映画評「アラビアのロレンス(完全版)」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1962年イギリス映画 監督デーヴィッド・リーン
ネタバレあり

1920年代にダマスカスをトルコから奪い返し、アラブ人の英雄にもなった英国人ローレンスは果たして本当に英雄だったのか、という命題を掲げて作られていたお馴染みの大作のデーヴィッド・リーン自身の手による完全版。

そうした面はさらに強調され見応え十分だが、個人的には砂漠を横断する場面のスペクタクルな美しさに見とれた。物語としてはアラブ人とのカルチャー・ギャップが次々と出てくる辺りが頗る興味深く、荒くれ部族の長アンソニー・クィンが絡んでくる辺りまでが好みと言って良い。

作品の評価に影響を与えるほどではないが、アラブ人を野蛮人と言っていた英国人(ローレンス)が残虐ぶりを発揮する終盤の皮肉な場面などは好きになることはできないのである。

何度観てもローレンスに扮したピーター・オトゥールは絶品。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶーすか
2006年12月05日 15:27
TB&コメント有難うございます。厳しいオカピーさんでも満点の作品ですよね!
前半は明るく人を引き付ける魅力的な英雄、後半は自虐的で屈折し苦悩する男、そして中性的にも思えるこの難しいキャラをピーター・オトゥールが演じきっていて見事です。数々の名シーンの中でもオマー・シャリフが砂漠の地平線から現れるシーンは特に印象に残ってます。
オカピー
2006年12月05日 18:07
ぶーすかさん、こんばんは。
上に厳しくて下に甘いです。点差を敢えて付けないのが私流。その辺りはいつかコラムか何かで説明しないといかんと思っております。

リーンは私が尊敬している監督の一人ですが、繊細な心情からスケールの大きなスペクタクルまで巧みに描ける世界でも数少ない監督です。実力ほどは評価されていない一人ではないかと思います。

シャリフが登場する場面は幽玄でしたね。
ミリアム
2008年07月29日 03:34
こんばんは!名作の名にふさわしい風格ある作品ですね。ピーター・オトゥールの演技は、演技と思えませんでした。他作品のオトゥールを見てもロレンスに見えてしまいそうなくらい、強烈にはまっています
オカピー
2008年07月29日 13:47
ミリアムさん、こんばんは!

全ての面で完成された作品です。
中でも砂漠の美しさに圧倒されますが、オトゥールの演技は凄いですね。彼が本当の名演技者であることは「チップス先生さようなら」を見ると、確認できますよ。これだけはロレンスには見えない(笑)。
2008年07月30日 05:20
「チップス先生さようなら」は未見ですが、名前は聞いたことがあります。この作品でも彼はアカデミー賞にノミネートされていませんでしたっけ?確かアカデミー賞と相性が悪い俳優さんなんですよね。オカピーさんのご指摘にあったとおり、賞を獲るというのは実力以外のものも求められるのでしょう。
今度「チップス先生」見てみたいと思います。
オカピー
2008年07月31日 02:00
ミリアムさん、こんばんは!

>チップス先生さようなら
作品も大変素晴らしいです。
ミュージカル映画史上最低の楽曲などと評価するムキもありますが、そもそもミュージカルらしいミュージカルとは言いにくい作品ですから。

>アカデミー賞
これも候補どまりだったです。
その時の受賞者はジョン・ウェイン。<長い間ご苦労だったで賞>じゃないでしょうか。
しかし、この年は「真夜中のカーボーイ」のダスティン・ホフマンとジョン・ヴォイト、「1000日のアン」のリチャード・バートンがノミネートでしたから物凄い充実ぶり!
こういう年に取るのは難しいですね。
2009年01月11日 07:40
完全版を映画館で観てきました。
やはり、いいですねー。
スケールの大きさに加えて、ロレンスの人間も描かれる…。
おっしゃるとおり、リーン監督は「逢びき」など繊細なドラマから、スペクタクルまで見事に作る名監督でした。
オカピー
2009年01月11日 23:06
ボーさん、こんばんは。

あのだだっぴろい砂漠はどでかいスクリーンで観ないとねえ。
ロマンスの「ライアンの娘」もあの砂浜や断崖に打ち寄せる波を観るだけで感激してしまいましたものね。

リーンの映画を見ると、やはり人間描写が映画の基本ということがよ~く解ります。「逢ひき」が作れるから「アラビアのロレンス」も「戦場にかける橋」も作れる。
「ライアンの娘」を馬鹿な評論家が叩いたものだから、「インドへの道」まで十年以上のブランクが出来てしまった。日本での評価は高かっただけに残念でしたね。
2015年10月24日 16:31
テレビで観ただけだったのですが、やっと映画館で観ることができました。あの蜃気楼から人影が出てくる場面、最高ですね。ただ、話はまるで今の中東情勢そのまんまやないか、と、気分が重くなったりもしました。
子供の頃テレビで観たときは、アレック・ギネスが扮したファイサル王子がものすごくきれいな男に見えたんですよ。今回見ると、やっぱりきれいなんですけれど、見た目がどうというよりも、したたかで食えない王子様だなあという印象になりましたが、アレック・ギネス、他の映画ではうまいとは思っても特にきれいとは思ったことないですから、この映画ではアラブ人風のメイクと衣装がよかったんだろうな、と。
オカピー
2015年10月24日 21:39
nesskoさん、こんにちは。

>中東情勢
結局現在中東の混乱は、イギリス、ソ連、アメリカが引き起こしたものですよね。
日本は、本当に中東の戦いには巻き込まれてほしくないです。

>アレック・ギネス
そう言われれば、きれいだったような気がします。
今度観る時はその辺りにも注目してみましょう。

この記事へのトラックバック

  • アラビアのロレンス/ピーター・オトゥール

    Excerpt: 私のベストムービーは「アラビアのロレンス」です。この映画を観てアラブへ行きたくなったのは私だけではないはずです。 トルコと戦っていたイギリスはめ、アラブ人の力を借りるため、勝利後の独立を約束して.. Weblog: 文学な?ブログ racked: 2006-06-02 00:36
  • 「ドクトル・ジバゴ(デビッド・リーン)」「アラビアのロレンス」

    Excerpt: ●ドクトル・ジバゴ ★★★★★ 【NHKBS】デビッド・リーンの名作をやっと観る事ができた!期待通りにグッド。ロシアの壮大な大自然の描写はさすが上手い。冷凍庫のような厳しい冬とスイレンなどが大地一面.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2006-12-05 15:20
  • アラビアのロレンス

    Excerpt: イギリス(1962) 監督 デヴィッド・リーン 主演 ピーター・オトゥール +++++++++++++++ 9点/10点中  この作品を観た友人からは「あえて単純なヒーローものだと思って.. Weblog: いっちょ語りたおしてみましょう racked: 2008-07-29 03:26
  • 「アラビアのロレンス 完全版」

    Excerpt: デビッド・リーン監督の名作のリバイバル上映。コロンビア映画85周年、同日本支社設立75周年記念作品。 デジタル音声のニュープリント・... Weblog: 或る日の出来事 racked: 2009-01-11 07:13
  • [映画]アラビアのロレンス

    Excerpt: 1962年、イギリス 原題:Lawrence of Arabia 監督:デヴィッド・リーン 脚本:ロバート・ボルト、マイケル・ウィルソン 出演:ピーター・オトゥール、アレック・ギネス、アンソニー・ク.. Weblog: 一人でお茶を racked: 2015-10-24 16:23
  • 映画評「レッド・スカイ」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督マリオ・ヴァン・ピーブルズ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-12-10 09:40
  • 映画評「風とライオン」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 1975年アメリカ映画 監督ジョン・ミリアス ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-10-31 08:08
  • 映画評「アラビアの女王 愛と宿命の日々」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年モロッコ=アメリカ合作映画 監督ヴェルナー・ヘルツォーク ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-01-06 08:56