テーマ:ドラマ

映画評「ハナレイ・ベイ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・松永大司 ネタバレあり 村上春樹の短編小説の映画化ということで観てみた。 ハワイのカウアイ島で日本人少年タカシ(佐野玲於)サーフィン中に鮫に襲われ落命する。シングルマザーのサチ(吉田羊)は現地で火葬し、現地の官憲が取っておいてくれた手形を受け取らずに帰国する。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「野のなななのか」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 大林宣彦監督による【戦争三部作】第2作。圧倒された前作「この空の花 長岡花火物語」を踏襲したところが多く、その登場人物であった山下清らしき人物が一列に並んだ楽隊の最後尾で太鼓を叩いている遊びまである。しかし、本作は前作ほど混沌としていないが故に却…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「食べる女」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・生野慈朗 ネタバレあり これも小説(筒井ともみ)の映画化ということで見たのだが、また空振り気味。 古書店経営で雑文書きの女性小泉今日子の許には様々な女性が集まって来る。  同世代は料理店経営の鈴木京香で、彼女から外国女性シャーロット・ケイト・フォックスに間貸しを頼…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「億男」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり 今月は邦画ばかりになりそうだから、若い俳優が出る作品はなるべく避けようとしているのだが、本作はコミックではなく小説(川村元気)の映画化と知ったので、観ることにした。 偶然もらった宝くじが大当たりして3億円を当てた図書館司書の男性・佐藤健が大金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「この空の花 長岡花火物語」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 大林宣彦の作品は殆ど観て来たのだが、近作はWOWOWに登場しないこともあって、見られずにいた。今回WOWOWは「花筐/HANAGATAMI」の初放映に合わせて全6作の特集を組んだ。初期の3本と、戦争三部作と言われる近作3本である。できれば、もっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「皆殺しの天使」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1962年メキシコ映画 監督ルイス・ブニュエル ネタバレあり 独裁政権のスペインから逃避していたメキシコでのルイス・ブニュエルは解りやすい作品ばかりだが、これは例外的にシュール。難解というよりシュールなのである。再鑑賞。 上流階級のパーティーを準備していた召使たちが、彼らが外から帰ってくる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「プーと大人になった僕」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年イギリス=アメリカ合作映画 監督マーク・フォースター ネタバレあり マーク・フォースターはやはり英国正統派ドラマを撮るのがふさわしい。同じ英国でもせわしい「007/慰めの報酬」(2008年)では彼のショット感覚の良さが全く発揮できなかった。 以前「ネバーランド」(2004年)で“…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「僕のワンダフル・ライフ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年アメリカ=インド合作映画 監督ラッセ・ハルストレム ネタバレあり 日本でその名を知らしめた「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」(1985年)のラッセ・ハルストレムはアメリカに定着して日本でお馴染みハチ公のアメリカ版「HACHI 約束の犬」(2008年)を作った。犬映画の実績がある為か、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「焼肉ドラゴン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・鄭義信 ネタバレあり 「月はどっちに出ている」「愛を乞う人」「血と骨」で三度キネマ旬報脚本賞を獲っている鄭義信の初監督作品である。原作は彼自身の戯曲で、勿論脚色も担当している。 空港近くの朝鮮人コミュニティー(大阪空港横の伊丹市中村がモデル)が舞台で、大阪万博一年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「猫は抱くもの」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・犬童一心 ネタバレあり 大山淳子の同名連作短編集の映画化。「グーグーだって猫である」で実績があるせいか、犬童一心が監督に選ばれた。 アイドル・グループの一員だった大石沙織(沢尻エリカ)は現在スーパーのレジ担当をしている。身を棄てて奮闘したものの思ったように人生が進ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「見えない太陽」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年フランス=ドイツ合作映画 監督アンドレ・テシネ ネタバレあり ご無沙汰だったアンドレ・テシネ監督の劇場未公開作品。今年発表された新作で、カトリーヌ・ドヌーヴ主演なので観てみた。 フランス。乗馬場を営む老婦人カトリーヌは、カナダにいる父親と離れて暮らす孫ケイシー・モッテ・クラインを非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「プレイス・イン・ザ・ハート」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1984年アメリカ映画 監督ロバート・ベントン ネタバレあり 昨日の作品と関連付けられる作品なのだが、その共通因子は何であるか解る人はかなりの映画通でござる。どちらもロバート・ベントンの脚本作品ということ。但し「俺たちに明日はない」はデーヴィッド・ニューマンとの共作だった。本作は「クレイマー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「氷点」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1966年日本映画 監督・山本薩夫 ネタバレあり 1980年代に一度観ているが、今回三浦綾子の小説(原作)を読んだので、併せて再鑑賞することにした。 終戦直後、総合病院を経営する辻口啓造(船越英二)の3歳になる娘ルリ子が、母親・夏枝(若尾文子)が病院の眼科医・村井(成田三樹夫)に迫られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「体操しようよ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・菊池健雄 ネタバレあり 主人公は38年勤めて定年退職ということだから多分60歳なのだろう。僕は現在ほぼ同世代であるので、シネフィル的な分析をすると特にな~んということない作品と言うべきなのだが、共感したり身に染みるところが多く、★一つがとこ余分に進呈する。同時に、演ずる草…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

映画評「エヴァ」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年フランス=ベルギー合作映画 監督ブノワ・ジャコー ネタバレあり イザベル・ユペールが主演なので観てみたが、失望した。ブノワ・ジャコーの作品で面白いものに当たった例(ためし)がない。  どこかで触れたお話と思いつつ結局しかと掴めなかったのだが、IMDbで原作がジェイムズ・ハドリー・チェイス…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画評「ライオンは今夜死ぬ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年フランス=日本合作映画 監督・諏訪敦彦 ネタバレあり 諏訪敦彦という人は、映画監督と言われているが、(少なくとも前作までは)ごく曖昧なアウトラインの脚本だけ書き、即興演出で台詞は俳優任せ、カメラは撮影監督任せと聞くに及び、映画製作に口を突っ込む製作者に等しいのではないかと感じた。「不完全…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「Vision ビジョン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本=フランス合作映画 監督・河瀬直美 ネタバレあり 「あん」「光」と解りやすい作品を作ったので方針変更したのかと思っていた河瀬直美が良くも悪しくも原点回帰したような新作。 フランスの紀行作家ジュリエット・ビノシュが留学中の日本人女性・美波に伴われて奈良県吉野へビジョン(visio…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「海と毒薬」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1986年日本映画 監督・熊井啓 ネタバレあり およそ30年ぶりの再鑑賞。遠藤周作の原作はそれより10年くらい前に読んでいた。原作は戦中に起きた九州大学生体解剖事件に取材しているが、人物配置はフィクショナル。テーマは人間の“罪と罰”である。 1945年の九州。大学の医学部長の地位を巡って第…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「モニカ・ベルッチの情事」

☆★(3点/10点満点中) 1991年イタリア映画 監督フランチェスコ・ラウダディオ ネタバレあり 再鑑賞したい作品にミケランジェロ・アントニオーニの「情事」(1961年)があるが、こちらは同じイタリアで30年後に作られた「モニカ・ベルッチの情事」である。勿論両者に何の関係もない。言葉遊びでござる。 実業家の夫が莫大な借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「悦楽の貴婦人」

☆☆★(5点/10点満点中) 1977年イタリア映画 監督マルコ・ヴィカリオ ネタバレあり 「黄金の七人」シリーズで知られる監督マルコ・ヴィカリオ監督としては「ああ情熱」(1973年)の姉妹編のような内容で、日本では劇場未公開。邦題から期待されるほどのエロ系映画ではない。 19世紀末くらいのイタリア。酒を売るなどしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ミッドナイト・バス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・竹下昌男 ネタバレあり ブルーレイの録画時間を見たら165分もあって今日の鑑賞は止めようかと思った。上映(放映)時間は157分で、特別に長いという程ではないが、最近忙しく映画鑑賞に2時間半も割けないという事情があったのだ。30分の違いが大違い。しかし、結局観たのは正解だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ミッドナイト・エクスプレス」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1978年イギリス=アメリカ合作映画 監督アラン・パーカー ネタバレあり もう40年も前かあ。 40年前に非常に話題になったアラン・パーカー監督の秀作で、トルコが舞台のトルコに都合の悪い実話ものにつき、トルコ大使館から日本政府に上映を中止するよう申し入れがあったと記憶する。後年“トルコ風呂…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

映画評「禁じられた遊び」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1952年フランス映画 監督ルネ・クレマン ネタバレあり 好きなフランス人監督を3人挙げろと言われれば、ジュリアン・デュヴィヴィエ、ルネ・クレマン、フランソワ・トリュフォーを挙げる。興味深いことに、前二者は最後の一人トリュフォーに非難されたのである。後年トリュフォーは過ちを認めたそうであるが…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

映画評「はじめてのおもてなし」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年ドイツ映画 監督ジーモン・ファーホーフェン ネタバレあり 「女は二度決断する」「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に続いてまたまた欧州の移民問題絡み。「女は二度決断する」同様にドイツ映画だ。やはりあれだけ大量に移民・難民を受け行け入れれば自ずと社会に歪が出、こういう作品が次々と生まれること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ワンダー 君は太陽」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2017年アメリカ=香港合作映画 監督スティーヴン・チョボウスキー ネタバレあり 女流児童文学者R・J・パラシオのベストセラー児童小説の映画化。良いお話を映画化しても良い映画になるわけではないが、これは実に良い映画に仕上がっている。2,3年に一本しか出さない☆☆☆☆★と1年に十本以上は出す☆☆☆…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年スウェーデン=ドイツ=フランス=デンマーク合作映画 監督リューベン・オストルンド ネタバレあり 「フレンチアルプスで起きたこと」のリューベン・オストルンド監督の新作。前述作品は途中までの僕の理解が正しくなかったせいもあって高く評価できなかったのだが、本作は作者の狙いが早めに、恐らくはほ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「BPM ビート・パー・ミニット」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年フランス映画 監督ロバン・カンピヨ ネタバレあり エイズが完全に不治の病であった1990年代初めのお話。申し訳ないが、証文の出し遅れのような印象が強い上に、予想外にも苦手な同性愛の描写が多く、余り好意的な感想は書けない。 個人主義者なので、同性愛者ついては何とも思わないものの、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ローサは密告された」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年フィリピン映画 監督ブリランテ・メンドーサ ネタバレあり ジャクリン・ホセがカンヌ映画祭の女優賞を獲ったフィリピン映画ということで観てみた。ついでに最高賞パルムドール候補としても出品されているが、僕の映画観では受賞どころか出品に値する作品と言えない。今月観た作品の平均にさえ達していないと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「女は二度決断する」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年ドイツ=フランス=イタリア合作映画 監督ファティ・アキン ネタバレあり ファティ・アキンというトルコ系ドイツ人監督は、2007年の「そして、私たちは愛に帰る」が素晴らしかった。この作は共通する部分の多い内容であるが、前述作に比べると作劇的に繊細さを欠く。 純粋ドイツ人の美人ダイアン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ローズの秘密の頁」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アイルランド映画 監督ジム・シェリダン ネタバレあり アイルランドの作家セバスチャン・バリーのベストセラーをジム・シェリダンが映画化した作品で、ベストセラーになった理由が解る、恋愛以外の意味で“ロマンティックな”物語である。 キリスト教系の古い精神病院が取り壊されることになり、第二…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more