映画評「モーターサイクル・ダイアリーズ」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2004年イギリス=アメリカ映画 監督ウォルター・サレス
ネタバレあり

チェ・ゲバラについてはキューバ革命の立役者くらいの知識しかないが、そのゲバラが20代半ばで友人アルベルト・グラナードとオートバイに乗って南米大陸を縦断した時の日記を映像化したのがこの作品である。

アルゼンチンの喘息もちの医学生ゲバラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、友人グラナード(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)のバイクに乗って南米北端のベネズエラまで向う。旅の為の旅である。
 旅の前に恋人の家に寄り「水着を買って」と少なからぬ金を渡されるのだが、この金を巡って真面目なゲバラと処世術に長けた友人がしばしばもめ、終盤の方まで喧嘩友達的に進むのはロード・ムービーの定石。
 彼らが乗るバイクは39年製のノートン500で、嬉しがる二輪ファンもいるかもしれない。

さてまず西進してチリに入り、アンデス山脈に沿って北上、ペルーに近づいた時バイクが故障して仕事を求める貧しい夫婦と触れ合い、ペルーのハンセン病コロニーでボランティアとして働いたことで、ゲバラの中に共産主義的な考えが萌芽していく。

「セントラル・ステーション」でブラジルの現状を切り取ったウォルター・サレスが得意のドキュメンタリー・タッチで南米各地をフィルムに取り込み、風景の変化を楽しませながら真面目な医学生が人間的に一見僅か、実際にはかなり大きく変わる様を描いているので、その辺りが把握出来ればゲバラに関する知識が全くなくても見応えはあるであろう。

気に入らないのは、コロニーで喘息もちのゲバラが長距離水泳を敢行する場面のマラソン映画の幕切れのような演出である。もっとあっさりと即実的に処理すればバランスを崩さずに良い気持ちで観終えることが出来たのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月06日 19:22
こんにちは。
おまでも、ゲバラが世界の若者たちのある種の記号になっていることには、思想以前に、彼の純粋さ、人懐っこさ、正義感のようなものを、感じ取ってるんでしょうね。
オカピー
2008年05月07日 03:27
kimion20002000さん、こんばんは!

そうなんでしょうね。
革命以前のことだけを描いた本作は、その意味で、象徴的ですね。
zebra
2015年01月24日 15:17
先ほど DVDレンタルみました。 あえて ”チェ・ゲバラ”ではなく、”エルネスト”と読みます。

エルネスト バカ正直すぎだよ~って感じましたね。 恋人の家に寄って お金渡されたのに 水着を買うためだとかで頑なすぎ! なにか食べ物を買うか もしくは宿代に必要なはずなのに 頑なになって・・・
けど インディオの夫婦が家を焼かれてしまって 見かねてお金を渡したトコは "さすがに ここはね~" 人間の愛なんでしょうね。
ほかにも、ハンセン病の苦しみの現実や貧しさのために 診察もままならない人たちのつらさに揺れ動きましたが そこが一番 見せどころだった。
まさに ”チェ・ゲバラ エピソード0(前日談)”

 アルベルトの愛車 ノートン500 壊れちゃったのは残念だった!きっと二人の血と汗と涙がこもったバイクだったろうに・・・

月日が流れ キューバ革命成立したのち エルネストにキューバ・ハバナに招かれたアルベルトがその地で医学部の教授となったみたいでしたが・・・ ボリビアでの銃殺されたことを知ったとき 彼もまた 無念だったに違いない。

 


  
オカピー
2015年01月25日 18:52
zebraさん、こんにちは。

チェ・ゲバラと言われても、名前プラスαくらいしか知らなかったので、意外なほど爽やかな青春像に驚き、感銘を受けましたね。

この記事へのトラックバック

  • モーターサイクル ダイアリーズ

    Excerpt: モーターサイクル ダイアリーズ のちに革命家としてその名を世界に轟かせることになるチェ・ゲバラが学生時代に行なった南米大陸縦断の旅を、彼が残した日記を基に映画化した青春ロード・ムービー。情熱的で.. Weblog: 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて racked: 2006-01-07 20:05
  • <モーターサイクル・ダイアリーズ> 

    Excerpt: 2004年 イギリス・アメリカ 127分  監督 ウォルター・サレス 脚本 ホセ・リベーラ 撮影 エリック・ゴーティエ 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 エルネスト・ゲバラ:ガエル・ガル.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-01-09 20:13
  • モーターサイクル・ダイアリーズ

    Excerpt: 「モーターサイクル・ダイアリーズ」★★★★(盛岡フォーラム3 Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2006-01-11 06:11
  • 「モーターサイクル・ダイアリーズ」

    Excerpt: モーターサイクル・ダイアリーズ 「モーターサイクル・ダイアリーズ 」を観ました。 よく街で「チェ・ゲバラ」のTシャツを着た人を見かけますが、教科書の歴史レベル以外の事は知りませんでし.. Weblog: Bodhi Tree Book Club racked: 2006-02-02 01:04
  • 映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』

    Excerpt: 原題:The Motorcycle Diaries チェ・ゲバラといえばフィデル・カストロと共にキューバ革命の成功があまりにも有名だ。その後もアメリカ帝国主義と闘い続け、英雄となった・・・。 .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-03-07 13:18
  • mini review 05004「モーターサイクル・ダイアリーズ」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: イギリス Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-05-05 22:51