テーマ:映画 さ行

映画評「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」

☆☆(4点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・小沼雄一 ネタバレあり 麻雀は全く解らないので、この第二弾は観るつもりはなかったのだが、第一作との作り方の差などを見たいと思い、つい観てしまった。しかし、前作より麻雀の対決シーンが多く、為に人間劇としての部分が希薄になっているので、相当退屈した。映画としての作り方がどうのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「咲-Saki-」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・小沼雄一 ネタバレあり 既になくなったネットのクイズに出て来て憶えたコミック(作:小林立)の映画化。少女が麻雀をするというのが多少珍しいと思っていたので、麻雀は全く解らないものの観てみた。 麻雀が高校野球のように全国的なスポーツとなった架空の日本。インターハイの麻雀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジョジョ・ラビット」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ=ニュージーランド=チェコ合作映画 監督タイカ・ワイティティ ネタバレあり ナチスによるユダヤ人差別を主題ではなく、主題を描く為のツールとした思春期映画である。 ドイツ敗退も近い第二次大戦末期の頃、反ナチ運動をしているロージー(スカーレット・ヨハンソン)の10歳になる息子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ジョン・レノン 最後の週末」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年イギリス映画 監督ブライアン・グラント ネタバレあり ジョン・レノンの最後のインタビューを中心に語られると聞いたので、もっとそのインタビューが聞けるのかと思っていたら、作者側はそれでは余りにマニアックと思ったらしく、彼に絡んだことのある音楽プロデューサーのマルコム・ゲリーや「ジョンの魂」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サイドマン:スターを輝かせた男たち」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ=アイスランド合作映画 監督スコット・D・ローゼンバウム ネタバレあり 大学を卒業する間際に「ローリング・ストーン誌レコード・ガイド」というかなり分厚い本を買ったおかげで、ブルース・ミュージシャンの名前だけはかなり憶えた。守備範囲である70年代後半までのロック(ブルース系含む)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画評「ジョン・レノン ドキュメンタリー 『ジョンの魂』」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年イギリス映画 監督マシュー・ロングフェロー ネタバレあり ジョン・レノン40回目の命日にWOWOWが放映した音楽ドキュメンタリー。英国のTV番組「クラシック・アルバムズ」が2008年に放送した一回で、扱うアルバム(LP)は、原題 John Lennon/Plastic Ono Band…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

映画評「スタートアップ・ガールズ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・池田千尋 ネタバレあり 2020年の「朝まで生テレビ!」はコロナばかりだったが、それまで一年に一度くらい日本国の経済を経営サイドの見地から話し合う回があり、IT産業と若手の起業が絡み合って語られることが多かった。 本作は丁度その部分をテーマにした内容で、コメディー仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サムライマラソン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本=イギリス合作映画 監督バーナード・ローズ ネタバレあり いつまで経ってもWOWOWに出て来ないので、無料プライム会員中にと、プライムビデオで無償鑑賞。別に後でも良かったのだが、実はこの映画のテーマである安政遠足(あんせいとおあし)マラソンが行われる街道の近くに住んでいる地元の人間な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サニー/32」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・白石和彌 ネタバレあり 誘拐された中学校教師の運命というアウトラインに加え、パンチのある描写を買う白石和彌が監督をしているので期待したが、もう一つである。 13年前の小学生による同級生殺人事件を踏まえてお話が進む。  現在の新潟。中学校の女子教師藤井赤理(北原里英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「鈴木家の噓」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・野尻克己 ネタバレあり 野尻克己という監督の初メガフォンということである。石井裕也作品の助監督をしたということもあり、比較的彼と近似の位置にある(参加していないが、彼の「ぼくたちの家族」と共通項あり)。鈴木家という一家の名前から推して、脚本も書いた野尻監督の、ごく普遍的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「最後の億萬長者」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1934年フランス映画 監督ルネ・クレール ネタバレあり そろそろジャック・フェデーも取り上げてみようかと思ったが、忙しいので短い作品が多いルネ・クレールをまた取り上げる。本作を初めて観たのは東京のフィルムセンターにおいて。その後WOWOWで観ていると思う。その時の録画でまた観る。 モナコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジョン・ウィック:パラベラム」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督チャド・スタエルスキ ネタバレあり ☆☆☆に抑えながらも直線的な展開とアクションの見せ方が大いに気に入った第一作の後、第二作はお話が馬鹿馬鹿しくて “第三作はもう観ない” なんて冗談を飛ばしたが、ちゃんと観ました。第二作よりは良いものの、主人公の悲哀と憤怒が沈潜し、かつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「屍人荘の殺人」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・木村ひさし ネタバレあり 現在の邦画のジャンル映画でほぼ無条件に観るのは、時代劇とミステリーくらいである。ミステリーは、小説や(一時ほどでないにしても)TVで大量に触れることができるのに、映画では本当に少ない。最近は多少増えつつあるが、それでもまだ少ない。従って、本作をば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「セカンド・ラブ」

☆☆★(5点/10点満点中) 1983年日本映画 監督・東陽一 ネタバレあり 芸能人の死で何度か吃驚したことがある。ジョン・レノンやマーヴィン・ゲイはその亡くなり方に言葉を失ったし、日本の女優では今年の竹内結子に落胆した。日本代表の4番バッターと言うべき大物の自死はちょっと考えられない。現役バリバリの女優の中でとりわけご贔屓に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「侵入する男」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年アメリカ=カナダ合作映画 監督デオン・テイラー ネタバレあり 日本の映画館では公開されなかったが、本年4月にデジタル配信された由。 広告代理店社員として大成功した黒人青年マイケル・イーリーが、美人の細君ミーガン・グッドと、これから子供を作って家族団欒に備えようと、かなり森の奥にある広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年イギリス映画 監督デーヴィッド・カー ネタバレあり 第一作は泥臭くて買わなかったが、第二弾は007シリーズのパロディーぶりが面白く好調だった。そしてこの第三作。前回よりやや劣る感じがするものの、こういうずっこけ官憲を見ると思い出さざるを得ない「ピンク・パンサー」シリーズの殆どの作品より面…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「西部の人」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1958年アメリカ映画 監督アンソニ・マン ネタバレあり ゲイリー・クーパーには「西部の男」(ウィリアム・ワイラー監督)という主演作もあってややこしいのだが、こちらはアンソニー・マン監督による晩年の主演作。多分40年ぶりくらいの再鑑賞である。 クーパーは、アリゾナ州のグロスカットまで馬でや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サンセット」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年ハンガリー=フランス合作映画 監督ネメシュ・ラースロー ネタバレあり オーストリア=ハンガリー帝国の政治体制と第一次世界大戦の発端を知らないと本作は多分解らない。 世界大戦発端一年前の1913年。妙齢美人ヤカブ・ユーリ(ハンガリーでは日本と同じで姓⇒名となっているので、ヤカブが姓)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジュマンジ/ネクスト・レベル」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ジェーク・キャスダン ネタバレあり 「ジュマンジ」という子供向けのファンタジー作品を、登場人物を大人に変えてリブートしたようなのが前回の「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」で、余り煩いことを言わなければ時間つぶしくらいにはなった。 本作はその純然たる続編で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「真実」(2019年)

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本=フランス=スイス合作映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり 前作「万引き家族」でカンヌ映画祭のパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の新作で、昨年カンヌのオープニング作品に選ばれるという名誉を得た。1960年にブリジット・バルドーが主演した「真実」という作品があるので、題名の後に括弧を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「3人の信長」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・渡辺啓 ネタバレあり 近年の織田信長人気は異常なものがあり、映画作品も多い。が、感心するほど面白いものは皆無。 桶狭間の戦い(1560年)から10年後の金ヶ崎の戦いで、浅井・朝倉軍に囲まれた信長を、亡き主君今川義元へその首を届けようと狙っていた今川残党が捕える。とこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジェミニマン」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ=中国=インド合作映画 監督アン・リー ネタバレあり 1970年代に同名のTVシリーズ(H・G・ウェルズ「透明人間」がベース)があったが、全く無関係。こちらはある程度現実味のあるSF映画である。 走る高速列車に乗るターゲットを仕留めることさえできるDIAの名狙撃手ヘンリー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「世界の涯ての鼓動」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年ドイツ=フランス=スペイン=アメリカ合作映画 監督ヴィム・ヴェンダース ネタバレあり ヴィム・ヴェンダースの新作は、 IMDb でひどく評判が悪い。こういう瞑想的というか、映像詩的な映画は得てしてこういうことになるが、なかなか美しい映画と思う。 お話は単純である。  10000m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ショック療法」

☆☆★(5点/10点満点中) 1972年フランス=イタリア合作映画 監督アラン・ジェシュア ネタバレあり 昨日の毒薬も怖いがこちらも怖い。 45年ぶりくらいの再鑑賞になるが、前回味わったパッとしない印象を今回も払拭できず。肝心のサスペンス場面において、VHSのボケボケ画面故に暗すぎて何をやっているのか解らないところがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「酒とバラの日々」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1962年アメリカ映画 監督ブレイク・エドワーズ ネタバレあり 再鑑賞もしくは/かつオールド・ムービー・シリーズその1。本作はオールド・ムービーの再鑑賞に当たります。その中では一番新しいのですがね。 アルコール中毒(最近はアルコール依存症と言うらしい)の恐怖を本格的に扱ったのは1945年に…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

映画評「ジョーカー」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督トッド・フィリップス ネタバレあり 「バットマン」シリーズのスピンオフだが、アメコミ映画版とかスーパーヒーロー映画系列ではないほぼドラマとして作られている。「スパイダーマン」の第一シリーズは悪役までメソメソして気に入らなかったが、本作はスーパーヒーロー映画ではないから…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「シナラ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1932年アメリカ映画 監督キング・ヴィダー ネタバレあり 昨日に続いて再鑑賞だが、これもまた前回いつ観たのか憶えていない。年は取りたくないものですな。 ロンドン。中年弁護士ロナルド・コールマンが、愛妻ケイ・フランシスが妹とヴェニスに旅行に出た後、悪友ヘンリー・スティーヴンスンに誘われて出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「戦場」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1949年アメリカ映画 監督ウィリアム・A・ウェルマン ネタバレあり 再鑑賞であることは確かながら、前回いつ観たか全く憶えていない。老化現象が著しく、愕然とする(笑)。 さて、本作は、ウィリアム・A・ウェルマン監督の戦争映画である。ウェルマンは特段戦争映画をお得意としているわけでもないのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「新聞記者」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・藤井道人 ネタバレあり 我が家は多分半世紀以上東京新聞をとっている。貧乏だったから父親が一番安い新聞を選んだのだと思う。親が亡くなる前に地元に舞い戻った僕はそのまま取り続けている。個人主義だから、概して庶民の目で権力を見る東京新聞とは肌が合う。人権に拘る新聞なのだと思う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「最高の人生の見つけ方」(2019年版)

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・犬童一心 ネタバレあり 2007年のアメリカ映画「最高の人生の見つけ方」の日本女性版でござる。観る前は余り気乗りしなかったが、監督が老人をテーマにした作品の多い犬童一心ということもあって、きちんと作られていた。二番煎じだからオリジナルより★一つ分減らしたが、オリジナルの設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more