年アメリカ映画 監督ローレンス・キャスダン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-10-11 09:54
  • 映画評「生きる歓び」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 1961年フランス=イタリア合作映画 監督ルネ・クレマン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-11-18 08:39
  • 映画評「キャロル」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=イギリス=オーストラリア合作映画 監督トッド・ヘインズ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-02-05 14:48
  • 映画評「いとこ同志」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1959年フランス映画 監督クロード・シャブロル ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-11-22 10:03
  • 映画評「胸騒ぎのシチリア」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2015年フランス=イタリア合作映画 監督ルカ・グァダニーノ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-12-25 09:40
  • [映画]太陽がいっぱい

    Excerpt: 1960年、フランス・イタリア 原題:Plein soleil 原作:パトリシア・ハイスミス『リプリー』The Talented Mr. Ripley 監督:ルネ・クレマン 脚本:ポール・ジェゴフ、.. Weblog: 一人でお茶を racked: 2018-05-06 13:37
  • 「太陽がいっぱい」の原作「リプリー」は本当にゲイの小説であるか

    Excerpt:  先日ブログ友達のnesskoさんが自身のブログ【一人でお茶を】にて「太陽がいっぱい」を取り上げた。nesskoさんは、故淀川長治氏が同性愛説を唱えているが、この説に囚われない方が面白く観られるのでは.. Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-05-25 17:43
  • 映画評「イタリア式離婚狂騒曲」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1961年イタリア映画 監督ピエトロ・ジェルミ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-08-23 08:21
  • 「太陽がいっぱい」

    Excerpt: そうはうまくいかない。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2019-02-03 15:59
  • 映画評「禁じられた遊び」

    Excerpt: ☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1952年フランス映画 監督ルネ・クレマン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-06-04 11:07