テーマ:サスペンス/スリラー

映画評「ハウスメイド」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年韓国映画 監督イム・サンス ネタバレあり 先日観た韓国の古典スリラー「下女」の50年後のリメイク。  オリジナルはモノクロ時代の欧米スリラーに匹敵する純度の高い秀作だが、本作は階級対立がテーマとして明確に打ち出されている。その点でオリジナルより「パラサイト 半地下の家族」に近い。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「下女」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1960年韓国映画 監督キム・ギヨン ネタバレあり 僕が1970年頃映画を本格的に観始めて以来1986年の「桑の葉」まで韓国映画が正式に日本に輸入された記憶がない(それ以前のことは解らない)。「桑の葉」は官能映画で、一般的な映画は1999年の「八月のクリスマス」「シュリ」辺りまで待つことになる。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年中国=日本合作映画 監督ユー・フェイ ネタバレあり 役所広司の名だけを見て鑑賞したが、合作扱いも実質中国映画で些かがっかり。  最近観る中国映画のレベルは、一時期のようなものが殆どない。輸入に選んでいる作品が悪いのだと言えば、それまでだが、中国政府が口を挟みすぎているのではないか? 全体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「カイジ ファイナルゲーム」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・佐藤東弥 ネタバレあり “カイジ”という名前は知っているので、すっかり旧二作を観た気になっていたが、どうも最終作と言われる本作がシリーズ初見らしい。 2020年の東京オリンピックが終了して景気が冷え込んで(恐らく国の借金が問題になって円が暴落し)ハイパー・インフレが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「AI崩壊」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・入江悠 ネタバレあり 日本のサスペンス大作はハリウッドのそれに到底敵わないが、本作はなかなか健闘している。それを考慮してやや甘めに採点した。 2030年、開発したAI医療システムの厚労省による承認が妻・松嶋菜々子の癌死に間に合わず失望して幼い娘(田牧そら)と海外に逃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年アメリカ映画 監督キャシー・ヤン ネタバレあり 予想と違って全くのメソメソくよくよ型で気に入らなかった「スーサイド・スクワッド」の続編、と言おうか、スピンオフでござる。ヒロインの名前ハーレイ・クインはハーレクイン・ロマンスのパロディでしょうな。 ゴッサム・シティに君臨するジョーカー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「間諜」

☆☆★(5点/10点満点中) 1937年イギリス映画 鑑賞ヴィクター・サヴィル ネタバレあり 1931年にマレーネ・ディートリッヒ主演で「間諜X27」、グレタ・ガルボ主演で「マタ・ハリ」という戦争絡みのスパイ映画が相次いで作られたのは、やはり将来のドイツとの闘いを意識していたのではないかと想像する。31年はまだナチスの勢力が確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「エンド・オブ・ステイツ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督リック・ローマン・ウォー ネタバレあり 邦題では「エンド・オブ」シリーズ、原題では"Has Fallen"シリーズの第3作である。 シークレット・サーヴィスの現場トップのジェラード・バトラーが病を抱えるため長官になるかどうか迷い、元同僚ダニー・ヒューストンと会った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「サニー/32」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・白石和彌 ネタバレあり 誘拐された中学校教師の運命というアウトラインに加え、パンチのある描写を買う白石和彌が監督をしているので期待したが、もう一つである。 13年前の小学生による同級生殺人事件を踏まえてお話が進む。  現在の新潟。中学校の女子教師藤井赤理(北原里英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ラスト・リベンジ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ=バハマ合作映画 監督ポール・シュレーダー ネタバレあり ニコラス・ケイジ主演作で、やや古い。IMDbで4.4(中心点5.5の80%)、Yahoo!映画で2.4(中心点3.0の80%)とほぼ良い勝負の低評価であるが、そこまでは悪くない。寧ろやたらにがちゃがちゃしている、ケイジの他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「侵入する男」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年アメリカ=カナダ合作映画 監督デオン・テイラー ネタバレあり 日本の映画館では公開されなかったが、本年4月にデジタル配信された由。 広告代理店社員として大成功した黒人青年マイケル・イーリーが、美人の細君ミーガン・グッドと、これから子供を作って家族団欒に備えようと、かなり森の奥にある広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「チャーリーズ・エンジェル」(2019年版)

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=ドイツ合作映画 監督エリザベス・バンクス ネタバレあり Wikipediaによれば「チャーリーズ・エンジェル」映画版のシリーズ第3作(16年ぶり)に当たるらしいが、第一作と全く同じ題名を付けているところを見るとリブートと考えた方が良いのではないか。  このシリーズの便利なとこ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

映画評「ホテル・ムンバイ」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2018年オーストラリア=インド=イギリス=アメリカ合作映画 監督アンソニー・マラス ネタバレあり 甚だ恥ずかしいことに、2008年11月インドのムンバイ(僕らの世代はボンベイと言いたくなる)で起きた同時多発的なテロは殆ど記憶に残っていない。しかし、その実際の事件をテーマにしたこの映画はサスペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「鉄路の闘い」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1945年フランス映画 監督ルネ・クレマン ネタバレあり 40年近く前に観たのが最初だろうか。ルネ・クレマンの長編劇映画デビュー作で、カンヌ映画祭で国際審査員賞と監督賞を受賞。 同時代のネオ・レアリスモと同じく素人出演のセミ・ドキュメンタリー手法で、ナチス・ドイツの戦力に大きな役割を果たす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「新聞記者」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・藤井道人 ネタバレあり 我が家は多分半世紀以上東京新聞をとっている。貧乏だったから父親が一番安い新聞を選んだのだと思う。親が亡くなる前に地元に舞い戻った僕はそのまま取り続けている。個人主義だから、概して庶民の目で権力を見る東京新聞とは肌が合う。人権に拘る新聞なのだと思う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「空母いぶき」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・若松節朗 ネタバレあり 昨年の今頃、本作で総理大臣を演じる佐藤浩市の総理大臣に関する発言に安倍政権支持層の右派一部がかみついたが、彼は別に安倍批判をしたとは感じられなかった。確か彼は、総理大臣というのは大変な仕事である、という主旨を発言しただけと記憶する。いずれにしても、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「スカイスクレイパー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ=香港合作映画 監督ロースン・マーシャル・サーバー ネタバレあり ドウェイン・ジョンスン主演の映画は、彼が単独で八面六臂の活躍をする内容で似たり寄ったりのものばかり、その限りではつまらないが、その代わりお話の構図が単純で見通しが良いため力が入りやすく、その意味では退屈しない。時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「オーヴァーロード」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=カナダ合作映画 監督ジュリアス・エイヴァリー ネタバレあり アーサー・C・クラークのSF小説「幼年期の終わり」でオーヴァーロードは天使に相当する存在だが、本作のオーヴァーロードは何のことか全く解らない。 ノルマンディー上陸作戦開始直後、フランスの教会に作られた電波塔を破壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「狩人の夜」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1955年アメリカ映画 監督チャールズ・ロートン ネタバレあり オースン・ウェルズほどではないにしても怪優と言って良いチャールズ・ロートンが出演はせずに監督だけして興行的にこけ、日本には1990年になって漸く正式公開された、サイコ・スリラーである。  多分1970年代辺りにカルト的な評判が海外…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画評「見えない目撃者」(2019年版)

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・森淳一 ネタバレあり 昨日の中国リメイク版(テイストは殆ど韓国版)は、本作と比較する為に観たわけだが、日本人だから言うのではなく、中国版の欠点が改善されていてなかなか上出来である。 不良の仲間入りをしそうな弟を警官になったばかりの姉・吉岡里帆が車で連行して事故を起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「見えない目撃者」(2015年版)

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年中国=韓国合作映画 監督アン・サンフン ネタバレあり 韓国映画「ブラインド」(2011年)を韓国人監督アン・サンフンが中国でセルフ・リメイクした作品。日本の再リメイク版と同時放映されたので、観てみることにしたのだが、逆に同時放映でなければ、両方とも観ない可能性があった。まあその程度の興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「Diner ダイナー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・蜷川実花 ネタバレあり 蜷川実花の映画は写真と同様に強烈な色調の画面で、その画調にふさわしく内容が非常にギトギトしている為に僕はいつも疲れてしまう。本作の内容はマンガっぽいが、実は平山夢明の小説の映画化。小説もイロイロということです。 母親に捨てられて祖母に育てられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」

☆☆(4点/10点満点中) 1969年アメリカ=メキシコ合作映画 監督ダニエル・ファーランズ ネタバレあり 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の終盤と同工異曲の、伝記映画のWhat ifものである。 前述作では、チャールズ・マンソンが恨みを抱いた若手音楽プロデューサーのテリー・メルチャー(ドリス・デイの息子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「夜の訪問者」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1970年フランス=イタリア=ベルギー合作映画 監督テレンス・ヤング ネタバレあり 「雨の訪問者」(1970年)がヒットしたので、チャールズ・ブロンスン主演につき邦題が「夜の訪問者」となったのであった。懐かしいなあ。観たのは劇場公開より数年遅れ、四十数年前にTVのみ。94分という短い映画なのでので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「アルキメデスの大戦」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・山崎貴 ネタバレあり 世界の映画がアイデア不足で興味深いお話の映画が非常に限られているが、本作はアングルがなかなか面白い。原作は三田紀房のコミック。 国際連盟を脱退した後1933年の日本。これから始まる可能性のあるアメリカとの戦争を前提に、戦艦こそ戦争を有利に進める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ=イギリス=中国合作映画 監督クェンティン・タランティーノ ネタバレあり クェンティン・タランティーノは最初の「レザボア・ドッグス」(1992年)以外は長く、残虐趣味もあり、僕は苦手だが、この映画に観られる解りやすい映画への愛情表現はそんな僕をして感涙を催させるほどである。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「勝利への脱出」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1981年アメリカ=イギリス合作映画 監督ジョン・ヒューストン ネタバレあり 学生時代、映画館で観た。多分それ以来の鑑賞だろうから、およそ40年ぶりの再鑑賞となりましょう。  競技人口は多かったものの現在のようなサッカー人気がなかった当時の日本でも、シルヴェスター・スタローンの人気に援護射撃さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「007/リビング・デイライツ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1987年イギリス映画 監督ジョン・グレン ネタバレあり ジェームズ・ボンド役がロジャー・ムーアからティモシー・ダルトンに代わったシリーズ第15作。役者は代わったが、監督は4作続けてジョン・グレン。再鑑賞。 ソ連末期。007ことボンドがKGB将軍イェロー・クラッベの亡命を助けるべく、美人狙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ザ・フォーリナー/復讐者」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2017年イギリス=中国=アメリカ合作映画 監督マーティン・キャンベル ネタバレあり ジャッキー・チェンの主演映画はこのところ空振り気味で余り期待していなかったし、中国の資本も入っているので、嫌な感じがしたが、その思いは全く裏切られるのである。実際、最初はうんざりしかけた。  というのも、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「大脱出2」

☆★(3点/10点満点中) 2018年アメリカ=中国合作映画 監督スティーヴン・C・ミラー ネタバレあり 「大脱出」は頭脳派ながら見やすいストレートなアクションもあって程々楽しめたが、この続編は戴けません。特に前作の設定を憶えていない人、若しくは本作で初めて見る人は、抽象的すぎて置いてけぼりを食らう。 どこかのテロ・グル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more