テーマ:映画 あ行

映画評「明日の食卓」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2021年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり 近年瀬々敬久監督はもの凄い勢いで作品を作っている。2014年以降TV映画を除いても7年で14本である。殆どがジャンル映画でないのにこの本数はどうかしている。 それはさておき、本作は椰月美智子という女性作家の長編小説を映画化したもので、瀬々監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「おもかげ」(2019年)

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年スペイン=フランス合作映画 監督ロドリゴ・ソロゴイェン ネタバレあり スペインの監督ロドリゴ・ソロゴイェンが、評判を呼んだという、同名短編のその後を描いて長編にしたドラマ。短編を流用したのか、撮影し直したのは解らない。流用なら変わり種と言えるだろう。作り直しであれば邦画でも「犬猫」(20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ある画家の数奇な運命」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2018年ドイツ=イタリア合作映画 監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク ネタバレあり 文学と同じで美術に関する僕の知識は現代美術以前に止まっている。従って、本作のモデルとされるドイツの現代美術家ゲルハルト・リヒターは名前すら知らない。 邦題はやや大袈裟な感じもするが、皮肉な運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「犬神の悪霊」

☆☆★(5点/10点満点中) 1977年日本映画 監督・伊藤俊也 ネタバレあり “悪霊”と書いて“たたり”と読ませるらしい。日本映画初のオカルト・ホラーなどと書かれているが、「四谷怪談」など幽霊映画はオカルトじゃよ。 題名からすぐに思い起こす、前年に作られた「犬神家の一族」からミステリー色を薄めたと思えば当たらずと雖も遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アーニャは、きっと来る」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2020年イギリス=ベルギー合作映画 監督ベン・クックスン ネタバレあり 戦争ファンタジーとでも言いたくなる「戦火の馬」の原作を書いたマイケル・モーパーゴの児童文学の映画化。  前回とは違って今回は第二次大戦中のユダヤ人絡みのお話で、最近ホロコースト絡みの作品が多いので “またか”という気持ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「アルプススタンドのはしの方」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・域定秀夫 ネタバレあり 今年の全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)は文字通り雨模様で、今までのところやれない日が多い。オリンピックとの関係で開幕を少し遅らせたのも痛い。  本作はそれとは対照的に誠に天気の良い甲子園の一試合を背景に語られる。あくまで弱小チームの学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「惡の華」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・井口昇 ネタバレあり 「悪の華」と言えば、文学愛好家にはボードレールの詩集である。コミック・ファンには押見修造なる作者のコミックということになるらしい。  しかし、そのコミックはボードレールの「悪の華」がモチーフになっているので、間接的にコミック・ファンもボードレールを…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

映画評「アンティークの祝祭」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年フランス映画 監督ジュリー・ベルトゥチェリ ネタバレあり 一月前に観た幻想的コメディー「今宵、212号室で」では確執の相手が夫だったキアラ・マストロヤンニが、今度は母親を確執の対象とする、これもまた一種の幻想譚である。但し、主人公はその母親である。 80歳絡みで認知症の問題も多少抱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「悪魔スヴェンガリ」

☆☆★(5点/10点満点中) 1931年アメリカ映画 監督アーチー・メイヨ ネタバレあり ダフネ・デュ・モーリアの祖父ジョージ・ルイ・デュ・モーリアの小説「トリルビー」の何度目かの映画化。映画の誕生と共に作られた人気作で、トーキーではこれが初めてと思う。戦後では「魔人スヴァンガリ」(1954年)という邦題になった作品が我が邦に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「一度も撃ってません」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり 阪本順治監督は時々嬉しい傑作を発表してくれる。些かマニアックな内容なので万人受けしないかもしれないが、本作は正にそれである。 ハードボイルド作家として御前零児というペンネームを持つ老人・市川(石橋蓮司)の裏の顔は、元刑事のフィクサー石田(岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1985年日本映画 監督・森崎東 ネタバレあり 森崎東監督シリーズ第2弾。雷雨によりうまく録画できなかったので、WOWOWの配信による鑑賞(初トライ)。  昨日の「喜劇 女は男のふるさとヨ」の焼き直し、少なくとも全く似た要素・構図のお話である。 どさ回りストリッパーのバーバラ(倍賞美津子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督まんきゅう ネタバレあり イラストレーターよこみぞゆりの生み出した不思議なキャラクターたちが活躍するアニメ。 すみっこで過ごすのを好むペンギンや猫、にせつもり(かたつむりのふりをするナメクジ)やと偽とかげ(実は恐竜の生き残り)、とんかつやかきふらいの食べ残しなどのグル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「お名前はアドルフ?」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年ドイツ映画 監督ゼーンケ・ヴォルトマン ネタバレあり フランス人二人組による「名前(ファーストネーム)」という戯曲をドイツの監督ゼーンケ・ヴォルトマンが映画化。なかなかの人気作品で、既に何度か映像化されているが映画は初めて・・・ということらしい。 文学教授シュテファン(クリストフ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アイ・アム・タレント」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年南アフリカ=アメリカ合作映画 監督ナタリー・ジョンズ ネタバレあり スケート・ボードが本日初めてオリンピックに登場。今日は男子ストリートという種目が行われる。それを記念にて本稿をアップ(殆ど偶然だけれど)。 タレントというのは、文字通りタレント溢れるスケートボーダーの名前である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「浅田家!」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・中野量太 ネタバレあり 東京新聞で3・11の後回収された写真を再生して被災者に返している人がいるというのを何度か読んだ。本作は、それに関わった若手写真家・浅田政志氏の人生をベースにした作品でござる。 映画は二段構えで、前半はその事業と全く関係なく、同氏(二宮和也)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「おらおらでひとりいぐも」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・沖田修一 ネタバレあり オフビートな映画を作る沖田修一監督が、若竹千佐子の芥川賞受賞作を映画化した作品。相変わらずとぼけている。 70代になって夫に先立たれた埼玉県の老主婦・桃子(田中裕子)は、息子とは暫く音信不通、娘は近所にいて珠には寄るようだが、孤独をかこつ日々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「糸」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり 瀬々敬久監督は近年の邦画界では珍しいサムライで、「感染列島」のような大衆的な作品から「ヘヴンズ ストーリー」のような純文学まで幅広くものすが、欠点もある監督である。彼の作品は、タイプを問わず、大袈裟なのである。  特に「感染列島」のような完全な大…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

映画評「ある女優の不在」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2018年イラン=アメリカ合作映画 監督ジャファル・パナヒ ネタバレあり ジャファル・パナヒ監督の前作「人生タクシー」はメタフィクションとして非常に面白く観た。本作も前回同様監督が映画監督として出演もし、やはりメタフィクション的ではあるが、本作はドキュメンタリーとフィクションの中間を行く作品とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1945年アメリカ映画 監督オーソン・ウェルズ ネタバレあり 1990年代に衛星放送で観た。オースン・ウェルズの監督作品ながら依然日本劇場未公開だが、出来栄えは決して悪くない。同時代の日本で公開されなかったのは、恐らくGHQがナチスをテーマにしている本作の占領下日本での公開を嫌がったのであろう(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アス」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年アメリカ映画 監督ジョーダン・ピール 重要なネタバレあり。未鑑賞の方は要注意デス。 デビュー作の「ゲット・アウト」が当たったジョーダン・ピール監督の第2弾。一度当ててしまうと次作のハードルが高くなって大概の監督が苦労するのだが、さてピール監督の首尾はどうか?  少女時代遊園地でドッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アドリフト 41日間の漂流」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ=イギリス=香港合作映画 監督バルタザール・コルマウクル ネタバレあり 海洋でのサバイバルものと言えば、「オープン・ウォーター」(2004年)という、プロダクションとしては誠に貧弱ながら、観客の本能的な想像力に訴えて商業的に成功した作品がある。  本作は邦題が示す通り乗っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「女吸血鬼」

☆☆★(5点/10点満点中) 1959年日本映画 監督・中川信夫 ネタバレあり タイトルは客寄せの為のインチキで、女吸血鬼なるものは出て来ない。女性の血だけを吸う偏った吸血鬼(西洋のものも何故か圧倒的に女性が吸われる)が出て来るだけである。 新聞記者の和田桂之助が婚約者の池内淳子の誕生日祝いの為に、その父親たる科学者中村…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「海の上のピアニスト イタリア完全版」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1998年イタリア映画 監督ジュゼッペ・トルナトーレ ネタバレあり 僕の記憶では【スクリーン】誌でも【キネマ旬報】誌でもベスト10を逃した、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の不遇の秀作である。個人的には「ニュー・シネマ・パラダイス」に勝るとも劣らない秀作と思う。今回観たのは、前回より44分も長い1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アリバイなき男」

☆★(3点/10点満点中) 1952年アメリカ映画 監督フィル・カールスン ネタバレあり IMDbでの平均点は7.4と、信じがたい高評価を得ているが、この映画は特にお話が良くないだろうと思う。 発端はクェンティン・タランティーノの「レザボア・ドッグス」(1992年)に影響を与えたような感じで、なかなか好調。  即ち、正…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年ポーランド=イギリス=ウクライナ合作映画 監督アグニエシュカ・ホランド ネタバレあり ガレス・ジョーンズというジャーナリストを取り上げた実話ものである。スターリン時代の旧悪がテーマ。 1933年、英国首相ロイド・ジョージ(ケネス・クラナム)の外交顧問だった青年ガレス(ジェームズ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「エセルとアーネスト ふたりの物語」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年イギリス=ルクセンブルク合作映画 監督ロジャー・メインウッド ネタバレあり 常連の浅野佑都さんのお薦め作品。 アニメ映画「風が吹くとき」(1986年)の原作者として知られる劇画家レイモンド・ブリッグズが書いた両親の伝記劇画をアニメ化した作品である。監督ロジャー・メインウッドと製作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「活きる」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1994年中国=香港合作映画 監督チャン・イーモウ ネタバレあり 邦題は黒澤明監督「生きる」と同じ読み方。今よりは多少表現の自由があった中国と香港の合作映画で、かなりかつての政策を風刺的に捉えているので、中国本土では上映禁止になっているらしい。 中国映画も80年代後半から暫く本作を監督した…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「ANNA/アナ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年フランス=アメリカ=カナダ=ロシア合作映画 監督リュック・ベッソン ネタバレあり リュック・ベッソン監督としては「ニキータ」(1990年)系列のスパイ・スリラー。「ニキータ」を世評ほど買っていない僕はこちらのほうが面白かったくらい。 ソ連末期のモスクワでマトリョーシカを売っていた美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「青くて痛くて脆い」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・狩山俊輔 ネタバレあり 「君の膵臓をたべたい」の住野よるによる同名小説の映画化。色々紆余曲折はあるが、主題は非常に解りやすく、話もそれに沿って簡単にまとめてしまいましょう。 人に近づくことが最終的に他人も自分も傷つけるという人生観をもって生きて来た青年・吉沢亮が。大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ウルフ・アワー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=イギリス合作映画 監督アリステア・バンクス・グリフィン ネタバレあり 僕の基準では日本劇場未公開映画に相当するが、ナオミ・ワッツが主演(兼エグゼクティヴ・プロデューサー)していると知って観てみた。  IMDb での平均採点が4.9と相当悪いものの、実力はもう少し高い。面白いか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more