テーマ:映画 あ行

映画評「女の園」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1954年日本映画 監督・木下恵介 ネタバレあり 1954年木下恵介は絶好調で、キネマ旬報で1位に「二十四の瞳」、2位に本作が選ばれた。僕はどちらも四半世紀くらい後に観たわけだが、違う種類の感銘を受けた。原作は阿部知二の「人工庭園」。 京都にある私立女子大学の寮に関する因循な規則をめぐって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「オーケストラ・クラス」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年フランス映画 監督ラシド・アミ ネタバレあり フランスやドイツで行われている音楽による教育プログラムをモチーフにしたドラマで、不運なことに(?)2年前に見たブラジル映画「ストリート・オーケストラ」(2015年)と全く同工異曲である。リメイクかと思いましたよ。 オーケストラを首になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「いちご白書」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1970年アメリカ映画 監督スチュアート・ハグマン ネタバレあり 1970年は本格的に映画を観始めた年だが。まだTV放映を鑑賞するのが大半だったので、この映画を実際に観たのは4,5年後高校生の時と思う。しかし、縮緬ビブラートのバフィ・セント=マリーの歌う主題歌「サークル・ゲーム」(作者ジョニ・ミ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「赤い殺意」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1964年日本映画 監督・今村昌平 ネタバレあり 今村昌平監督作品の中で、傑作「にっぽん昆虫記」(1963年)の姉妹編とも言いたくなる作品。2回目の鑑賞。 舞台は東北地方のどこか。貞子(春川ますみ)は旧家主人の妾の子供で女中の立場から、高圧的な御曹司・吏一(西村晃)の妻の座に収まり、息子を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アリー/スター誕生」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ブラッドリー・クーパー ネタバレあり 1937年に映画界を舞台に作られた「スタア誕生」は17年後にほぼ同じ内容でミュージカル映画化され、さらにその22年後に音楽界に舞台を移した二度目のリメイクが行われた。本作はやはり音楽界を舞台にしているので、直接的には1976年版を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年中国=香港合作映画 監督ツイ・ハーク ネタバレあり オランダの推理作家ロバート・ファン・ヒューリックが唐王朝に実在した人物を基に作り上げた判事ディーをシャーロック・ホームズに相当する探偵役とする時代ミステリー第3弾。第2弾は題名から「王朝の陰謀」が消えていたため見落としたらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「俺俺」

☆☆(4点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・三木聡 ネタバレあり 一人33役というのが面白そうなので観てみた。星野智幸の原作はともかく、映画は三木聡が監督なのでコメディーである。ホラーやサスペンスの要素はあるが、怖い場面も概ねコメディーと言って良い。 家電量販店で働くカメラマン志願・永野均(亀梨和也)が、レスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「愛しのアイリーン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・吉田恵輔 ネタバレあり 最近、吉田恵輔監督は「純喫茶磯辺」の頃に比べると作品内容がぐっとハードになってきた。本作は、新井英樹という漫画家の同名コミックの映画化である。  かつて今村昌平が撮ったような因循で閉鎖的なコミュニティのお話にコーエン兄弟のテイストが入ったような感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アクロス・ザ・ユニバース」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2007年イギリス=アメリカ合作映画 監督ジュリー・テイモア ネタバレあり エルトン・ジョンの伝記映画「ロケットマン」のCMを見て、ビートルズの曲で構成されていると伝え聞いたミュージカル映画「アクロス・ザ・ユニバース」を未だ見ていないことを思い出し、たまたま3000円のアマゾン・ギフト券をもら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「1987、ある闘いの真実」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2017年韓国映画 監督チャン・ジュナン ネタバレあり 韓国サスペンスは馬力はあるが、(韓国大衆映画の例に洩れず)ギャグを盛り込んでトーンを一貫させない為に力が抜けてしまう。世評の高かった「タクシー運転手」もそのため僕の眼には泥臭かった。が、光州事件と同じく全斗煥大統領の軍事独裁政権時代に起きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「生きてるだけで、愛。」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・関根光才 ネタバレあり 本谷有希子の同名小説を、本作が長編劇映画デビュー作に当たる関根光才が映画化した純文学である。 合コンで知り合ったゴシップ雑誌編集員・津奈木(菅田将暉)と3年間同棲を続けている寧子(趣里)は、躁鬱病で鬱を発症して現在過眠症に陥っている。そこへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ウイスキーと2人の花嫁」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年イギリス映画 監督ギリーズ・マッキノン ネタバレあり 1941年にスコットランドの孤島で起きた事件を、地元の作家コンプトン・マッケンジーが際物として小説化し、49年に洒落たコメディーを割合得意とするスコットランド系米監督アレクサンダー・マッケンドリックが映画化した。そのリメイクである。前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「英国総督 最後の家」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年イギリス=インド=スウェーデン合作映画 監督グリンダ・チャーダ ネタバレあり インドとパキスタンの歴史をある程度知っている人が一番楽しめる作品である。  高校で世界史は1970年頃まできちんと習った(日本の学校は現代史を教えないとよく言われるが、わが母校ではそんなことはなかった)が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「偉大なるアンバーソン家の人々」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1942年アメリカ映画 監督オースン・ウェルズ ネタバレあり オースン・ウェルズ第二作で、日本公開は製作から46年後の1988年まで待つことになる。 1870年代、アメリカの名門アンバーソン家の娘イザベル(ドロレス・コステロ)は、自動車開発に夢中の若者ユージン・モーガン(ジョセフ・コット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「泳ぐひと」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1968年アメリカ映画 監督フランク・ペリー ネタバレあり アメリカン・ニュー・シネマ元年(本格始動)の1968年に作られた異色作で、スターシステム時代の俳優バート・ランカスターが水泳パンツ一つで出ずっぱりというのがオールド・ファンを驚かせたにちがいない。原作はジョン・チーヴァー。再鑑賞作品。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「億男」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり 今月は邦画ばかりになりそうだから、若い俳優が出る作品はなるべく避けようとしているのだが、本作はコミックではなく小説(川村元気)の映画化と知ったので、観ることにした。 偶然もらった宝くじが大当たりして3億円を当てた図書館司書の男性・佐藤健が大金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アントマン&ワスプ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ペイトン・リード ネタバレあり 何回も述べたようにマーヴェル・コミックス映画版の脚本レベルは概して高い。この「アントマン」シリーズも見通し良好、お笑いの配分がうまく、本当はもっと多めに☆★を進呈したいのだが、マーヴェル・コミックが余りにも作られている現状に食傷しているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ANON アノン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年ドイツ=アメリカ=カナダ合作映画 監督アンドリュー・ニコル ネタバレあり 人気作「カダカ」で注目されたカナダの映画作家アンドリュー・ニコルのSFミステリー。当ブログでは本邦劇場未公開扱いとする。 人の記憶が蓄積され管理される未来社会では、その為に犯罪がほぼ発生しなくなった状態。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「女と男の観覧車」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督ウッディー・アレン ネタバレあり 80歳を過ぎてもまだ意気軒昂に作品を発表し続けている映画作家は日本では山田洋次、アメリカではウッディー・アレンくらいである。アレンは毎年新作が発表されているが2018年はないのでこれがTV映画を別にすると最新作。映画館に殆ど行かなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「嘘はフィクサーのはじまり」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年イスラエル=アメリカ合作映画 監督ヨセフ・シダー ネタバレあり ニューヨークのユダヤ人上流階級に食い込もうと悪戦苦闘する初老紳士オッペンハイマー(リチャード・ギア)が、同地を訪れたイスラエルの上層部政治家ミカ・ミシェル(リオル・エシュケナージ)に接近することに成功、出世への布石として高級…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ヴェノム」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ=中国合作映画 監督ルーベン・フライシャー ネタバレあり マーヴェル・コミックスの映画化は一定以上の質を保っていることは認めるものの、やはり数の多さが災いして映画ファンとしての僕を飽きさせている。そうなる以前からヒーローものに関し数の多さは有難味を減らすので、避けるべきだと言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「俺たちに明日はない」

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1967年アメリカ映画 監督アーサー・ペン ネタバレあり 1973年リバイバルの時に映画館で観た。それ以来10年に一度くらいは観ているので今回が4回目か5回目になると思う。それでも細かいところは色々と忘れているもので、結構新鮮な気持ちで楽しめる。しかし、ブログ開始後14年経つ今日まで扱ってい…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

映画評「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年フランス=中国=ベルギー=ドイツ=アラブ首長国連邦=アメリカ合作映画 監督リュック・ベッソン ネタバレあり フランスの古典的コミック(作:ピエール・クリスタン、画:ジャン=クロード・メジエール)をリュック・ベッソンが映像化したなどと言ってもピンと来ないが、原作は「スター・ウォーズ」にも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画評「エヴァ」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年フランス=ベルギー合作映画 監督ブノワ・ジャコー ネタバレあり イザベル・ユペールが主演なので観てみたが、失望した。ブノワ・ジャコーの作品で面白いものに当たった例(ためし)がない。  どこかで触れたお話と思いつつ結局しかと掴めなかったのだが、IMDbで原作がジェイムズ・ハドリー・チェイス…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画評「イコライザー2」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督アントワーヌ・フークア ネタバレあり 前作ではホームセンター従業員だった元CIAエージェントのデンゼル・ワシントンが、今度はハイヤー運転手として世直しの為に悪党どもを瞬殺(殺さない場合もありますが)するサスペンス系アクション第二弾。 そんなワシントン氏がトルコにま…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

映画評「海と毒薬」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1986年日本映画 監督・熊井啓 ネタバレあり およそ30年ぶりの再鑑賞。遠藤周作の原作はそれより10年くらい前に読んでいた。原作は戦中に起きた九州大学生体解剖事件に取材しているが、人物配置はフィクショナル。テーマは人間の“罪と罰”である。 1945年の九州。大学の医学部長の地位を巡って第…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督クレイグ・ギレスビー ネタバレあり 僕は世界の強豪が集まるオリンピックの大ファンである。最近でこそ各競技の世界選手権がTVでも放映される機会が増えたとは言え、オリンピックでしか見られない競技・種目は依然多く、そうしたスポーツが見られるのが何より楽しみなのだ。  昨年の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画評「悦楽の貴婦人」

☆☆★(5点/10点満点中) 1977年イタリア映画 監督マルコ・ヴィカリオ ネタバレあり 「黄金の七人」シリーズで知られる監督マルコ・ヴィカリオ監督としては「ああ情熱」(1973年)の姉妹編のような内容で、日本では劇場未公開。邦題から期待されるほどのエロ系映画ではない。 19世紀末くらいのイタリア。酒を売るなどしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「女は二度決断する」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年ドイツ=フランス=イタリア合作映画 監督ファティ・アキン ネタバレあり ファティ・アキンというトルコ系ドイツ人監督は、2007年の「そして、私たちは愛に帰る」が素晴らしかった。この作は共通する部分の多い内容であるが、前述作に比べると作劇的に繊細さを欠く。 純粋ドイツ人の美人ダイアン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ウインド・リバー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年アメリカ=カナダ=イギリス合作映画 監督テイラー・シェリダン ネタバレあり 雪に蔽われた土地でお話が展開する映画は、その寒そうな様子故に、厳粛な思いにかられ作品まで引き締まっているように感じる。近年僕が高く評価する映画は、温暖な地域や季節を舞台にした作品より寒冷地の作品のほうが多いので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more