テーマ:音楽

ふるーい名盤CD輸入盤聴きまくりの記3月上旬・下旬合併号

 合併号などと言っても常と変るわけではなく、この間(かん)の地震による混乱により記事が遅れたこと、上旬号はなるべく初旬(5日頃まで)にUPしようという調整を兼ねて今月はこの1回という意味合いです。  さて、今回は21世紀になってリイシューされた盤に目立つボーナス・トラックについて。  そのアーティストのファンならこれほど有難いも…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ふる~い名盤CD輸入盤聴きまくりの記2月下旬号

映画に関しては一家言ある僕も、音楽はただの横好き。大した論評も出来ない癖にレビューもどきをしておりますが、映画と違って採点は半分がところ遊び感覚なので宜しく。音質に関してはあるメーカーのオーディオ部門に在籍していたこともあり、そこそこ専門的な表現ができますので、多少信頼できるかもです。 ジャケットについてのコメントも大募集中。どな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ふる~い名盤CD輸入盤聴きまくりの記2011年2月上旬号

 先月から始めた名盤シリーズ第2弾です。古い盤が多いので余り関心を惹かないと思いますが、まだまだ続けますよ。  今回はどういう風にディスクを選んでいるかということについてお話致しましょう。  1983年頃だったと思いますが、東京・八重洲のブックセンターで「ローリング・ストーン・レコードガイド」なる分厚い赤い本を発見、面白そうなの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ふる~い名盤CD輸入盤聴きまくりの記【2011年1月下旬号】

 昨年映画「キャデラック・レコード」を観て焼けぼっくいに火が付き、「パイレーツ・ロック」で物凄い勢いになった僕の音楽(洋楽)熱。Amazonを通して海外業者から直に輸入盤を買うと、輸送費を入れて平均1000円でかつて買いたかったのに手に入れられなかったアナログ時代の名盤がCDで買えることが解り、リスト化していったらあっという間に500枚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「パイレーツ・ロック」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年イギリス映画 監督リチャード・カーティス ネタバレあり ビートルズが武道館で演奏をした1966年、日本では学校側が生徒たちに公演に行かせないように圧力を掛けたと聞く。同じ年イギリスではどうだったかと言えば日本以上に保守的で、本作によれば、英国唯一の公式ラジオ局であるBBCは一日45分し…
トラックバック:13
コメント:6

続きを読むread more

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「スモーキン・ブギ」・・・僕拝借しちゃいました音楽シリーズその2

去年入院前に「さらばシベリア鉄道」を紹介してなかなか好評でした(早いものであれから15カ月も経ってしまいました)が、今回もあっと驚くようなのを持ってきました。ご存じない方が多いと思います。 今や単独で作曲家たまに俳優としても活躍している宇崎竜童が率いていたダウン・タウン・ブギウギ・バンドの出世作「スモーキン・ブギ」にもこんな原曲が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ビートルズ ファースト・ライブ・イン・アメリカ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1994年アメリカ映画 監督キャシー・ドハーティ、スーザン・フレームケ、アルバート・メイスルズ ネタバレあり 最近リマスターされたビートルズのCDが爆発的に売れているらしい。モノラル・バージョンを集めた11組(13枚)「モノBOX」購入を検討しているが、およそ40000円につき、なかなか手が出な…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

僕拝借しちゃいました音楽シリーズ・・・大滝詠一「さらばシベリア鉄道」

たまには変った話題を提供しようというので、本館でも適当にやっている【パロディ、オマージュ、ぱくり】通称POPを音楽付きで紹介しようと思い立ったのがこの企画。 自分の持っている音源を小さく変換できるソフトを持っていないので、大人気のYouTubeなるものを利用して紹介することにします。 その第一弾は、太田裕美の歌唱で知られてい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more