テーマ:西部劇/時代劇/史劇

映画評「レオナルド~知られざる天才の肖像~」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2021年イタリア=アメリカ=イギリス=フランス=スペイン合作映画 監督ダニエル・パーシヴァル、アレクシス・ケーヒル ネタバレあり WOWOWで放映された8回に渡るTVシリーズである。  半世紀近く日本のドラマ・シリーズ(厳密にはシリアル。日本の刑事ものなど読み切りをシリーズと言う)を僕は観てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「太陽の中の対決」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1967年アメリカ映画 監督マーティン・リット ネタバレあり 十代で一度、ある程度の年齢になって一度観ているので、都合三回目と思う。それほど良い出来でもないのに観るのは、やはり今の映画が本質的に面白くないからだろう。1960年代以前の映画は、現在の映画と並べると、昔より星を増やしたくなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スペシャリスト」(1969年)

☆☆(4点/10点満点中) 1969年イタリア=フランス合作映画 監督セルジョ・コルブッチ ネタバレあり 古い映画に関してWOWOWよりはマシだが、NHK-BSPも既に保存版作成済みのものばかりで本当につまらない。昔なら保存版はおろか鑑賞するかどうかも躊躇するような本作のような作品をこうして保存版にして観るのも、WOWOWがす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ミッション・ワイルド」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2014年アメリカ=フランス合作映画 監督トミー・リー・ジョーンズ ネタバレあり 常連モカさんに、プライムビデオ無償枠にあるよと紹介された作品だが、丁度WOWOWに出たのでこちらで観てみた。そのまま永久保存にすることに決定、未公開になったのが実に惜しまれる西部劇の秀作である。  内容の合理性と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「残酷・異常・虐待物語 元禄女系図」

☆(2点/10点満点中) 1969年日本映画 監督・石井輝男 ネタバレあり 東映エログロ映画特集第二弾。本作を見ると、昨日の作品が相当大人しく感じられる。こういう慣れは良し悪しなのでござる。刺激に慣れると碌なことはない。石井輝男監督、やり過ぎですよ。 医者の玄達(吉田輝雄)が見聞する、或いは狂言回しとして紹介される三つの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「徳川女系図」

★(1点/10点満点中) 1968年日本映画 監督・石井輝男 ネタバレあり 日本メジャー映画初のポルノ映画だそうである。 日活ロマン・ポルノのように、性に生を見出させる狙い若しくは見出せる結果があるならば一概に否定的になる必要もないと思うが、東映のポルノは本当に趣味が悪い。  石井輝男とすれば、それなりに楽しませてくれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年イギリス=アメリカ合作映画 監督ジョージー・ルーク ネタバレあり スコットランドの女王メアリー一世の伝記映画である。彼女と年齢は近いが(従姉ではなく)叔母に当たるエリザベス一世との会見を描いたフリードリッヒ・シラーの戯曲「マリア・スチュワルト」はなかなか感動的であった。 メアリー…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画評「多十郎殉愛紀」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・中島貞夫 ネタバレあり 任侠映画が苦手なので中島貞夫監督には余り関心がない。20年ぶりの劇映画と言われても感慨は起きないが、今回は時代劇なので興味を持った。多分もう少し早く、時代劇が衰退する前に監督を始めていたら時代劇を撮った人なのだろう。 幕末の京都。親の借金を背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「引っ越し大名!」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・犬童一心 ネタバレあり 「武士の家計簿」(2010年)を恐らく嚆矢として、実話に則る武士の生活面に着目した映画がちょっとしたジャンルを形成している。もっと時間が経ったかと思っていたが、まだ10年だ。 姫路藩。越前松平家を祖とする城主松平直矩(及川光博)が、男色の誘い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「武蔵-むさし-」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・三上康雄 ネタバレあり 僕は吉川英治の小説「宮本武蔵」を読み、その映画バージョンも幾つか観ているので、本作の流れは特段の説明がなくても理解できる。しかし、全く知らない人には明らかに説明不足で、世評が伸びないのはやむを得ない。 大阪の陣直前。士官の一助になるかと若き武…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「サムライマラソン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本=イギリス合作映画 監督バーナード・ローズ ネタバレあり いつまで経ってもWOWOWに出て来ないので、無料プライム会員中にと、プライムビデオで無償鑑賞。別に後でも良かったのだが、実はこの映画のテーマである安政遠足(あんせいとおあし)マラソンが行われる街道の近くに住んでいる地元の人間な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アギーレ/神の怒り」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1972年西ドイツ=メキシコ=ペルー合作映画 監督ヴェルナー・ヘルツォーク ネタバレあり サイレント映画からトーキー初期にかけてドイツやオーストリアは映画先進国だったが、ヒトラーが実権を握って実力のある映画作家が国外特にアメリカへ逃げたこともあり、すっかりダメになった。戦後は「菩提樹」(1956…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ロイ・ビーン」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1972年アメリカ映画 監督ジョン・ヒューストン ネタバレあり 1970年代にTVと映画館で二度、今世紀初めに衛星放送で一度観ていると記憶するので、今回が4回目。しかし、結構憶えていないところがあるもので、今回も面白く観た。Allcinemaでの平均点6.4、 IMDb では7.0と余り芳しくな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「西部の人」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1958年アメリカ映画 監督アンソニ・マン ネタバレあり ゲイリー・クーパーには「西部の男」(ウィリアム・ワイラー監督)という主演作もあってややこしいのだが、こちらはアンソニー・マン監督による晩年の主演作。多分40年ぶりくらいの再鑑賞である。 クーパーは、アリゾナ州のグロスカットまで馬でや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「決算!忠臣蔵」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり 「忠臣蔵」の基本を知らない人は見ても仕方があるまい。喜劇仕立てで比較的若い人に向けて作ったのかもしれないが、「忠臣蔵」を碌に知らない彼らにはつまらないにちがいない。 原作に相当するのは、山本博文氏の著書である。無数に関係文献があるのでどれがと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「マグダラのマリア」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年イギリス=オーストラリア=アメリカ合作映画 監督ガース・デーヴィス ネタバレあり 昔は劇場未公開=未輸入だから一切見られなかったわけだが、近年は劇場未公開も色々で、本作の場合は僕には縁のないITUNESで紹介されたとのこと。 従来“娼婦” とされてきたマグダラのマリアの名誉回復の為…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ゴールデン・リバー」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年フランス=スペイン=ルーマニア=ベルギー=アメリカ合作映画 監督ジャック・オーディアール ネタバレあり 今、映画界はグローバルの時代だから欧州各国の資本でアメリカを舞台に作られる作品が多い。かつてのヨーロッパ製西部劇も同じで、本作など昔なら(アメリカが製作に絡んでいるとは言え)ヨーロッパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「情炎の女サロメ」

☆★(3点/10点満点中) 1953年アメリカ映画 監督ウィリアム・ディターレ ネタバレあり 図書館DVDシリーズその1。 主演のリタ・ヘイワースが製作に絡んだ意欲作なのだが、全くいけない。僕が観ようと思った理由は通常とは全く逆で、双葉十三郎先生が☆★(25点相当)という滅多に出さない低得点だから。  双葉さんもこの採…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ガンヒルの決斗」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1959年アメリカ映画 監督ジョン・スタージェス ネタバレあり 実に久しぶりでございますなあ。ジョン・スタージェスの西部劇の中では「荒野の七人」(1960年)と「OK牧場の決闘」(1956年)はよく放映されるが、「ゴーストタウンの決闘」(1958年)とこの「ガンヒルの決斗」はなかなかやってくれな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画評「ワイルド・ビル」

☆☆★(5点/10点満点中) 1995年アメリカ映画 監督ウォルター・ヒル ネタバレあり ワイルド・ビル・ヒコックの伝記映画、必然的に西部劇である。  ウォルター・ヒルが監督を務め、「平原児」(1936年)でお馴染みの有名人のお話で、人気俳優も出ているが、日本劇場未公開と知ってからどうも手が伸びにくい状態だった。このところス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「竜馬を斬った男」

☆☆★(5点/10点満点中) 1987年日本映画 監督・山下耕作 ネタバレあり 時代小説家早乙女貢の同名短編小説を山下耕作が映画化。  坂本龍馬を扱った小説・映画・TVドラマは色々あるが、彼を殺したと言われる人物の一人・佐々木只三郎を主人公にした点が異色である。 佐幕派の会津藩士・只三郎(萩原健一)は、浪士組組織に奔走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「居眠り磐音」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・本木克英 ネタバレあり 時代小説には余り興味がないので、近年の作家や作品はよく知らない。本作原作である佐伯泰英の小説も知らないが、10年以上も前にNHKで放映されていた時代劇シリーズをちょっと見たことがある。正確には、Allcinemaの投稿を読んで思い出したというわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「さらばバルデス」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1973年イタリア=フランス=スペイン=アメリカ合作映画 監督ジョン・スタージェス ネタバレあり チャールズ・ブロンスン主演の、事実上のイタリア製西部劇。しかし、監督が本場アメリカの大御所ジョン・スタージェスで、所謂マカロニ・ウェスタンに属する映画ではない。イタリア的でないというだけでなく、当時ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「七人の無頼漢」

☆☆★(5点/10点満点中) 1956年アメリカ映画 監督バッド・ベティカー ネタバレあり 若い頃ランドルフ・スコットのB級(ロー・コスト、ロー・バジェット)西部劇を十数本観たが、本作は未鑑賞。 フランスのお経みたいな観念的な映画評を書く映画評論家の高評価など無視すれば良いのに、無視できない日本の映画マニアに褒める人多し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「リオ・ブラボー」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1959年アメリカ映画 監督ハワード・ホークス ネタバレあり 何回も引き合いに出しているのにアップしていない作品の代表格「十二人の怒れる男」は先日遂に上げた。これもそれに次ぐ作品で、どういうわけか、二回目の鑑賞は映画館であった(1980年頃)。Allcinemaで調べる限りはリバイバルはされてい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「100万ドルの血斗」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1971年アメリカ映画 監督ジョージ・シャーマン ネタバレあり 西部劇として良いか悪いかと言うより、1971年当時の西部劇をめぐる環境について語りたくなる映画として面白い。40年ぶりくらいの再鑑賞。 奥さんモーリン・オハラと喧嘩し家を飛び出して10年になろうかという牧場主ジョン・ウェインがい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画評「キングダム」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり 原泰久によるコミック(の題名)は主人公の名前を答えさせるクイズを通して知った。子供の頃から漫画を読む習慣のない僕は勿論読んだことはない。  原作は少年向けコミックあろうから、物語は見た目以上に他愛ない。以下の如し。 中国戦国時代の秦国で奴隷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ミネソタ無頼」

☆☆★(5点/10点満点中) 1964年イタリア=フランス=スペイン合作映画 監督セルジョ・コルブッチ ネタバレあり 「荒野の用心棒」と同じ1964年の製作だからマカロニ・ウェスタンとしてはごく初期の作品に当たり、当然のようにアメリカから俳優を招聘して作られている。監督はセルジョ・コルブッチだが、後年のように妙なズームを使うこ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「斬、」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・塚本晋也 ネタバレあり 塚本晋也監督初めての時代劇である。 動乱の気運の出て来た江戸末期。農村で農家を手伝っている浪人・池松壮亮は、一家の息子・前田隆成に剣術を教えている。腕を上げて来た息子がすっかり江戸に出て侍の真似事をしようとしていることにいら立つ姉・蒼井優はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ヴェラクルス」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1954年アメリカ映画 監督ロバート・オルドリッチ ネタバレあり ある程度知られた西部劇は大概2回観ているので、本作も多分3回目だろう。 南北戦争に敗れ失意の元南軍将校ゲイリー・クーパーが新天地を求めて革命騒ぎ(史実上は王党派と共和派の争いで、所謂革命ではない)で荒れるメキシコにやって来る…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more