テーマ:映画 さ行

映画評「戦艦シュペー号の最後」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1956年イギリス映画 監督マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー ネタバレあり 完全版としては二度目の鑑賞。 実話ベースの戦争映画だが、滋味溢れる戦争映画を少なからず作ったマイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガー共同監督作品だけに、これもまた興趣に富む作品である。 第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「上海特急」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1932年アメリカ映画 監督ジョゼフ・ヴォン・スタンバーグ ネタバレあり 「嘆きの天使」「モロッコ」「間諜X27]に続く、ジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督=マレーネ・ディートリッヒ主演コンビ作第4弾。再鑑賞。 悪名高い白人美女マレーネ(役名上海リリー)の乗る北京発上海行きの汽車には様々な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サンダカン八番娼館 望郷」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1974年日本映画 監督・熊井啓 ネタバレあり ポスター等を見ると解るように、本作のタイトルは「望郷」であって、原作由来の「サンダカン八番娼館」はサブタイトル。しかし、当ブログでは一応順番通りに“さ行”扱いにする。 からゆき(唐行き)さんをテーマにした山崎朋子のノンフィクションを社会派熊井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・ヤクザ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1974年アメリカ=日本合作映画 監督シドニー・ポラック ネタバレあり 40年位前にTVのカット版で観たけなので、完全版は今回が初めて。 取引先の日本のヤクザ岡田英次の一味に娘を誘拐された実業家ブライアン・キースが娘を取り戻してほしいと元刑事の私立探偵ロバート・ミッチャムに頼む。  ミッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「事件」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1978年日本映画 監督・野村芳太郎 ネタバレあり 松本清張の映画化を得意とした野村芳太郎監督の法廷ミステリーだが、純文学の大岡昇平の小説の映画化なので切り口が清張とは違うものになっている。少年法に絡む論点を出すのは当時としては相当新鮮。40年ぶりの再鑑賞。 現在。神奈川県厚木のバーのママ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画評「審判」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1962年フランス=イタリア=西ドイツ合作映画 監督オースン・ウェルズ ネタバレあり 高校生の時に文学全集のカフカの巻を借りてきて「変身」「審判」「城」を読んだ。編が進むに連れて段々わけが解らなくなる感じがあり、「変身」以外はお話も忘れてしまった。  後年ビデオを買ってこの「審判」を見たが、や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「上海から来た女」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1947年アメリカ映画 監督オースン・ウェルズ ネタバレあり 初期のオースン・ウェルズの作品は日本では見られず、大分時間を経て輸入された。本作も製作から30年経った1977年に日本で劇場公開され、僕も映画館で観た。  一部に解りにくいという評があるのは、製作会社による大幅カットのせいかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スマホを落としただけなのに」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・中田秀夫 ネタバレあり 志駕晃のミステリー・サスペンスをホラー映画に実績のある中田秀夫が映画化。 原作に難があるのかもしれないが、実にとっちらかっている。原作がダメであったのなら、脚色で整理すればもう少し格好がついたであろうし、逆に原作を脚色が台無しにした可能性もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジュリアン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年フランス映画 監督グザヴィエ・ルグラン ネタバレあり ベネチア映画祭で監督賞、セザール賞(フランス版アカデミー賞)で作品賞を獲っているが、近年日本人が幾つかの不幸なDV→児童虐待事件を知った後見ると物足りなく感じる作品であろう。 暴力的な夫ドゥニ・メノーシェと離婚した中年夫人レア・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「セントラル・インテリジェンス」

☆☆(4点/10点満点中) 2016年アメリカ=中国合作映画 監督ロースン・マーシャル・ターバー ネタバレあり 駄弁が煩わしくその結果やたらに長くなっているためにうんざりさせられた「バッドボーイズ」シリーズ(特に続編)を少し思わせるバディもの。刑事映画ではないが、最終的には似たようなところに落着する。 高校時代は総代を務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スターリンの葬送狂騒曲」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年イギリス=フランス=ベルギー=カナダ=アメリカ合作映画 監督アルマンドー・イアヌッチ ネタバレあり 西洋の本来の定義では、トラジディ以外は全てコメディであるから、本作は紛れもないコメディである。そこまで定義を広げなくても、本作の実在人物のみっともないドタバタぶりは諧謔要素満点である。陰惨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「勝負師」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1958年フランス映画 監督クロード・オータン=ララ ネタバレあり ドストエフスキーの数少ない未読作品たる中編小説「賭博者」を今日読み終えた。そこで、それをフランスのクロード・オータン=ララが映画化したこの作品を久しぶりに観て、比べてみることにする。 ドイツの温泉地バーデン=バーデン(原作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「さびしんぼう」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1985年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり WOWOWが大林宣彦監督特集(6本)を組んでいるが、本作は昔録ったライブラリーから。 30年くらい前に初めて観た時は、前半に満載されるはしゃぎ過ぎたギャグに足を引っ張られて世評ほど良いとは思わなかったが、今回は非常に感動した。こういうノスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「シャットダウン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年チェコ=スロヴァキア合作映画 監督カレル・ヤナーク ネタバレあり 一応SFというジャンルに入るのかもしれないが、現在のIT社会は潜在的に、本作が見せる内容に限りなく近いので、実質的に殆ど一般的なサスペンスと言って良い。日本劇場未公開作品。 IT会社の設計者たるヴォイチェク・ディクを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・大根仁 ネタバレあり 韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」の、7年後の日本でのリメイク。 リメイクはオリジナルから大きく変えても文句を言われる宿命だが、ここまで同じでは作者に無気力の誹りは免れない。リメイクというより忠実な翻訳だろう。  というわけで物語は昨日の作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サニー 永遠の仲間たち」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年韓国映画 監督カン・ヒョンチョル ネタバレあり ご贔屓広瀬すずが主演する映画なら大概観るので「SUNNY 強い気持ち・強い愛」という作品を鑑賞予定に入れた。ところが、これが韓国映画のリメイクということだったので、例によって例の如く前半大いに笑わせて後半しんみりという泥臭い作りと予想しつつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「search/サーチ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年アメリカ=ロシア合作映画 監督アニーシュ・チャガンティ ネタバレあり ワン・アイデアで成功した作品と言えば「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999年)を思い浮かべる。「パラノーマル・アクティビティ」はその作品を嚆矢とする全編POV手法を再利用した二番煎じである上に、定点カメラという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「さよならの朝に約束の花をかざろう」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・岡田麿里 ネタバレあり WOWOWで観るべきものを放映してくれない週間に入り再鑑賞を続けたが、三日続くともなると何なので、今年初めに録画した後放置していたこの日本のアニメ作品を観てみた。どんな話なのか殆ど知らないまま鑑賞開始。 極めて中世欧州的な世界。イオルフと呼ば…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年スウェーデン=ドイツ=フランス=デンマーク合作映画 監督リューベン・オストルンド ネタバレあり 「フレンチアルプスで起きたこと」のリューベン・オストルンド監督の新作。前述作品は途中までの僕の理解が正しくなかったせいもあって高く評価できなかったのだが、本作は作者の狙いが早めに、恐らくはほ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年イギリス=アイルランド合作映画 監督ヨルゴス・ランティモス ネタバレあり 「籠の中の乙女」「ロブスター」といった変だけどなかなか面白い作品を作るギリシャ人監督ヨルゴス・ランティモスの最新作。これも奇妙な内容であるが、スリラーと考えれば一番普通に近い作品と言って良い。とりあえずお話。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「戦艦ポチョムキン」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1925年アメリカ映画 監督セルゲイ・M・エイゼンシュテイン ネタバレあり セルゲイ・M・エイゼンシュテインがモンタージュ理論を確立した作品として余りにも有名だから、映画ファンなら一度は観ておかねばならない。僕自身は、1980年池袋文芸坐で観たのが最初で、今回は今世紀初めにNHK-BS2が放…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

映画評「空飛ぶタイヤ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・本木克英 ネタバレあり 連休の初めに愚兄がタイヤ交換をしていたのを見て三菱自動車の脱輪事故に話が及んだ。何とそれから何日もしないうちに三菱自動車のリコール隠し事件をモデルにした経済サスペンス映画を観ることになるとは。原作は池井戸潤。話題になったTVドラマ「半沢直樹」は観…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画評「三尺魂」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・加藤悦生 ネタバレあり WOWOWのパンフレットでタイムループものと知り、二か月前に「アルカディア」という低予算のタイムループものを観たばかりということもあって、この手の相場通り低予算のワン・シチュエーションものなのだろう…と鑑賞しようかどうか少し逡巡したが、邦画らしいア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年カナダ=アイルランド合作映画 監督アシュリング・ウォルシュ ネタバレあり 日本では殆ど知られていないカナダの女流画家モード・ルイスの伝記映画であるが、その扱いは一般的な人生ドラマ。彼女は、画家と言っても、日本で言えば山下清のような、画壇に属しない庶民画家である。 カナダ。リューマ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

 映画評「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年アメリカ=日本=中国合作映画 監督アレックス・カーツマン ネタバレあり 1932年に作られた「ミイラ再生」(鑑賞済)は1999年に「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」としてリメイクされたが、20年も経たないうちに再リメイクでござる。ユニヴァーサルがかつてのホラー映画を再生(再利用?)する“…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

映画評「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年イギリス=ベルギー=アメリカ合作映画 監督テレンス・デイヴィス ネタバレあり アメリカの女流詩人エミリー・ディキンスン(1830-1886)は名前は知っているが、読んだことはない。彼女の人生についてもよく知らない。  満55歳で亡くなったことは当時の平均寿命を考えると特別短命というわけ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・キング」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年韓国映画 監督ハン・ジェリム ネタバレあり WOWOWは韓国映画を大量に放映しているが、韓国映画特集ではまず観ることがないので、【W座からの招待状】のような特別扱いは良いのかもしれない。最近この名物番組のセレクションは、中級邦画の増加など眼を覆いたくなる酷さなのであるが、この作品の中味は…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スワンの恋」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1983年フランス=西ドイツ合作映画 監督フォルカー・シュレンドルフ ネタバレあり 長い小説を色々と読んでいる中、恐らく一番苦労したのがマルセル・プルーストの「失われた時を求めて」である。長いだけでなく恐ろしく低回的でうんざりしたのである。ちょっとした心境を述べる一段だけで百ページくらいあったりす…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画評「坂道のアポロン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・三木孝浩 ネタバレあり 中学生以降コミックは殆ど読まない。それだけでなく関心もないから大昔のものを別にすれば作者も作品名も知らないことが多い。僕が知っているのは頭の体操の為に連日やっているクイズで出て来る作品くらいで、本作もそれで知った。この漫画で扱われている音楽ジャンル…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スイート・チャリティ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1968年アメリカ映画 監督ボブ・フォッシー ネタバレあり フェデリコ・フェリーニの作品群の中で一番好きと言って良い「カビリアの夜」(1957年)の舞台をアメリカのニューヨークに移してミュージカル映画化したボブ・フォッシーの映画監督デビュー作。お話の骨格は「カビリアの夜」と大体同じだが、幾分マイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more