テーマ:映画 は行

映画評「ブレイン・ゲーム」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督アルフォンソ・ポヤルト ネタバレあり 被害者が首の後ろを切られて殺される殺人事件が続けて起き、ベテランFBI特別捜査官ジェフリー・ディーン・モーガンが、心理分析に長けた美人プロファイラーのアビー・コーニッシュと捜査に乗り出すが、難事件と察するや、予知能力と残留思念を読む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ポリス・ストーリー/REBORN」

☆★(3点/10点満点中) 2017年中国=香港合作映画 監督レオ・チャン ネタバレあり 「ポリス・ストーリー」と銘打っているが、何も関係ない。ジャッキー・チェンが元刑事役で主演しているだけである。 人工の心臓と血液の投入によりサイボーグ化された元兵士カラン・マルヴェイが復讐に立ち上がって暴走、開発者の博士に危害を加えよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「判決、ふたつの希望」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2017年レバノン=キプロス=フランス=ベルギー=アメリカ合作映画 監督ジアド・ドゥエイリ ネタバレあり 合作ではあるが、レバノン映画は珍しい(私的には、2007年製作「キャラメル」以来か?)。レバノン映画史上初めてアカデミー賞外国語映画賞のノミネートになったという。 レバノン。パレスチナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ヘレディタリー/継承」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督アリ・アスター 重要なネタバレあり ホラー映画は資金が少なくても済む場合が多く昨今は色々と作られているが、優れた面白いものになかなか当たらないので観ずに済ますことが多くなった。本作は無条件に観る【W座からの招待状】で紹介される作品だから観た次第。結論から言えばまずまずし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ハナレイ・ベイ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・松永大司 ネタバレあり 村上春樹の短編小説の映画化ということで観てみた。 ハワイのカウアイ島で日本人少年タカシ(佐野玲於)がサーフィン中に鮫に襲われ落命する。シングルマザーのサチ(吉田羊)は現地で火葬し、現地の官憲が取っておいてくれた手形を受け取らずに帰国する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ヒトラーを欺いた黄色い星」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年ドイツ映画 監督クラウス・レーフレ ネタバレあり ナチスによるユダヤ人迫害が人類史上最悪の蛮行であることは理解しているが、ホロコースト絡みはさすがに作られ過ぎという気持ちが僕の内心に起りつつある。 本作はユダヤ人の潜伏生活を描いた作品であるから「アンネの日記」型ながら、アングルが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「花筐/HANAGATAMI」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 大林宣彦監督の“戦争三部作”の最終作。原作は檀一雄の「花筐」であるが、驚いたことに、オリジナルの脚本自体はデビュー作「HOUSE/ハウス」より以前に書かれていた。この作品から始まれば、大林監督はファンタジーではなく幻想映画の監督と言われることにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ふりむけば愛」

☆★(3点/10点満点中) 1978年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 今月は観るべき作品が少ないので、大林宣彦監督特集で出て来た本作を40年ぶりに再鑑賞することにした。  山口百恵は将来の夫君・三浦友和との共演で文芸作品のリメイクに出続けたが、本作でオリジナル作に挑戦することになった。それは良いのだが、ジェームズ三木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「瞳の中の訪問者」

☆☆★(5点/10点満点中) 1977年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 「HOUSE/ハウス」に続く大林宣彦監督のメジャー映画第2作。“第一作が名作で、本作は珍作”という意見を読んだが、アイドル候補を使いながらやりたいことをやりまくった印象のある第一作こそメジャー映画としては珍作であろう。  大林監督は作品を振り返っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「HOUSE/ハウス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1977年日本映画 監督・大林宣彦 ネタバレあり 大林宣彦のメジャー映画デビュー作で、40年ぶりくらいの再鑑賞。 夏休み。仲良し女子高生7人が、映画音楽作曲家の娘・池上季実子の伯母・南田洋子が住む古い屋敷に行くことになる。彼女の亡き母親も少女時代に住んでいた実家である。しかし、行かず後家の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「フィフティ・シェイズ・ダーカー」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年アメリカ=中国=日本合作映画 監督ジェームズ・フォーリー ネタバレあり 文学趣味に多少の面白味を感じただけで感心できなかった第一作だけに、この続編は全く観る気がなかった。しかし、唯一有料契約しているWOWOWが若い俳優が主演する邦画でお茶を濁し洋画にめぼしい放映が少ない(昔観た洋画凡作でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「パスト&フューチャー 未来への警告」

☆☆(4点/10点満点中) 2018年スペイン映画 監督ダニエル・カルパルソロ ネタバレあり またまた日本劇場未公開のサスペンス映画である。WOWOWが新しい日本映画を大量にやるから未公開の洋画から連続してピックアップする羽目になった。ライブラリーの古い映画を選ぶという手もあるが、それらは長いものばかり残っているので、少し素材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1973年日本映画 監督・高畑勲 ネタバレあり シリーズ第二弾。とりあえずお話から。 前作のまま、ミミ子ちゃん(声:杉山佳寿子)とパパンダ(声:熊倉一雄)とコパンダのパンちゃん(声:丸山裕子)の疑似家族状態は続いている。  ある時サーカスからはぐれた子虎が家に紛れ込み、一員に加わるが、す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「パンダコパンダ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1972年日本映画 監督・高畑勲 ネタバレあり 忙しくて時間が取れない。かと言ってブログをスキップするのも避けたい。というわけで、WOWOWの高畑勲監督特集で録っておいた作品群からこの短編(34分)をピックアップ。初鑑賞でござる。 しかし、実質的に、監督より脚本や画面設計を担当した宮崎駿御…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年タイ映画 監督ナタウット・プーンピリヤ ネタバレあり TV「アンビリバボー」は暫く観ていた。その模倣番組「ザ!世界仰天ニュース」は全く観ない。何となれば、日本テレビの悪い癖で何でも出演者のネタばなしに持って行こうとする。動機が不純なんだわ(“ロックンロール・ウィドウ” by 阿木燿子)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「プーと大人になった僕」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年イギリス=アメリカ合作映画 監督マーク・フォースター ネタバレあり マーク・フォースターはやはり英国正統派ドラマを撮るのがふさわしい。同じ英国でもせわしい「007/慰めの報酬」(2008年)では彼のショット感覚の良さが全く発揮できなかった。 以前「ネバーランド」(2004年)で“…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「僕のワンダフル・ライフ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年アメリカ=インド合作映画 監督ラッセ・ハルストレム ネタバレあり 日本でその名を知らしめた「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」(1985年)のラッセ・ハルストレムはアメリカに定着して日本でお馴染みハチ公のアメリカ版「HACHI 約束の犬」(2008年)を作った。犬映画の実績がある為か、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「パティ・ケイク$」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年アメリカ映画 監督ジェレミー・ジャスパー ネタバレあり 「フラッシュダンス」+「8 Mile」÷2が本作である。両方とも観ていれば内容は自ずと知れるが、一応簡単に書いておきましょう。 ニュージャージーのさびれた街。アル中の元ロック歌手志願の母ブリジット・エヴェレット、認知症の出始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「バリー・シール アメリカをはめた男」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年アメリカ=コロンビア=日本合作映画 監督ダグ・リーマン ネタバレあり 素材としてはつまらなくないが、日本人にはアメリカの政治と外交の面で解らないところが少なからずある為、僕を含めて評価が上がりにくいのは仕方がない。 しかし、【Yahoo!映画】にあった“興行的に失敗”というのはデマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「プレイス・イン・ザ・ハート」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1984年アメリカ映画 監督ロバート・ベントン ネタバレあり 昨日の作品と関連付けられる作品なのだが、その共通因子は何であるか解る人はかなりの映画通でござる。どちらもロバート・ベントンの脚本作品ということ。但し「俺たちに明日はない」はデーヴィッド・ニューマンとの共作だった。本作は「クレイマー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「氷点」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1966年日本映画 監督・山本薩夫 ネタバレあり 1980年代に一度観ているが、今回三浦綾子の小説(原作)を読んだので、併せて再鑑賞することにした。 終戦直後、総合病院を経営する辻口啓造(船越英二)の3歳になる娘ルリ子が、母親・夏枝(若尾文子)が病院の眼科医・村井(成田三樹夫)に迫られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年アメリカ=イギリス合作映画 監督ヴァレリー・ファリス、ジョナサン・デイトン ネタバレあり 二週続いてプロ・テニスのトップ選手の伝記的映画。 1973年。女子No.1選手のビリー・ジーン・キング=キング夫人=(エマ・ワトスン)が、男女の間で8倍もの賞金の差があることに抗議をする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「張り込み」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1987年アメリカ映画 監督ジョン・バダム ネタバレあり 日本映画の「張込み」(原作松本清張)のほうがずっと早いが、勿論関係ない。30年ぶりぐらいの再鑑賞。 凶悪犯アイダン・クインが外部の仲間のコンビよろしきを得て脱走に成功し、FBIは昔関係のあった女性マデリーン・ストウの家を訪れると予想…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年スウェーデン=デンマーク=フィンランド合作映画 監督ヤヌス・メッツ ネタバレあり 1973年頃からTVでテニスを見始めた。そのきっかけとなったのが当時17歳のビョルン・ボルグとベテランで当時40歳くらいだったケン・ローズウォールの試合であった。四大大会の一つだろうが、どの大会の何回戦だっ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画評「はじまりのボーイミーツガール」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年フランス=ベルギー合作映画 監督ミシェル・ブジュナー ネタバレあり 12歳の少年少女の初恋模様を描く思春期映画。フランスのYA小説(パスカル・ルーテル)のベストセラーの映画化だそうだが、一言で言えば現代フランス版「小さな恋のメロディ」である。 12歳の少年ヴィクトール(ジャン=スタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「Vision ビジョン」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本=フランス合作映画 監督・河瀬直美 ネタバレあり 「あん」「光」と解りやすい作品を作ったので方針変更したのかと思っていた河瀬直美が良くも悪しくも原点回帰したような新作。 フランスの紀行作家ジュリエット・ビノシュが留学中の日本人女性・美波に伴われて奈良県吉野へビジョン(visio…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画評「光る眼」(1960年) 

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1960年イギリス映画 監督ウォルフ・リラ ネタバレあり リアル・タイムで見られる世代ではなく、後年衛星放送で観たのが最初。多分1980年代後半である。原作は「トリフィドの日」(映画版は「人類SOS」)で有名なジョン・ウィンダム。  「2001年宇宙の旅」が登場する1968年までSF映画は継子…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ヒューマン・ハンター」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年カナダ映画 監督ロブ・W・キング ネタバレあり とにかく話が持ち込まれれば全て出てやろうと決めているとしか思えないニコラス・ケイジ。最低でも年に3本お目にかかる感じで、予算は明らかにB級(ビデオ映画並み)の、出来栄えもそれに応じたものばかり。しかし、時間つぶしくらいには十分なる。 現…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「はじめてのおもてなし」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年ドイツ映画 監督ジーモン・ファーホーフェン ネタバレあり 「女は二度決断する」「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に続いてまたまた欧州の移民問題絡み。「女は二度決断する」同様にドイツ映画だ。やはりあれだけ大量に移民・難民を受け行け入れれば自ずと社会に歪が出、こういう作品が次々と生まれること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ビューティフル・デイ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年イギリス=フランス=アメリカ合作映画 監督リン・ラムジー ネタバレあり 「レオン」系列の作品は近年になっても「ザ・ボディガード」などたまに作られるが、本作は典型と言っても良い。しかし、極めてスタイリッシュな作りで、ごく一部のマニアックな映画ファン向けである。僕は論理的な人間であるから、小…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more