テーマ:映画 か行

映画評「喜劇 愛妻物語」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・足立紳 ネタバレあり 「百円の恋」という優れた脚本作のある足立紳が自らの脚本を映像に移した(一種の)ホーム・コメディーで、コミカルすぎるくらいの内容なのに平成以降の家族・夫婦関係のリアルさに甚だ感心させられた。足立の経験に基づくお話だろうと見当がつく内容である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「喜劇 女は男のふるさとヨ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1971年日本映画 監督・森崎東 ネタバレあり 森崎東監督の「喜劇」シリーズ(?)を観るのはこれで三本目である。脚本は、年下だが映画界では先輩に当たる山田洋次と共同で書いている。山田が加わっていることもあって、「男はつらいよ」と共通する要素も少なくないが、落語的な山田と違って森崎監督のタッチは漫才…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ケンネル殺人事件」

☆☆★(5点/10点満点中) 1933年アメリカ映画 監督マイケル・カーティス ネタバレあり 本格推理の分野に大きな足跡を残し、アガサ・クリスティにも大きな影響を残した筈であるS・S・ヴァン・ダインのファイロ・ヴァンスもの第6作の映画化。  ウィリアム・パウエルがヴァンスに扮するシリーズとしては第5作で、このシリーズで私立探…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「カセットテープ・ダイアリーズ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年イギリス=アメリカ=フランス合作映画 監督グリンダ・チャーダ ネタバレあり ビートルズの「ゲット・バック」は当初パキスタン人差別を歌う内容であったと言う。パキスタン人を差別するのではなく、パキスタン人差別を皮肉るつもりだったらしい。しかし、それでも誤解を招いては困ると思ったのか、結局現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「クラッシュ」(1996年)

☆☆★(5点/10点満点中) 1996年カナダ=イギリス合作映画 監督デーヴィッド・クローネンバーグ ネタバレあり デーヴィッド・クローネンバーグは面白い作品を作るが、真に感心した作品は余りない。面白かったのはリメイクの「ザ・フライ」(1986年)、総合的に優れていたと思ったのは「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(2005年)…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「Girl/ガール」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年ベルギー=オランダ合作映画 監督ルーカス・ドン ネタバレあり 1999年の「ボーイズ・ドント・クライ」以降性同一性障害の人々を描いた映画がぼちぼち作られ、最近では「アバウト・レイ 16歳の決断」がある。上記二作品は自分を男性と感じている女性が主人公だったが、本作は逆である。  ところ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

映画評「今宵、212号室で」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年フランス=ベルギー=ルクセンブルク合作映画 監督クリストフ・オノレ ネタバレあり 昔のフランス恋愛映画はお話も面白く、演出も洒落ているものが多かったが、ヌーヴェル・ヴァーグ定着以降に作られた恋愛映画はどうも理屈が先行して余り面白くない。  本作も超現実的内容を交えているのに洒落っ気が不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「健さん」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・日比遊一 ネタバレあり 僕が映画ファンになり立ての1970年代初め、昼間よくTVで高倉健の任侠映画をやっていたが、当時は洋画オンリーの子供だったので殆ど観た記憶はない。「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)を最初に観たのもTVで(後年名画座でも観る)、映画館で高倉健をき…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「霧の波止場」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1938年フランス映画 監督マルセル・カルネ ネタバレあり マルセル・カルネの戦前の代表作で、30年ぶりくらいの再鑑賞になりましょうか。 ベトナム(と字幕には出る。インドシナと言っているかもしれないが、フランス語なので解らない)の戦線から脱走した兵隊ジャン・ギャバンがトラックに拾ってもらい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「家族を想うとき」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2019年イギリス=フランス=ベルギー合作映画 監督ケン・ローチ ネタバレあり 作り物の面白味はケン・ローチに求められない一方、このお話は対岸の火事ではないと強く認識する必要がある。 小学生の娘ライザ・ジェーン(ケイティ・プロクター)と高校生の息子セブ(リス・ストーン)を育成する為に母親ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・田中亮 ネタバレあり 昨年の三月に第一作を観た。その時元気に出演していた三浦春馬と竹内結子が、本作の劇場公開前後に相次いで自殺してしまった。二人とも前回ほどの活躍ではないにしても本作で姿を見せているので、どうも怏々とした気持ちで観始め、そのせいもあってか乗れず終い。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「かもめ」(2018年)

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督マイケル・メイヤー ネタバレあり ロシアの作家の中でも特にご贔屓にしているアントン・チェーホフの四大戯曲の一つ。“喜劇”と名付けられた一種の悲劇である。日本劇場未公開作。 19世紀末のロシア。湖のそばにある邸で、作家志望の若者コンスタンチン(ビリー・ハウル)、時々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年フランス=ベルギー合作映画 監督フランソワ・オゾン ネタバレあり アメリカ映画「スポットライト 世紀のスクープ」(2015年)と同工異曲の実話ものである。違うのは、「スポットライト」は記者が公憤の立場からカトリック教会の神父による小児性愛を暴露し、こちらは被害者たちが自ら巨大なカトリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「仮面病棟」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・木村ひさし ネタバレあり 良い出来が期待できなくてもミステリー映画なら観る。原作者のミステリー作家知念実希人(ちねん みきと)は医療関係者でもあるそうで、医療関係が非常に正確・・・でもないのはご愛敬。 八王子のコンビニでピエロの仮面を被った強盗事件が起きる。交通事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「街燈」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1957年日本映画 監督・中平康 ネタバレあり 短編の名手・永井龍男の小説が原作というのも文学壮年オカピーの心をくすぐるが、中平康の映画をお話に重点を置いて見てもつまらないとは思う。 男子学生が定期券をわざと落として拾ってくれた女性をナンパ等するという行為がお話の発端。弟が落とした定期券を拾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「影に抱かれて眠れ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・和泉聖治 ネタバレあり 北方謙三の名前を知って40年くらいは立つだろう。しかし、小説を実際に読むほどの興味はないので、作家としての傾向が少し解るかもしれないと思い、小手調べ的に「抱影」を映像化した本作を観ることにした。 酒場を経営する変わり者の画家・加藤雅也は、画業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「亀も空を飛ぶ」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2004年イラク=フランス=イラン合作映画 監督バフマン・ゴバディ ネタバレあり 「存在のない子供たち」の映画評へのコメントで常連のモカさんが紹介してくれたのがこの作品である。「酔っぱらった馬の時間」(2000年)という秀作を放ったイランの監督バフマン・ゴバディの作品だから題名は知っていた。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「権力に告ぐ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年韓国映画 監督チョン・ジヨン ネタバレあり 現在も裁判中という、外資による韓国大手銀行安価売却事件に絡む政治サスペンス。昨日の「暗数殺人」がまともだったので期待したが、こちらは韓国映画の悪いところが出て、平均的大衆映画に留まる。 映画は、投資会社への売却が沙汰される大手銀行の女性職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=マレーシヤ=ポルトガル合作映画 監督リチャード・スタンリー ネタバレあり 高校時代に幻想文学の作家H・P・ラブクラフトを知ったが、結局未だに読んでいない。ロアルド・ダール、フリオ・コルタサル、スティーヴン・キングなどと並んで文学好きの映画ファンなら読みそうな作家で、先日も拙ブロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「グッドバイ~噓からはじまる人生喜劇~」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり 太宰治最後の小説の映画化だが、序盤のうちに未完に終わったので、映画作者が色々と加えられるというメリットがある。それを生かせるかどうかは映画人の腕次第。とは言っても、本作には、その遺作から作り上げられたケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲があると言ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「月曜日のユカ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1964年日本映画 監督・中平康 ネタバレあり ブログを始める何年か前に観ている。 Allcinemaにあるコメントの通り、「狂った果実」(1956年)でヌーヴェル・ヴァーグに影響を与えたとあれる中平康監督が、成熟したヌーヴェル・ヴァーグから逆輸入したような感覚が爆発、大いに楽しめる。原作…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「記憶屋 あなたを忘れない」

☆☆(4点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・平川雄一朗 ネタバレあり 織守(おりがみ)きょうやという作家によるホラー小説の映画化であるが、映画版はホラーの印象はなく、ファンタジーを仕込んだ青春映画の趣きである。 プロポーズした恋人・杏子(蓮佛美沙子)にすっかり忘れられてしまった広島出身の大学生・遼一(山田涼介)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「河」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1952年フランス=インド=アメリカ=イギリス合作映画 監督ジャン・ルノワール ネタバレあり 正確には憶えていないが、初めて観たのは30年以上前である。  英国の閨秀作家ルーマー・ゴッデンが英国統治時代のインドを舞台に書いた自伝的小説をインドで映画化したもので、 Allcinema の諸氏が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「五人の斥候兵」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1938年日本映画 監督・田坂具隆 ネタバレあり 1938年の戦意発揚映画である。しかし、太平洋戦争開戦前でまだ映画作家も言いたいことがある程度言え、この作品からその思いは伝わって来る。単なる戦意発揚映画とこき下ろしてはなるまい。 本作は我が家のライブラリーにあるが、ビデオなので、大分マシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「恐竜が教えてくれたこと」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年オランダ=ドイツ合作映画 監督ステーフェン・ワウテルロウト ネタバレあり アンナ・ウォルツという英国の女流児童文学者の作品のオランダでの映画化。 オランダ北部の島に家族とバカンスにやって来た11歳の少年サム(ソニー・コープス・ファン・ウッテレン)が、地元の風変わりな同じ年頃の少女テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「下女」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1960年韓国映画 監督キム・ギヨン ネタバレあり 僕が1970年頃映画を本格的に観始めて以来1986年の「桑の葉」まで韓国映画が正式に日本に輸入された記憶がない(それ以前のことは解らない)。「桑の葉」は官能映画で、一般的な映画は1999年の「八月のクリスマス」「シュリ」辺りまで待つことになる。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「黒い賭博師 悪魔の左手」

☆☆★(5点/10点満点中) 1966年日本映画 監督・中平康 ネタバレあり 「誘惑」が中平康のテクニックが存分に観られて楽しかったので、またプライムビデオでの無償鑑賞でござる。  中平監督はシリーズ(氷室浩次シリーズ?)第6作その名も「黒い賭博師」を撮っていて、007やビリー・ワイルダーをムード的に引用してなかなか面白かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「風をつかまえた少年」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年イギリス=マラウィ合作映画 監督キウェテル・イジョフォー ネタバレあり 相変わらず実話ものが多い。しかし、本作は、アフリカの小国マラウィが舞台なのが興味深く、監督が男優キウェテル・イジョフォーの初監督作というのが注目に値する。 2001年マラウィは旱魃に襲われる。  14歳くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年フランス=ベルギー合作映画 監督レジス・ロワンサル 重要なネタバレあり。ご注意願います。 本好きで翻訳家を目指したことがある。小説の類の翻訳は極めて狭き門で挫折したので、その意味でも興味を惹かれて観たが、WOWOW【W座からの招待状】の案内人・小山薫堂氏ほどには感心できない。  ダン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「黒い司法 0%からの奇跡」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督デスティン・ダニエル・クレットン ネタバレあり ブライアン・スティーヴンスンという黒人弁護士が自分の活動を記したノンフィクションの映画化。第二の「アラバマ物語」(1963年)と言うべき内容で、若き日の著者が主人公である。 1980年代後半から90年代半ばくらい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more