テーマ:ホラー映画

映画評「来る」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・中島哲也 ネタバレあり 澤村伊智というホラー作家の小説「ぼぎわんが、来る」を中島哲也監督が映画化。全体としては、日本の「エクソシスト」である。 ブログで子煩悩ぶり、イクメンぶりを発揮していた秀樹(妻夫木聡)が、子供時代に知り合いの少女に言われた恐ろしい霊的存在が遂に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「クワイエット・プレイス」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ジョン・クラシンスキー ネタバレあり 廃墟となって品物だけが残された店。その中で家族と思われる5人の男女が手が足音を立てぬよう歩き、話で会話をしている。何事なのか。やがて店や家々に貼られている新聞や張り紙により、隕石と共に地球に辿り着いた視覚のないエイリアンが音を頼りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ゴースト・ストーリーズ~英国幽霊奇談~」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年イギリス映画 監督ジェレミー・ダイスン、アンディ・ナイマン 重要なネタバレあり。鑑賞予定の方は読まない方が無難。 邦題が少し面白そうな雰囲気を醸し出していること、舞台の映画化ということに興味を覚えて観てみる。 英国版大槻教授ことグッドマン教授(アンディ・ナイマン)がインチキ超常現象を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ヘレディタリー/継承」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督アリ・アスター 重要なネタバレあり ホラー映画は資金が少なくても済む場合が多く昨今は色々と作られているが、優れた面白いものになかなか当たらないので観ずに済ますことが多くなった。本作は無条件に観る【W座からの招待状】で紹介される作品だから観た次第。結論から言えばまずまずし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「HOUSE/ハウス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1977年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 大林宣彦のメジャー映画デビュー作で、40年ぶりくらいの再鑑賞。 夏休み。仲良し女子高生7人が、映画音楽作曲家の娘・池上季実子の伯母・南田洋子が住む古い屋敷に行くことになる。彼女の亡き母親も少女時代に住んでいた実家である。しかし、行かず後家の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「累ーかさねー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・佐藤祐市 ネタバレあり 松浦だるまという漫画家のコミックの映画化であるそうだが、作者はちょっとした文芸ファンのようですな。「累」というのは実は日本の怪談の定番で、本作とは直接関係はないものの、明らかに関連性はある。関連性に触れる前に少し梗概をば。 12年前に亡くなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「マッド・ダディ」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年アメリカ=イギリス合作映画 監督ブライアン・テイラー ネタバレあり ニコラス・ケイジ主演映画シリーズ第3弾はホラー映画。お話の新味という点では一番であるが、行動原理や行動心理学という観点を全く無視しているので、それほど高く評価できない。 高校生の娘アン・ウィンターズ、小学高学年の息子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「不能犯」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・白石晃士 ネタバレあり 同名のコミック(物語:宮月新、画:神崎裕也)を映画化。映画サイトにはサスペンスとあるが、一種のホラーと言って良い。 電話ボックスに殺人の依頼を書いたメモを貼り付けると、それを実行してくれる男がいる。自称・宇相吹正(松坂桃李)である。しかし、依…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アンセイン~狂気の真実~」

☆☆(4点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督スティーヴン・ソダーバーグ ネタバレあり 一向に観る気を起こさない安っぽい邦題なので不安を覚えつつ、それほど信用は出来ないが一応名前の知られたスティーヴン・ソダーバーグが監督をしているので観てみたら、案の定未公開でした。 ご存知のように、saneの否定形はinsan…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ウィッチ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年アメリカ=イギリス=カナダ合作映画 監督ロバート・エガーズ ネタバレあり 17世紀清教徒が移住して出来た入植地ニュー・イングランド(米国北東部)の狂信をテーマにした有名な作品に、アーサー・ミラーが書いた戯曲「るつぼ」がある。「サレムの魔女」(1956年)や「クルーシブル」(1996年)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・リング/リバース」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督F・ハビエル・グティエレス ネタバレあり 今さらジロー、もう少し難しい言葉で言えば“証文の出し遅れ”で余り感興も湧かないけれど、日本発ホラー映画のアメリカ版第3弾ということで、これまで通りお付き合いすることにした。 基本的には日本版と同じで、貞子に相当するサマラとい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年アメリカ=カナダ合作映画 監督アンディ・ムスキエッティ ネタバレあり 僕はWOWOW開局と共に見始めた人間で、その翌年くらいにスティーヴン・キング原作のTV映画(ミニ・シリーズ)「イット」が放映されたように記憶している。しかし、ミニ・シリーズを観るほど暇ではなかったので、見なかった。それ…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

映画評「こどもつかい」

☆★(3点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・清水崇 ネタバレあり 清水崇は我が群馬県出身なのでご贔屓にしたいが、できない。世評の良かったビデオ版「呪怨」は連作二本を一本として評価すれば、怖いだけにホラー映画として悪くない評価は出来たかもしれないが、実際には一本ごとに評価、ドラマツルギー的に全くまとまっていなかった為に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「グリーンルーム」

☆☆(4点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ジェレミー・ソルニエ ネタバレあり 「ブルー・リベンジ」という注目すべき暴力映画の小品を作った新鋭ジェレミー・ソルニエが、やはり暴力をテーマに作ったホラー映画である。 全く売れないし、大物になる気もなさそうなパンク・ロック・バンドが、知り合いのツテでネオナチの巣窟で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「オペラ座/血の喝采」

☆☆★(5点/10点満点中) 1987年イタリア映画 監督ダリオ・アルジェント ネタバレあり 一部でダリオ・アルジェントが好きではないかという憶測がなされている僕であるが、映画文法的に映画を見て評価する傾向がある僕には不満が多いのが彼に関する実際。  本作は、20年前に本邦で公開されたものより11分ほど長い完全版で、日本公開…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「セル」

☆☆(4点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督トッド・ウィリアムズ ネタバレあり スティーヴン・キングの映画化で面白いと思ったことは殆どない。「シャイニング」にしても世評ほど感心せず、まして御本人が気に入っていないらしい。いずれにしても、大体においてはキングの責任にあらず。しかし、本作は脚本に関わっているので、素材自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「哭声/コクソン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年韓国映画 監督ナ・ホンジン ネタバレあり 日本人は勿論、西洋人にも韓国映画ほどパワフルな作品はなかなか作れない。この作品は正に“恐れ入りました”と言いたくなる怪作である。様々な解釈が可能なのだが、トータルではオカルト映画と言って良いのではないかと思う。 とある山地の寒村で、一家の者…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「クリムゾン・ピーク」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ=カナダ合作映画 監督ギエルモ・デル・トロ ネタバレあり 20世紀初め、米国の実業家ジム・ビーヴァーの娘で作家志願ミア・ワシコウスカは、英国からやってきた準男爵トム・ヒドルストンと恋に落ちて間もなく、彼とその姉ジェシカ・チャステインの接近を金目当てと怪しむ父親が殺される事件が起き…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

映画評「高慢と偏見とゾンビ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ=イギリス合作映画 監督バー・スティアーズ ネタバレあり 数年前から原則的にゾンビ映画はご遠慮申し上げているが、これは何度か映像化もされているジェーン・オースティンの古典「高慢と偏見」のパロディーと思われたので、怖いもの見たさで観た。 上流の未婚女性が生きていくのが大変だっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年カナダ映画 監督ウーリー・エデル ネタバレあり 年間2~3本はその主演作を観ることができるニコラス・ケイジが主演するオカルト・ホラー。1960年代前半までは皆さんそうでしたがね。 ハロウィンがテーマなので、ケルトが絡んでくると思ったが、案の定悪霊となるのがアイルランド出身のケルト人…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「貞子vs伽椰子」

☆☆(4点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・白石晃士 ネタバレあり 初めて見たこの手の企画ものは「ドラゴンVS7人の吸血鬼」(1974年)。今思うに、ハイブリッドものの先駆けみたいなものですな。昨今はこの種も増えて色々あるが、近年では「バットマンVSスーパーマン」が面白味はともかく最大の巨編。本作に最も似たアイデアは…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画評「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり 「呪怨」のハリウッド版が作られる頃から日本のオカルト・ホラー新作を観なくなったので、実に久しぶり。食指が動かされたのは、とぼけた感じが良い竹内結子が主演で、話術に長けた中村義洋が監督だからである。そんなわけで昨今の傾向は解らないながら、このホラーは…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ノック・ノック」

☆☆(4点/10点満点中) 2015年アメリカ=チリ合作映画 監督イーライ・ロス ネタバレあり アーティストの妻イグナシア・アラマンドと二人の子供をヴァケーションに送り出した建築家のキアヌー・リーヴズが、深夜の雨中に現れた二人の妙齢美人ロレンツォ・イッツォとアナ・ダ・アルマスに親切にするが、呼んだタクシーが来たと告げに行った風…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ブラッド・アンダースン ネタバレあり エドガー・アラン・ポーの「タール博士とフェザー教授の療法」の映画化で、日本では上映会で公開されただけだから、劇場未公開に準ずる作品という位置づけで良いのだろう。この短編は、僕の調べた範囲で、過去欧州で5度映像化(全て本邦劇場未公開)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ロスト・バケーション」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ジャウマ・コレット=セラ ネタバレあり 人食い鮫を扱う映画が最近ぽつりぽつりと作られているようだ。もはや余り興味を惹かない素材だが、本作はもうご贔屓監督になったと言って良いであろうジャウマ・コレット=セラが監督をしているので、観ることにした。限られた要素の中でなかなか巧…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ヒメアノ~ル」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・吉田恵輔 ネタバレあり 吉田恵輔監督は「純喫茶磯辺」と「麦子さんと」を観ると妙齢女性の成長を描くのが好みなのかと思わせるが、古谷実という漫画家のコミックを映画化した本作は、昨今日本映画が得意とし始めた感のあるサイコパス映画で、趣が全然異なる。しかも前半は相当おとぼけがあ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アイアムアヒーロー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり ゾンビ系列は原則として観ないことにしているが、WOWOWの【メガヒット劇場】にかかったのでは観ないわけには行かない。尤も観始めてから気付いたわけだが。 アシスタントに落ち着いてしまったかつての有望漫画家・大泉洋が恋人・片瀬那奈に追い出された家…
トラックバック:7
コメント:5

続きを読むread more

映画評「クロノス」

☆☆★(5点/10点満点中) 1992年メキシコ映画 監督ギレルモ・デル・トロ ネタバレあり ギレルモ・デル・トロの長編デビュー作ということなので観てみた。 16世紀、錬金術師の時計職人が不死を願って機械仕掛けのフンコロガシ即ちタイトルとなっているクロノスを作る。  400年後に孫娘タマラ・サナスちゃんと暮らす骨董屋フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年ハンガリー=ドイツ=スウェーデン合作映画 監督コルネル・ムンドルッツォ ネタバレあり 1970年代に流行った動物パニック映画を思い出させる内容だが、なかなか面白い。 離婚した母親と暮らす13歳の少女ジョーフィア・プソッタが、母親の3か月の海外出張の間、別れた父親ジャンドール・ジョー…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

映画評「カリガリ博士」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1919年ドイツ映画 監督ロベルト・ヴィーネ ネタバレあり 映画黎明期多少遅れを取っていたドイツ映画が、映画以外の表現スタイルであった表現主義を取り入れて暫し欧州のトップランナーになった記念すべきサイレント映画である。監督のロベルト・ヴィーネは本作一本で名を遺したと言って過言でない。 三…
トラックバック:3
コメント:20

続きを読むread more