テーマ:恋愛/青春

映画評「ダメージ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1992年イギリス=フランス合作映画 監督ルイ・マル ネタバレあり 純恋愛映画は論理的だから書きやすいが、愛欲ドラマは大概非論理的だからなかなかに書きにくい。左脳人間の僕は、だから、四半世紀くらい前に観た時も映画評はテキトーに誤魔化したような気がする。今回もピンと来たとは言えないが、前回より面白…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

映画評「パリに見出されたピアニスト」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年フランス=ベルギー合作映画 監督ルドヴィク・ベルナール ネタバレあり コンセルヴァトワールのディレクターであるランベール・ウィルソンは、駅でピアノを弾く窃盗少年ジュール・ベンシェトリに天才を感じ取り、彼が窃盗容疑で社会奉仕を命じられたのに乗じて、学校の掃除をする前に練習することを命じ、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「いちごの唄」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・菅原伸太郎 ネタバレあり 僕の調べる限り【キネマ旬報】の2019年度ベスト10選出で1点も入っていないが、なかなか爽やかでなかなか好感を覚える青春映画である。銀杏BOYZというパンク・バンドの歌詞を基にTV界でお馴染みの脚本家・岡田惠和が書いた小説を、岡田自ら脚色し、やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「(ハル)」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1996年日本映画 監督・森田芳光 ネタバレあり 森田芳光監督は、「家族ゲーム」「それから」と秀作を続けて発表したが、個人的に、「そろばんずく」から不調に陥り余り期待できなくなっていたところ、この「(ハル)」で10年ぶりに復活した、という印象を覚えさせた。 日本にパソコンが定着し始めた頃の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「COLD WAR あの歌、2つの心」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年ポーランド=イギリス=フランス合作映画 監督パヴェウ・パヴリコフスキ ネタバレあり 2018年度アカデミー外国語映画賞などにノミネートされたポーランドの恋愛映画。戦後、とは言え冷戦の対立構造の内に腐れ縁を余儀なくされる男女の恋愛推移を描いたポーランド版「浮雲」である。  「浮雲」では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「モーガン夫人の秘密」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年イギリス=アメリカ=ドイツ合作映画 監督ジェームズ・ケント ネタバレあり 日本劇場未公開作と事前に知っていたが、キーラ・ナイトリーというスター女優の主演する映画ならつまらなくても“まあよろし”というつもりで観てみた。原作は英国の小説家リディアン・ブルック。 ドイツ降伏のおよそ一年半…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「町田くんの世界」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・石井裕也 ネタバレあり 安藤ゆきという漫画家による少女コミックを石井裕也監督が映画化。  今世紀に入って激増中の少女コミックの映画版はそれに反比例して避けることが多くなっているが、本作は着実に地歩を固めつつある石井監督の作品なので観ることにした。全体としては見て正解で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「さよならくちびる」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・塩田明彦 ネタバレあり 塩田明彦は映像言語の扱いに優れた監督と思う。初めて観た「害虫」はお話には一向に惹かれないものの、ショットの扱いに舌を巻いた。内容が好かなかったので当時保存版を作らなかったが、ブルーレイレコーダーを買った後そのショットを研究すべく保存版を作った。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「青春の蹉跌」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1974年日本映画 監督・神代辰巳 ネタバレあり 僕が読む石川達三は専ら社会派小説だが、彼は1960年代以降色々と若者を主人公にした作品も書いた。本作の原作となった同名小説もその一つで、映画は大学に入学してからロードショーより数年遅れで観た。大変興奮したので、後日大学の友達と少し話をしたが、今回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「レディ・バード」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督グレタ・ガーウィグ ネタバレあり 「フランシス・ハ」(2012年)というアメリカ映画が、ヌーヴェル・ヴァーグの現代アメリカ的解釈と思えて興味深く、その主演女優グレタ・カーウィグにも注目した。その後の出演作も「フランシス・ハ」のオブビートなヒロインと重なるような役が多く…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

映画評「きみの鳥はうたえる」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・三宅唱 ネタバレあり 21世紀になり再評価された北海道函館出身の作家・佐藤泰志の芥川賞候補作品の映画化である。  彼の映画化作品を観るのはこれで4本目で、いずれも函館市(若しくは函館市をモデルにした架空の都市)が舞台だが、本作の場合、原作では東京とのこと。時代は1970…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

映画評「小さな恋のうた」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・橋本光二郎 ネタバレあり 一時期2005年頃まで衛星ラジオで邦楽も聴いていたので、MONGOL800というアーティストは知っていた。本作で複数回紹介される二曲「小さな恋のうた」「あなたに」も知っていたが、シングルになっていないので、どうもCMで聞いて憶えたらしい。これらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ボクは坊さん。」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・真壁幸紀 ネタバレあり 白川密成という若い僧侶がその奮闘を綴った随筆の映画化。こういうのは脚本家の腕が試される作品だが、上手く行った例は少ない。 四国八十八か所の一つに当たる永福寺。祖父の住職(品川徹)が遷化(他界)した為に急遽住職になった青年・進=光円(伊藤淳史)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「卍」(1983年版)

☆☆★(5点/10点満点中) 1983年日本映画 監督・横山博人 ネタバレあり 谷崎潤一郎の小説「卍」は数年前に読んだ。一読して驚くのは、昭和初めにして同性愛を堂々たるテーマにしていたことである。  確かにこの時代は江戸川乱歩など探偵小説作家群に引っ張られるエロ・グロ・ナンセンスの時代なのだが、文豪と言われる谷崎潤一郎が同性…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「雪の華」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・橋本光二郎 ネタバレあり 1960年代歌謡映画が流行り、70年代になって森進一のヒット曲を主題にした「盛り場ブルース」などをTVで見た記憶がある。歌っている歌手も時々顔を見せるケースが多かった。70年代の「妹」「赤ちょうちん」(いずれもかぐや姫の曲から)なども一種の歌謡映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「マイ・プレシャス・リスト」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督 ネタバレあり 採点は程々だが、日本映画ではなかなか観られない、アメリカ映画らしい青春映画の佳作と言って良い。 舞台はニューヨークはマンハッタン。IQ185で19歳でハーバード大を卒業したキャリー・ピルビー(ベル・パウリー)は、天才故に凡人と付き合うのは苦手で引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「若い人」(1962年版)

☆☆★(5点/10点満点中) 1962年日本映画 監督・西川克己 ネタバレあり 石坂洋次郎の出世作の3度目の映画化。途中までのアウトラインは原作通りながら、主題が全く変えられているので、これを小説「若い人」の内容と思って貰っては困る。僕は市川崑監督による二度目の映画化(1952年)を観ているが、あちらのほうがまだ原作の面影を残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ここは退屈迎えに来て」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・廣木隆一 ネタバレあり 山内マリコという作家の映画版は「アズミ・ハルコは行方不明」に続いて二作目。 2004年富山。高校3年の橋本愛は友人の柳ゆり菜に導かれる形で、サッカー部のキャプテンで女子の憧れの的である成田凌に思慕を寄せるが、卒業と共に上京する。片や、彼をステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「巴里の屋根の下」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1930年フランス映画 監督ルネ・クレール ネタバレあり ルネ・クレールは当初前衛的な作品(フィルムセンターで観た「幕間」など)を作っていたが、サイレント末期に解りやすい人情喜劇映画に方向転換して成功を収め、現在まで名の残る名監督になった。本作は日本での出世作である。 パリの街頭で艶歌を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ピンクとグレー」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・行定勲 ネタバレあり 今年は久しぶりに再鑑賞作品が100本を超えるのではないかという気がしている。というのも主な鑑賞ソースであるWOWOWが青春コミックの映画化やジャニーズ事務所所属芸能人の主演作品を多くやり、これらは大概避けるからである。青春コミックは棺桶に片足をつっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「いちご白書」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1970年アメリカ映画 監督スチュアート・ハグマン ネタバレあり 1970年は本格的に映画を観始めた年だが。まだTV放映を鑑賞するのが大半だったので、この映画を実際に観たのは4,5年後高校生の時と思う。しかし、縮緬ビブラートのバフィ・セント=マリーの歌う主題歌「サークル・ゲーム」(作者ジョニ・ミ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「if もしも・・・・」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1968年イギリス映画 監督リンジー・アンダースン ネタバレあり 僕は学生運動を体験としては知り得ない遅れてきた青年であるから、この映画の革命気分が解ると言えば嘘になる。しかし、1968年という第二次大戦後の世界で革命気分が最も盛り上がった年にこの映画が発表されたことは文化史的に非常に意味のある…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「上海特急」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1932年アメリカ映画 監督ジョゼフ・ヴォン・スタンバーグ ネタバレあり 「嘆きの天使」「モロッコ」「間諜X27]に続く、ジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督=マレーネ・ディートリッヒ主演コンビ作第4弾。再鑑賞。 悪名高い白人美女マレーネ(役名上海リリー)の乗る北京発上海行きの汽車には様々な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「寝ても覚めても」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・濱口竜介 ネタバレあり 八日間で何と三本目の二役映画である。作り方はぐっと明快ながら「2重螺旋の恋人」と似ているところがある。原作は柴崎友香の同名小説で、監督は新人の濱口竜介(メジャー映画デビュー作)。 大阪の21歳女性朝子(唐田えりか)が写真展で見かけた青年・麦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「キューポラのある街」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1962年日本映画 監督・浦山桐郎 ネタバレあり キューポラというのは鋳物工場の溶解炉のことで、日本では主に埼玉県川口市のそれを指すらしい。つまり、本作は1960年頃の川口市が舞台である。原作は早船ちよ。 ジュン(吉永小百合)は高校受験を控えた中学三年生で、昔気質の鋳物職人である父親(東野…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「チワワちゃん」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・二宮健 ネタバレあり 近年WOWOW【W座からの招待状】が邦画を多く取り上げすぎて困る。このコーナーが始まった頃は欧米のアート系映画ばかりだったのに、このところ半数近くを占める。しかもメジャー映画で通るような作品も多く感心できない。仕方がないので、アート系映画については、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「生きてるだけで、愛。」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・関根光才 ネタバレあり 本谷有希子の同名小説を、本作が長編劇映画デビュー作に当たる関根光才が映画化した純文学である。 合コンで知り合ったゴシップ雑誌編集員・津奈木(菅田将暉)と3年間同棲を続けている寧子(趣里)は、躁鬱病で鬱を発症して現在過眠症に陥っている。そこへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「さびしんぼう」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1985年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり WOWOWが大林宣彦監督特集(6本)を組んでいるが、本作は昔録ったライブラリーから。 30年くらい前に初めて観た時は、前半に満載されるはしゃぎ過ぎたギャグに足を引っ張られて世評ほど良いとは思わなかったが、今回は非常に感動した。こういうノスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ふりむけば愛」

☆★(3点/10点満点中) 1978年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 今月は観るべき作品が少ないので、大林宣彦監督特集で出て来た本作を40年ぶりに再鑑賞することにした。  山口百恵は将来の夫君・三浦友和との共演で文芸作品のリメイクに出続けたが、本作でオリジナル作に挑戦することになった。それは良いのだが、ジェームズ三木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「勝手にしやがれ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1959年フランス映画 監督ジャン=リュック・ゴダール ネタバレあり 映画界では無軌道な若者を描いた作品が多く新しい潮流を生み出した。本作やルイ・マル監督「死刑台のエレベーター」(1957年)がヌーヴェル・ヴァーグを、「俺たちに明日はない」(1967年)がアメリカン・ニュー・シネマを。  しか…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more