テーマ:映画 や・ら・わ行

映画評「ロベレ将軍」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1959年イタリア=フランス合作映画 監督ロベルト・ロッセリーニ ネタバレあり 10年近く前にNHK-BSが放映したハイビジョン版を持っていたが、それを収めたブルーレイ・ディスクが再生不能になった(某メーカーの或るシリーズで、録画から数年後にかなりの確率で起こる)ので、幸いにもプライムビデオで無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「読まれなかった小説」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年トルコ=北マケドニア=フランス=ドイツ=ボスニア・ヘルツェゴヴィナ=ブルガリア=スウェーデン=カタール合作映画 監督ヌリ・ビルゲ・ジェイラン ネタバレあり 「雪の轍」で初めて本格的に知ったヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督は、テオ・アンゲロプロス以来の重量派ではないだろうか。前回が196分、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「我等の町」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1940年アメリカ映画 監督サム・ウッド ネタバレあり 高校の英語のリーダーに本作の原作戯曲の一部があった。アイスクリーム・ソーダを主人公の男女二人が食べる部分で、薬局pharmacyという単語を憶えたような気がする。 その原作とは半年前に読んだばかりの、ソーントン・ワイルダー「わが町」(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「忘れじの面影」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1948年アメリカ映画 監督マックス・オフュールス ネタバレあり 例によって、期間限定アマゾン・プライム会員特典により無償鑑賞。段々残り日数が少なくなってきたが、ダウンロードで鑑賞する手も残っている(少し嫌な感じがあってダウンロードは未だ一度も試みていない。ダウンロードしたことある人、アドバイス…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

映画評「旅愁」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1950年アメリカ映画 監督ウィリアム・ディターレ ネタバレあり 45年くらい前に地上波の吹替えで観て以来の再鑑賞。序盤の観光場面以外はすっかり忘れている。例によってプライムビデオだが、画質はS-VHSに劣るレベル。アップは良いがロングショットは些か辛い。それでも僕はこの映画をライブラリーに持っ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画評「ラストレター」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・岩井俊二 ネタバレあり 「Love Letter」(1995年)でも我々ロマンティストを感激させた岩井俊二監督が、似た趣向を以ってまたも感激させてくれた。大衆的だが通俗に陥っていない。ロマンティックだが甘すぎない。この手をお話を作る時の岩井監督は好きである。 男女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「私はあなたのニグロではない」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2016年アメリカ=フランス=ベルギー=スイス合作映画 監督ラウール・ペック ネタバレあり リチャード・ライトと並んでアメリカ黒人作家の二巨頭と考えるジェームズ・ゴールドウィン(1924-1987)の「もう一つの国」は百科事典索引をベースにした僕の読書予定リストに入っているが、今年も読めそうも…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「やっぱり契約破棄していいですか!?」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年イギリス映画 監督トム・エドモンズ ネタバレあり こういう軽味のあるブラック・コメディーは英国映画にしか出来ない。それを確認できただけでも観た甲斐がありました。 売れない若い作家アナイリン・バーナードが橋の欄干に立っていると、60代とおぼしき男性トム・ウィルキンスンから名刺を渡され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」

☆☆★(5点/10点満点中) 1996年日本映画 監督モンキー・パンチ ネタバレあり シリーズ第6作(放映したWOWOWのカウントでは第5作)。原作者のモンキー・パンチが監督を務めているのが興味深い。コミックの原作者が自作映画化の監督をした例は他にあるのかな?  舞台は架空のズフ国。名前はアフリカっぽいが、雰囲気は南米で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」

☆☆★(5点/10点満点中) 1995年日本映画 監督・白土武、総監督・伊藤俊也 ネタバレあり Wikipediaは声優陣が全く異なる「風魔一族の陰謀」を第4作としているが、WOWOWは本作を第4作とする。 皆さんもよくご存知で説明はなくもがなだろうが、本作製作中にルパン三世の声を当てる山田康雄が倒れて最終的に亡くなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「リチャード・ジュエル」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり クリント・イーストウッド監督作品としては「ハドソン川の奇跡」と同じ系列の実話もの。娯楽性の高さで本作のほうを高く買う。「グラン・トリノ」(2008年)以来の手応えがあるが、同作よりは劣る。とにかく、イーストウッドの名前なしでも【…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」

☆☆(4点/10点満点中) 1985年日本映画 監督・鈴木清順、吉田しげつぐ ネタバレあり 僕らより若い世代の間では第一作は傑作で、この第三作は駄作であるとする意見が主流のようであるが、そこまでの差はないと思う。同時代的には僕はどちらも☆☆★相当の評価を付けた。しかし、こうして見返してみると、第一作のアヴァンギャルドでシュール…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 ルパンVS複製人間」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1978年日本映画 監督・古川惣司 ネタバレあり WOWOWが昨年か一昨年宮崎駿関連で放映した第2作「カリオストロの城」と第4作「風魔一族の陰謀」(曰く付きらしく放映されない)以外の長編映画とTVスペシャル版を特集しているので、特段に愛着があるわけではないものの、折角なので全部録っておくことにした…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「わが心のボルチモア」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1990年アメリカ映画 監督バリー・レヴィンスン ネタバレあり 映画館で観たのが最初。自伝的要素を取り込んで脚本を書き自ら映画化したバリー・レヴィンスンは改めて実に良い監督と感心させられた。「ナチュラル」「レインマン」に続く、3本目のホームランと思う。 劇中の台詞から判断すると始まりは1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 THE FIRST」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・山崎貴 ネタバレあり 僕は小学生の時にアルセーヌ・ルパン(やや大人っぽいが児童ものの要素も残す池田宣政バージョンが最高。国会図書館に一部あるくらいで、全く利用できないのが現状)に耽溺した人間なので、ルパンと言えば三世ではなくアルセーヌなのである。それでもTVの第一シリーズ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「ラスト・リベンジ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ=バハマ合作映画 監督ポール・シュレーダー ネタバレあり ニコラス・ケイジ主演作で、やや古い。IMDbで4.4(中心点5.5の80%)、Yahoo!映画で2.4(中心点3.0の80%)とほぼ良い勝負の低評価であるが、そこまでは悪くない。寧ろやたらにがちゃがちゃしている、ケイジの他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「幽霊西へ行く」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1935年イギリス映画 監督ルネ・クレール ネタバレあり この作品を皮切りにドイツの敗戦まで10年間ルネ・クレールは英米で映画を撮っているが、この作品が一番上出来だろう。35年ぶりくらいの再鑑賞。 18世紀。スコットランドのグローリーの城主が宿敵マクラガン家に侮辱されて憤死、息子マードッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「ロイ・ビーン」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1972年アメリカ映画 監督ジョン・ヒューストン ネタバレあり 1970年代にTVと映画館で二度、今世紀初めに衛星放送で一度観ていると記憶するので、今回が4回目。しかし、結構憶えていないところがあるもので、今回も面白く観た。Allcinemaでの平均点6.4、 IMDb では7.0と余り芳しくな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「欲望」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1966年イタリア=イギリス合作映画 監督ミケランジェロ・アントニオーニ ネタバレあり 先日「渚にて」(1959年)を観てミケランジェロ・アントニオーニ監督の「太陽はひとりぼっち」(1962年)を思い出し、難解だが魅力的なこの作品を何となく観たくなった。 若手売れっ子写真家デーヴィッド・ヘ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

映画評「レッドタートル ある島の物語」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年フランス=日本=ベルギー合作映画 監督マイケル・デュドク・ド・ヴィット ネタバレあり 何とスタジオジブリが製作に絡んでいる。製作に絡んでいるが、アニメ制作はフランスのアニメ制作会社の担当なので、ジプリ映画と言うには躊躇する。ただ、高畑勲の事前のチェックを受けたらしいので、その意味ではジブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ワイルドライフ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ポール・ダノ ネタバレあり アメリカの作家リチャード・フォードの小説(恐らく未訳)を、俳優のポール・ダノが映画化した作品。初演出らしい。 1960年。北部に引っ越してきた夫婦と14歳の息子から成る家族のお話で、ゴルフ・クラブに勤めていた夫君ジェイク・ギレンホールが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「よこがお」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本=フランス合作映画 監督・深田晃司 ネタバレあり 「淵に立つ」でカンヌ映画祭“ある視点部門”審査員賞を受賞して俄然注目された深田晃司監督の新作で、原案はプロデューサーのKazという人になっているが、「淵に立つ」と共通項がある。深田監督の趣味と思う。 プロローグは、リサ(筒井真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ルイスと不思議の時計」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ=カナダ=インド合作映画 ネタバレあり 「ハリー・ポッター」シリーズは姿を変えてまだ続いているが、これは別の原作者ジョン・ベレアーズの児童文学を映画化した魔法ものである。多分死ぬまで読まないと思うが、図書館に本作の原作「壁のなかの時計」もありましたぞ。 1940年代末。交通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「予期せぬ出来事」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1963年イギリス映画 監督アンソニー・アスクィス ネタバレあり 発表順は全然逆であるが、災害場面のない「大空港」である、と言えばおおよそ内容の想像が付く。40年くらい前にTVで観たのは20分くらいカットされた版だったので、完全版は今回が初めて。その意味で今回のNHKによる放映は有難かった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ロケットマン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年イギリス=アメリカ=カナダ合作映画 監督デクスター・フレッチャー ネタバレあり エルトン・ジョンの伝記映画であると共に、「アクロス・ザ・ユニバース」「マンマ・ミーア!」という、一アーティストによる楽曲により構成されるミュージカルに準じる作品である。 エルトン・ジョン本名レジナルド・…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

映画評「夜の訪問者」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1970年フランス=イタリア=ベルギー合作映画 監督テレンス・ヤング ネタバレあり 「雨の訪問者」(1970年)がヒットしたので、チャールズ・ブロンスン主演につき邦題が「夜の訪問者」となったのであった。懐かしいなあ。観たのは劇場公開より数年遅れ、四十数年前にTVのみ。94分という短い映画なのでので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ=イギリス=中国合作映画 監督クェンティン・タランティーノ ネタバレあり クェンティン・タランティーノは最初の「レザボア・ドッグス」(1992年)以外は長く、残虐趣味もあり、僕は苦手だが、この映画に観られる解りやすい映画への愛情表現はそんな僕をして感涙を催させるほどである。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ワイルド・ビル」

☆☆★(5点/10点満点中) 1995年アメリカ映画 監督ウォルター・ヒル ネタバレあり ワイルド・ビル・ヒコックの伝記映画、必然的に西部劇である。  ウォルター・ヒルが監督を務め、「平原児」(1936年)でお馴染みの有名人のお話で、人気俳優も出ているが、日本劇場未公開と知ってからどうも手が伸びにくい状態だった。このところス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1946年版)

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1946年アメリカ映画 監督テイ・ガーネット ネタバレあり ジェームズ・M・ケインのこのハードボイルド小説は既に中学の頃から知っていたが、実際に読んだのは僅か数年前。  しかし、1980年代にボブ・ラフェルスン監督版(1981年)、ルキノ・ヴィスコンティ監督のイタリア版(1942年)を映画館で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「嵐電」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・鈴木卓爾 ネタバレあり 友人に鉄ちゃんがいるせいか、鉄道絡みの映画は比較的よく観る。本作は、京都の通称“嵐電”(京福電気鉄道北野線)の近くで起こる三組の男女のお話を綴る。 鉄道関係の著作をしている衛星(井浦新)は妻・斗麻子(安部聡子)との思い出のある嵐電について書こう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more