テーマ:映画 さ行

映画評「ジープの四人」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1951年スイス映画 監督レオポルド・リントベルグ、エリザベート・モナグー ネタバレあり 偶然にも昨日の「十字砲火」に似て、終戦直後の帰還兵夫婦の愛情がモチーフになっている戦後ドラマである。厳密には帰還兵ではなく、脱走捕虜であるが。 終戦直後、米英仏ソが分割統治するウィーンが舞台で、ジープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「十字砲火」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1947年アメリカ映画 監督エドワード・ドミトリク ネタバレあり 1970年代後半以降、故水野靖郎氏が主宰した配給会社IPが暫く頑張って、戦後GHQの方針等で日本でお蔵入りになっていた40年代の映画を色々と紹介してくれた。アメリカの不都合を見せる本作は、エリア・カザンの「紳士協定」(1947年)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「セラヴィ!」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年フランス=ベルギー=カナダ合作映画 監督エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ ネタバレあり 「ウェディング・プランナー」(2001年)というアメリカ映画など、この職業を主軸に扱う映画は幾つかあるが、本作はその職業紹介編として最適と言って良いフランス製(ベルギー、カナダとの合作)コメデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「銃」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・武正晴 ネタバレあり 中村文則は名前のみ知る。つまり、文体も何も知らないが、影響を受けた作家・作品が容易に掴めそうな本映画化である。 死体の近くにあった銃弾入りの拳銃を拾った大学生・村上虹郎が、そのことにより自分が強くなったと感じて行動に変化を生じる。悪友に誘われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「12か月の未来図」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年フランス映画 監督オリヴィエ・アヤシュ=ビダル ネタバレあり 近年フランス映画には教育を扱う映画が多い。ドキュメンタリーでも観たが、セミ・ドキュメンタリー(即実的なドラマ映画)の「奇跡の教室 受け継ぐものたちへ」が秀作だった。いずれも、日本の学園ものとは比較にならない厳しいものである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スカイスクレイパー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ=香港合作映画 監督ロースン・マーシャル・サーバー ネタバレあり ドウェイン・ジョンスン主演の映画は、彼が単独で八面六臂の活躍をする内容で似たり寄ったりのものばかり、その限りではつまらないが、その代わりお話の構図が単純で見通しが良いため力が入りやすく、その意味では退屈しない。時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・ファブル」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・江口カン ネタバレあり 南勝久という漫画家のコミックを実写映画化したアクション映画。 ファブルとは何かと思っていたら、劇中に“都市伝説”という言葉が出て来たところで、英語のフェーブル(寓話)のこととピンと来た。フランス語のファブルのことなのだろう。 殺し屋の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サンドイッチの年」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1988年フランス映画 監督ピエール・ブートロン ネタバレあり ユダヤ人の差別を描いた映画はホロコーストもしくは同時期の差別を描く作品が目立つが、本作は終戦の2年後を主たる舞台とした青春映画仕立てである。  30年ほど前に観たことがある本作も「洲崎パラダイス・赤信号」に続いてYouTubeで再…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「潜航決戦隊」

☆☆★(5点/10点満点中) 1943年アメリカ映画 監督アーチー・メイヨ ネタバレあり 図書館DVDシリーズその2。 観たことがあるようなないようではっきりしないまま観てしまった。鑑賞記録を付ける為にIMDbを訪問したら、自らの採点を発見した。それでも面白ければ良いが、監督が凡作ぞろぞろのアーチー・メイヨで、実際つまら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「洲崎パラダイス・赤信号」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1956年日本映画 監督・川島雄三 ネタバレあり 芝木好子の小説「洲崎パラダイス」を川島雄三監督が映画化した人間劇である。本当は人情劇と言いたいのだが、この言い方では山田洋次の作品群のようなものを想起させてしまうだろう。強い恋愛感情でも腐れ縁の類であるから、まして恋愛映画とは言えない。 1…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画評「選挙の勝ち方教えます」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督デーヴィッド・ゴードン・グリーン ネタバレあり 再鑑賞ばかりでも何なので2年くらい前に録画しておいた日本劇場未公開のこの政治ドラマを観ることにしました。 余り政治映画が作られる土壌のない日本であるから、海外の政治映画はお蔵入りになることが多かった。近年はアングルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サンダーボルト」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1974年アメリカ映画 監督マイケル・チミノ ネタバレあり 「ディア・ハンター」(1978年)で俄然注目されたものの「天国の門」(1980年)で大映画会社ユナイテッド・アーティスツを倒産させて以降余り冴えず、もう20年以上まともに映画を作っていないマイケル・チミノの監督デビュー作(兼脚本)。40…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画評「自由を我等に」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1931年フランス映画 監督ルネ・クレール ネタバレあり 「巴里の屋根の下」「巴里祭」と併せてルネ・クレール三大傑作(?)を成す。相変わらずサイレント的で、今日のように眠気の強い時に見るとなかなか理解が覚束ない。しかし、見直すと、実にきちんと作られていることが解るのである。多分3回目の再鑑賞。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「勝利への脱出」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1981年アメリカ=イギリス合作映画 監督ジョン・ヒューストン ネタバレあり 学生時代、映画館で観た。多分それ以来の鑑賞だろうから、およそ40年ぶりの再鑑賞となりましょう。  競技人口は多かったものの現在のようなサッカー人気がなかった当時の日本でも、シルヴェスター・スタローンの人気に援護射撃さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督J・A・バヨーナ ネタバレあり シリーズ通算第5作。 前作で崩壊した“ジュラシック・ワールド”の元監督官ブライス・ダラス・ハワードが恐竜保護団体を設立、元監視員クリス・プラットらと共に、噴火で生存が危ぶまれる恐竜たちを救いに島に向かう。  協力するのはテーマパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「素晴らしき哉、人生!」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1946年アメリカ映画 監督フランク・キャプラ ネタバレあり たぶん3回目の鑑賞で、前回はブログを始める2、3年前だったと思う。  アメリカでは終戦直後ケイリー・グラント主演「気まぐれ天使」(1997年製作の「天使の贈りもの」のオリジナル)など天使映画が少し流行ったが、この作品がブームの嚆矢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「007/リビング・デイライツ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1987年イギリス映画 監督ジョン・グレン ネタバレあり ジェームズ・ボンド役がロジャー・ムーアからティモシー・ダルトンに代わったシリーズ第15作。役者は代わったが、監督は4作続けてジョン・グレン。再鑑賞。 ソ連末期。007ことボンドがKGB将軍イェロー・クラッベの亡命を助けるべく、美人狙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スモーク」(1995年)

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1995年アメリカ=日本=ドイツ合作映画 監督ウェイン・ワン ネタバレあり 四半世紀ぶりくらいの再鑑賞である。ブルックリンのタバコ屋に集まる人々の小話を集めた内容で、連作短編集の趣き。 オーギー(ハーヴィー・カイテル)の経営する煙草店に頻繁にやってくる作家ポール・ベンジャミン(ウィリアム・…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画評「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ジョン・ワッツ ネタバレあり マーヴェル・コミックス映画版について、いつも似たようなことばかり書いているので、もう大して書くこともない・・・と言いつつ、また同じようなことから始めさせて戴きます。 「スパイダーマン」第一シリーズは陰々滅々である為僕は全く買わず、明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「さよならくちびる」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・塩田明彦 ネタバレあり 塩田明彦は映像言語の扱いに優れた監督と思う。初めて観た「害虫」はお話には一向に惹かれないものの、ショットの扱いに舌を巻いた。内容が好かなかったので当時保存版を作らなかったが、ブルーレイレコーダーを買った後そのショットを研究すべく保存版を作った。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「青春の蹉跌」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1974年日本映画 監督・神代辰巳 ネタバレあり 僕が読む石川達三は専ら社会派小説だが、彼は1960年代以降色々と若者を主人公にした作品も書いた。本作の原作となった同名小説もその一つで、映画は大学に入学してからロードショーより数年遅れで観た。大変興奮したので、後日大学の友達と少し話をしたが、今回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年キューバ=スペイン合作映画 監督エルネスト・ダラナス・セラーノ ネタバレあり 1991年宇宙に取り残されたソ連/ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・クリカレフ(クリカリョーフ)の体験を着想源として作られた一種のファンタジーである。 宇宙ステーション“ミール”に滞在中のロシア人宇宙飛行士セル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「さらばバルデス」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1973年イタリア=フランス=スペイン=アメリカ合作映画 監督ジョン・スタージェス ネタバレあり チャールズ・ブロンスン主演の、事実上のイタリア製西部劇。しかし、監督が本場アメリカの大御所ジョン・スタージェスで、所謂マカロニ・ウェスタンに属する映画ではない。イタリア的でないというだけでなく、当時ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・フォーリナー/復讐者」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年イギリス=中国=アメリカ合作映画 監督マーティン・キャンベル ネタバレあり ジャッキー・チェンの主演映画はこのところ空振り気味で余り期待していなかったし、中国の資本も入っているので、嫌な感じがしたが、その思いは全く裏切られるのである。実際、最初はうんざりしかけた。  というのも、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「七人の無頼漢」

☆☆★(5点/10点満点中) 1956年アメリカ映画 監督バッド・ベティカー ネタバレあり 若い頃ランドルフ・スコットのB級(ロー・コスト、ロー・バジェット)西部劇を十数本観たが、本作は未鑑賞。 フランスのお経みたいな観念的な映画評を書く映画評論家の高評価など無視すれば良いのに、無視できない日本の映画マニアに褒める人多し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・ウォール」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督ダグ・リーマン ネタバレあり セルビアとボスニアとの中立地帯で身動きがとれなくなる兵士を描いた戦争ブラック・コメディーの傑作「ノー・マンズ・ランド」型の戦争映画である。  かの作品はそういう極限状況を以って戦争の狂気を描き出そうとした反戦映画だが、その後同じようなワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「シンプル・フェイバー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ポール・フェイグ ネタバレあり ダーシー・ベルのミステリー小説の映画化。 夫に死なれたシングル・マザーのアナ・ケンドリックが息子を迎えに行った学校で同じ年頃の息子を持つアパレル関係ブレイク・ライヴリーと親しくなるが、ある時子供を預けられたまま失跡されてしまう。友人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「十二人の怒れる男」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1957年アメリカ映画 監督シドニー・ルメット ネタバレあり 昨年末と本年年初に本作のフォーマットを利用若しくはパロディー化した邦画二本を見た。リンクしようと思ったら、ロシア映画版「12人の怒れる男」(2007年)は出て来たが、本作はなかった。これはまずいと思ってライブラリーから出し、やっと…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

映画評「シャザム!」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年アメリカ=カナダ合作映画 監督デーヴィッド・サンドバーグ ネタバレあり DCコミックスの映画版はマーヴェル・コミックスのそれに比べると概ね脚本が出来が落ち、余りパッとしないことが多いが、本作は少し面白い。丁寧に書くとかなり長くなるお話だが、簡単にまとめてしまいましょう。 プロローグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「斬、」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・塚本晋也 ネタバレあり 塚本晋也監督初めての時代劇である。 動乱の気運の出て来た江戸末期。農村で農家を手伝っている浪人・池松壮亮は、一家の息子・前田隆成に剣術を教えている。腕を上げて来た息子がすっかり江戸に出て侍の真似事をしようとしていることにいら立つ姉・蒼井優はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more