テーマ:ドラマ

映画評「明日の食卓」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2021年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり 近年瀬々敬久監督はもの凄い勢いで作品を作っている。2014年以降TV映画を除いても7年で14本である。殆どがジャンル映画でないのにこの本数はどうかしている。 それはさておき、本作は椰月美智子という女性作家の長編小説を映画化したもので、瀬々監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「罪と女王」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年デンマーク=スウェーデン合作映画 監督マイ・エル=トーキー ネタバレあり ミヒャエル・ハネケの「ファニー・ゲーム」(僕が観たのはリメイクのみ)程ではないにしても、後味が相当悪いので、余り良い点を指定する気になれない。後味が悪いだけで低い点にするほど青臭くはないわけで、人間を見る上で納得で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ホテルローヤル」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・武正晴 ネタバレあり 桜木紫乃が直木賞を受賞した同名の連作短編集を武正晴監督が映画化した。最近日本では連作短編集の映画化が少なくないが、連作短編集なるものがそれほど多いとも思えないので不思議な感じがする。現代文学に疎い僕が言うことだから当てにならないが。 舞台は北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「おもかげ」(2019年)

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年スペイン=フランス合作映画 監督ロドリゴ・ソロゴイェン ネタバレあり スペインの監督ロドリゴ・ソロゴイェンが、評判を呼んだという、同名短編のその後を描いて長編にしたドラマ。短編を流用したのか、撮影し直したのは解らない。流用なら変わり種と言えるだろう。作り直しであれば邦画でも「犬猫」(20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「羊飼いと風船」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年中国映画 監督ペマ・ツェテン ネタバレあり 中国の一人っ子政策の弊害を被るチベット自治区の生活を綴ったドラマである。 チベットの草原で暮らす羊飼いの三世代家族。一人っ子政策に反して三人の子供を産んだドルマル(ソナム・ワンモ)は避妊したくても下の子供二人がコンドームを風船代わりにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ある画家の数奇な運命」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2018年ドイツ=イタリア合作映画 監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク ネタバレあり 文学と同じで美術に関する僕の知識は現代美術以前に止まっている。従って、本作のモデルとされるドイツの現代美術家ゲルハルト・リヒターは名前すら知らない。 邦題はやや大袈裟な感じもするが、皮肉な運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ナイチンゲール」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年オーストラリア映画 監督ジェニファー・ケント ネタバレあり アメリカのリベラルと言われる人々が先祖たちの行った旧悪に対して罪悪感を禁じ得ないことが、ポリティカル・コレクトネスと言われる現象を通じてよく感じられる。  戦後、日本の人権に関心のある人々は太平洋戦争とそれ以前に行ってきた行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2018年フィンランド映画 監督クラウス・ハロ ネタバレあり 盲目の聖職者と元女囚の交流を描いた「ヤコブへの手紙」(2009年)という作品に甚だ感心させられたフィンランドの監督クラウス・ハロの最新作。モチーフ的に前述作と重なるところがある。 72歳の老画商オラヴィ(ヘイッキ・ノウシアイネン…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画評「ホモ・サピエンスの涙」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年スウェーデン=ドイツ=ノルウェー=フランス合作映画 監督ロイ・アンデション ネタバレあり ロイ・アンデション(映画サイトではロイ・アンダーソンと英語風発音に表記しているが、スウェーデン人なので実際の発音に近い表記を僕は採る)は「純愛日記」(1970年)で日本に初お目見えしたが、暫くご無沙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アーニャは、きっと来る」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2020年イギリス=ベルギー合作映画 監督ベン・クックスン ネタバレあり 戦争ファンタジーとでも言いたくなる「戦火の馬」の原作を書いたマイケル・モーパーゴの児童文学の映画化。  前回とは違って今回は第二次大戦中のユダヤ人絡みのお話で、最近ホロコースト絡みの作品が多いので “またか”という気持ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「博士と狂人」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2019年イギリス=アメリカ=アイルランド=フランス=メキシコ=ベルギー合作映画 監督ファラド・サフィニア ネタバレあり 英国版「舟を編む」である。この作品でも舟に喩えられているように、辞書作りとはそういうものなのだろう。「舟を編む」の作者三浦しおんも、本作で扱われるオックスフォード英語大辞典(…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

映画評「マティアス&マキシム」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年カナダ映画 監督グザヴィエ・ドラン ネタバレあり グザヴィエ・ドランは退屈するという意味において苦手である。本作は彼の監督作品と知らずに観たが、今までの中で一番退屈したと思う。  僕はお話の退屈度で評価はしない。どんなに退屈させられても、映画としての結構が整っていれば☆☆★くらいは付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年アメリカ=イギリス合作映画 監督ニーシャ・ガナトラ ネタバレあり このところ公開される音楽関係のドラマ映画に良いものが多い。傑作とは言えないまでも後味が良いものが目立つ。しかし、邦題サブタイトルの “ふたり” が誰を指すのか不明でござる。 大ベテランで暫くスタジオ・アルバムを出して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ミッドナイトスワン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・内田英治 ネタバレあり トランスジェンダーと性同一性障害は別物らしいが、僕にはよくその違いが解らない。本作にはどちらの単語も出て来ないが、映画サイトでの紹介では主人公はトランスジェンダーとあり、本編を見ると本人は性同一性障害に苦しんでいる。本作は区別していないということに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ペイン・アンド・グローリー」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2019年スペイン=フランス合作映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり ペドロ・アルモドバル監督の最新作(公開待機中のものを除く)は自伝的映画あるい私小説映画である。紹介の文章を読まずとも、彼の作品をずっと観て来た人ならピンと来る内容である。 ベテランの映画監督サルバドール(アントニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ライブ・フレッシュ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1997年スペイン=フランス合作映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり ペドロ・アルモドバル監督の作品は大体見て来たが、新作以外で珍しく本作は未鑑賞。多分WOWOWに出て来なかったのだろう。 1970年戒厳令下のスペインで、娼婦(ペネロペ・クルス)がバスの中で出産する。  ビクトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「82年生まれ、キム・ジヨン」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年韓国映画 監督キム・ドヨン ネタバレあり 新聞の文芸欄でこの題名を読んだことがある。勿論、そこで取り上げられた小説の地元・韓国による映画化である。ストーリーよりメッセージという印象がある為、余り梗概を書く気が起こらないのだが、簡単に書いてみる。 キム・ジヨン(チョン・ユミ)は30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ルース・エドガー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ジュリアス・オナー ネタバレあり ティム・ロスとナオミ・ワッツの白人夫婦がエチオピアの隣国エリトリアの難民少年を引き取って白人のような名前を授けてから十年後のこと。  頗る優秀な黒人生徒になった彼ケルヴィン・ハリスン・ジュニアが、黒人の歴史教師オクタヴィア・スペンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アンティークの祝祭」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年フランス映画 監督ジュリー・ベルトゥチェリ ネタバレあり 一月前に観た幻想的コメディー「今宵、212号室で」では確執の相手が夫だったキアラ・マストロヤンニが、今度は母親を確執の対象とする、これもまた一種の幻想譚である。但し、主人公はその母親である。 80歳絡みで認知症の問題も多少抱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「チア・アップ!」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=イギリス合作映画 監督ザラ・ヘイズ ネタバレあり 高齢者が何か思い切ったことをやるというのは「最高の人生の見つけ方」(2007年)以来一ジャンルを形成しつつあるが、本作もそれに沿った内容。 末期ガンを患う元教師ダイアン・キートンが都会の住居を去って、ある町にある老人ばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「フランクおじさん」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2020年アメリカ映画 監督アラン・ボール ネタバレあり アマゾン・プライム配信による日本公開。 脚本・監督のアラン・ボールはTV畑の人だが、サム・メンデス監督の秀作「アメリカン・ビューティー」(1999年)の脚本を書いている実力者。今回はかの作品よりぐっと解りやすい。 1973年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「僕のワンダフル・ジャーニー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=中国=香港=インド合作映画 監督ゲイル・マンキューソ ネタバレあり 「僕のワンダフル・ライフ」の続編。 孤独な初老男性イーサン(デニス・クェイド)が、転生を続けるワンちゃんのおかげで、今は孫もいる初恋の女性ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)と結ばれた前編最後の直後からお話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「フェアウェル」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ=中国合作映画 監督ルル・ワン ネタバレあり 台湾製アニメ「幸福路のチー」と似ているところがある。 幼年期に両親と共に渡米して帰化した30歳くらいの中国系女性ビリー(オークワフィナ)は、中国にいる父方の祖母ナイナイ(チャオ・シュウチェン)が大好き。しかし、その祖母が末期が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ジョー・タルボット ネタバレあり 仲の良い黒人二人を主人公にしながら、最近アメリカ映画に溢れている直球の社会派映画になっていないところが良い。この間観た邦画「糸」に似て、大雑把に言えば “故郷は良い” という内容で、主人公を演じるジミー・フェイルズの自伝的作品というこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「その手に触れるまで」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年ベルギー=フランス合作映画 監督ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ ネタバレあり ジャン=ピエールとリュックのダルデンヌ兄弟の作品は大体において曖昧なままに終わり、観客をもやもやさせるが、観る人が観ればそのもやもやが寧ろ人生の真理であると気づかせ、納得させられるのだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ジョーンの秘密」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年イギリス映画 監督トレヴァー・ナン ネタバレあり 最初に実話云々と出るので、実話ものかと思いきや、着想を得ただけのフィクションらしい。この程度のものであれば相当多くのフィクションが実話絡みになってしまう。日本だけでなく、西洋人も実話という単語に弱いのかと勘ぐりたくなりますな。 実話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「パブリック 図書館の奇跡」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督エミリオ・エステヴェス ネタバレあり ドキュメンタリー「ニューヨーク公共図書館~エクス・リブレス」と併せて見ると面白い図書館を巡る騒動を描いた人間劇である。男優エミリオ・エステヴェスの主演も兼ねた脚本・監督作。 シンシナティ。エステヴェスは公立図書館の図書館員で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ある女優の不在」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2018年イラン=アメリカ合作映画 監督ジャファル・パナヒ ネタバレあり ジャファル・パナヒ監督の前作「人生タクシー」はメタフィクションとして非常に面白く観た。本作も前回同様監督が映画監督として出演もし、やはりメタフィクション的ではあるが、本作はドキュメンタリーとフィクションの中間を行く作品とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「星の子」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・大森立嗣 ネタバレあり 今村夏子の同名小説を大森立嗣が映画化したドラマ。 現在中学3年生のちひろ(中学時代:芦田愛菜)は生まれた時から病弱で、生後間もないうちの湿疹に手を焼いた時にある新興宗教が売る水を使って(偶然かもしれないが)回復、父(永瀬正敏)と母(原田知世)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ソワレ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・外山文治 ネタバレあり 面白いかつまらないかを別にして、本作のように、真剣に人を見つめるオリジナル脚本の作品が多く作られることが望まれる。現在日本では青春映画が多いが、コミックにばかり頼るのでは映画ファン層はやがて空中分解して消失するだろうと危惧している。  実際本ブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more