テーマ:映画 さ行

映画評「そらのレストラン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・深川栄洋 ネタバレあり タイトルと監督が深川栄洋であることから、「ぶどうのなみだ」系列の作品と予想したら、系列どころか、同じ製作陣による北海道食物(しょくぶつ)シリーズ(命名オカピー)第3弾ということでありました。 北海道南西部の、せたな町。10年前に経営する牧場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スノー・ロワイヤル」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年アメリカ=イギリス=ノルウェー=カナダ=フランス=ドイツ合作映画 監督ハンス・ぺテル・モランド ネタバレあり 「96時間」のヒットにより、それ以降家族の為に頑張る父親という役ばかり仰せつかるようになったのはリーアム・ニースンにとって不幸なのかもしれない。 本作もまたまたその系列で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「シャイニング」(1980年版)

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1980年アメリカ=イギリス合作映画 監督スタンリー・キューブリック ネタバレあり スティーヴン・キングのホラー小説をスタンリー・キューブリックが映画化。ホラー映画は昔から良くてB級、通常はC級といった低予算の作品ばかりの中、A級映画だったので、映画館まで観に行ったです。それ以来38年ぶりの鑑賞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「スパイダーマン:スパイダーバース」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ボブ・ペルスケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン ネタバレあり 21世紀になってから一番騒がれているキャラクターであろうスパイダーマンはもういいや、という感じで、最初から気乗りがしなかったせいもあるが、アカデミー賞長編アニメ映画賞を獲ったこのアニメ版は個人的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「しゃぼん玉」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・東伸児 ネタバレあり 乃南アサの同名小説の映画化で、今年公開された「赤い雪」のような厳しさはない代わりに、万人向けの温かさがある。昨今手応えがある秀作邦画と言うと、人間の嫌な面を浮き彫りにするか人間に対する運命の厳しさを諦観的に扱う作品が多い中、これは人間の良い面を多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「女囚さそり 701号怨み節」

☆☆★(5点/10点満点中) 1973年日本映画 監督・長谷部安春 ネタバレあり 梶芽衣子主演としてはシリーズ最終作である。シリーズ中一本だけ観たことがあると記憶していたのはこの作品だった。 またまた警察に捕えられたさそりこと松島ナミ(梶芽衣子)が護送中に警官の油断をついて早業で襲い、逃亡する。彼女を痛めつけることを業務…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「女囚さそり けもの部屋」

☆☆(4点/10点満点中) 1973年日本映画 監督・伊藤俊也 重要なネタバレあり。鑑賞予定のある方は要注意。 シリーズ第3作にして何とか常識の範囲に入って来た。まだ変なところがあるが、ジャンル映画としては許容範囲であろう。 逃亡中の女囚さそり(梶芽衣子)が電車内で刑事・成田三樹夫に発見され手錠を掛けられるが、ドアに挟ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「女囚さそり 第41雑居房」

★(1点/10点満点中) 1972年日本映画 監督・伊藤俊也 ネタバレあり シリーズ第二作。  第一作はお話として一見成立しているようで破綻しているので良い点が与えられなかった。この第二作は前半は健闘しているが、後半正視に堪えなくなり、大減点するしかない。 梶芽衣子の女囚701号こと松島ナミが、白石加代子以下の女囚6名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「女囚701号/さそり」

☆(2点/10点満点中) 1972年日本映画 監督・伊藤俊也 ネタバレあり クテンティン・タランティーノが好きと言う日本映画は「吸血鬼ゴケミドロ」と言い、本作と言い、お話として成立していないものが多い。昔シリーズのうち一本観たが、通して見たらそれは一番まっとうな第4作と確認できた。 麻薬捜査の刑事・夏八木勲に騙されて囮捜…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「十二人の死にたい子どもたち」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり SNSを通じて自殺願望のティーンエイジャー12人が希望の安楽死を遂げる為に廃病院の地下に集まる。筆頭は企画者で会場である廃病院の元院長令息・高杉真宙で、以下杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「十年 Ten Years Japan」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・早川千絵、木下雄介、津野愛、藤村明世、石川慶 ネタバレあり 5人の若手作家に十年後の日本をテーマに作らせたオムニバス映画。結果的にディストピア映画になっている。 総合監修が是枝裕和となっているが、高齢化社会の怖い未来を扱う第一話「PLAN75」では開巻早々初期の是枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「座頭市逆手斬り」

☆☆★(5点/10点満点中) 1965年日本映画 監督・森一生 ネタバレあり シリーズ第11作。脚本が浅井昭三郎につき第9作「関所破り」に似た感じの内容なのは歓迎できないが、あの作品ほど物語は破綻していないように思う。 博打で捕えられた座頭市(勝新太郎)が隣の牢の男・水原浩一に“人殺しで捕えられた自分が無罪であることを証…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画評「座頭市二段斬り」

☆☆★(5点/10点満点中) 1965年日本映画 監督・井上昭 ネタバレあり かなり前にシリーズを断続的に観ていたが、今月は長い映画ばかりで疲れたので、短くかつ娯楽性の高いこのシリーズを暫くぶりに。第10作。 昔縁のあった土地に近づいた座頭市(勝新太郎)が橋を超えて按摩の師匠に会おうとするが、偶然出会った知人から、師匠は…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

映画評「女王陛下のお気に入り」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年アイルランド=イギリス=アメリカ合作映画 監督ヨルゴス・ランティモス ネタバレあり 映画でよく扱われる英女王はエリザベス1世(チューダー朝)で、近年ヴィクトリア女王(ハノーヴァー朝)も出て来るようになったが、スチュワート朝最後の君主アンが主人公若しくは重要人物になる作品は珍しい。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「007/美しき獲物たち」

☆☆★(5点/10点満点中) 1985年イギリス映画 監督ジョン・グレン ネタバレあり シリーズ第14作で、ロジャー・ボンド第7作。これでロジャー・ムーアの007は見納めとなった。監督は3作続けて堅実なジョン・グレン。 ボンドが雪山でソ連が盗んだICチップを探り出す。  007に限らず、80年代以降のアクション映画のフ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「007/オクトパシー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1983年イギリス映画 監督ジョン・グレン ネタバレあり ロジャー・ボンド(ムーア・ボンドという人が多い中ファースト・ネームとファミリー・ネームの組合せの方が洒落ていると思い、僕は使っている)第6作は、シリーズ通算第13作。監督は引き続き編集者出身のジョン・グレン。  タッチは「ユア・アイズ・…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

映画評「007/ユア・アイズ・オンリー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1981年イギリス映画 監督ジョン・グレン ネタバレあり シリーズ第12作で、ロジャー・ボンド第5作。前作が宇宙にまで飛び出してやりすぎた感を覚えたのか、恐らくプロデューサーたちが路線を原点に戻して作ろうとしたのだと思う。監督がジョン・グレンに代わったのはその一環で、監督が代わったから方向性が変…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「007/ムーンレイカー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1979年イギリス=フランス合作映画 監督ルイス・ギルバート ネタバレあり 第10作「私を愛したスパイ」は以前書いたので飛ばして、この第11作でござる。およそ40年ぶりの再鑑賞。第9作「黄金銃を持つ男」と並んで評判が悪いようだが、僕は当時から案外買っている。 米国から英国へ空中移送中のスペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「シュガー・ラッシュ:オンライン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン ネタバレあり 前作は仮想現実(ゲームの中で活躍するキャラクターの世界をそう称してみる)と実生活とが効果的に関連付けて作られたところを評価したので、その点この続編は物足りない。キャラクターと実際の人間との関係性は扱われているがさほど効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

007/黄金銃を持つ男

☆☆★(5点/10点満点中) 1974年イギリス映画 監督ガイ・ハミルトン ネタバレあり シリーズ第9作で、ロジャー・ボンドの第2作。監督は余り上出来とも思えなかった「ダイヤモンドは永遠に」「死ぬのは奴らだ」に続いて3試合連続登板のガイ・ハミルトン。三連投でへたばった中継ぎ投手の如き状態で、前二作以上につまらない。  “つま…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

映画評「戦艦シュペー号の最後」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1956年イギリス映画 監督マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー ネタバレあり 完全版としては二度目の鑑賞。 実話ベースの戦争映画だが、滋味溢れる戦争映画を少なからず作ったマイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガー共同監督作品だけに、これもまた興趣に富む作品である。 第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「上海特急」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1932年アメリカ映画 監督ジョゼフ・ヴォン・スタンバーグ ネタバレあり 「嘆きの天使」「モロッコ」「間諜X27]に続く、ジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督=マレーネ・ディートリッヒ主演コンビ作第4弾。再鑑賞。 悪名高い白人美女マレーネ(役名上海リリー)の乗る北京発上海行きの汽車には様々な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サンダカン八番娼館 望郷」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1974年日本映画 監督・熊井啓 ネタバレあり ポスター等を見ると解るように、本作のタイトルは「望郷」であって、原作由来の「サンダカン八番娼館」はサブタイトル。しかし、当ブログでは一応順番通りに“さ行”扱いにする。 からゆき(唐行き)さんをテーマにした山崎朋子のノンフィクションを社会派熊井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・ヤクザ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1974年アメリカ=日本合作映画 監督シドニー・ポラック ネタバレあり 40年位前にTVのカット版で観たけなので、完全版は今回が初めて。 取引先の日本のヤクザ岡田英次の一味に娘を誘拐された実業家ブライアン・キースが娘を取り戻してほしいと元刑事の私立探偵ロバート・ミッチャムに頼む。  ミッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「事件」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1978年日本映画 監督・野村芳太郎 ネタバレあり 松本清張の映画化を得意とした野村芳太郎監督の法廷ミステリーだが、純文学の大岡昇平の小説の映画化なので切り口が清張とは違うものになっている。少年法に絡む論点を出すのは当時としては相当新鮮。40年ぶりの再鑑賞。 現在。神奈川県厚木のバーのママ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画評「審判」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1962年フランス=イタリア=西ドイツ合作映画 監督オースン・ウェルズ ネタバレあり 高校生の時に文学全集のカフカの巻を借りてきて「変身」「審判」「城」を読んだ。編が進むに連れて段々わけが解らなくなる感じがあり、「変身」以外はお話も忘れてしまった。  後年ビデオを買ってこの「審判」を見たが、や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「上海から来た女」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1947年アメリカ映画 監督オースン・ウェルズ ネタバレあり 初期のオースン・ウェルズの作品は日本では見られず、大分時間を経て輸入された。本作も製作から30年経った1977年に日本で劇場公開され、僕も映画館で観た。  一部に解りにくいという評があるのは、製作会社による大幅カットのせいかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スマホを落としただけなのに」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・中田秀夫 ネタバレあり 志駕晃のミステリー・サスペンスをホラー映画に実績のある中田秀夫が映画化。 原作に難があるのかもしれないが、実にとっちらかっている。原作がダメであったのなら、脚色で整理すればもう少し格好がついたであろうし、逆に原作を脚色が台無しにした可能性もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジュリアン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年フランス映画 監督グザヴィエ・ルグラン ネタバレあり ベネチア映画祭で監督賞、セザール賞(フランス版アカデミー賞)で作品賞を獲っているが、近年日本人が幾つかの不幸なDV→児童虐待事件を知った後見ると物足りなく感じる作品であろう。 暴力的な夫ドゥニ・メノーシェと離婚した中年夫人レア・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「セントラル・インテリジェンス」

☆☆(4点/10点満点中) 2016年アメリカ=中国合作映画 監督ロースン・マーシャル・ターバー ネタバレあり 駄弁が煩わしくその結果やたらに長くなっているためにうんざりさせられた「バッドボーイズ」シリーズ(特に続編)を少し思わせるバディもの。刑事映画ではないが、最終的には似たようなところに落着する。 高校時代は総代を務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more