テーマ:SF/ファンタジー

映画評「TENET テネット」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2020年アメリカ=イギリス合作映画 監督クリストファー・ノーラン ネタバレあり 文字通り時間がどんどん逆行して展開する映画「メメント」(2000年)を出世作とするクリストファー・ノーランとしては、自身頗る興味のあるテーマに再び取り組んだと言えましょう。しかし、何故か「メメント」に言及する人が少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「人間の時間」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年韓国映画 監督キム・ギドク ネタバレあり キム・ギドクが昨年末コロナで亡くなった時日本のTVは殆ど報道しなかった。日本での知名度を考えれば仕方がないのかもしれないが、日本の映画ファンには彼が好きな人は多いし、僕も相当ご贔屓にしている。2010年代に入って形而上的な内容から離れた結果一時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=マレーシヤ=ポルトガル合作映画 監督リチャード・スタンリー ネタバレあり 高校時代に幻想文学の作家H・P・ラブクラフトを知ったが、結局未だに読んでいない。ロアルド・ダール、フリオ・コルタサル、スティーヴン・キングなどと並んで文学好きの映画ファンなら読みそうな作家で、先日も拙ブロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(地上波放映版)

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督J・J・エイブラムズ ネタバレあり シリーズ最終作(第9作)でござる。最初の三作は全て映画館で観たが、残りは全てWOWOWでこなしてきた。しかし、最終作はWOWOWが日本テレビに先行放映権を許したらしく、CMカットがあるとは言え本編ノーカットなので観ることにした。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「イエスタデイ」(2019年)

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年イギリス=アメリカ=日本=中国合作映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり そのつもりもないのにアマゾン・プライム会員(一ヶ月無料、その後継続すれば有料)にさせられてしまったので、来月もWOWOWに出る予定のない本作を観ることにした。無料会員の無料は会費であって、全ての作品が無料で見られ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ボーダー 二つの世界」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年スウェーデン=デンマーク合作映画 監督アリ・アッバシ ネタバレあり 例によって全く何も知らずに観たが、かなり異色の、しかしタッチがよく抑制された、ダーク・ファンタジーであった。ハリウッドのメジャー映画ではまず作らないようなお話である。 ティーナ(エヴァ・メランデル)という特殊な容貌…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ナイト・オブ・シャドー 魔法拳」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年中国映画 監督ヴァッシュ・ヤン ネタバレあり 作家兼ゴーストハンターのジャッキー・チェンが、幾つかの小事件の後、蛇から人間になった青年イーサン・ルアンと彼を人間にする代わりに自らは妖怪になった美女エレイン・チョン(役名シャオチン)の悲恋に遭遇、彼らと壮絶な戦いを繰り広げながらも陰陽の間(幽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「悪魔が夜来る」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1942年フランス映画 監督マルセル・カルネ ネタバレあり 6300本もの映画絡みの記事を書きながら、マルセル・カルネはまだ取り上げていないと思う。「天井桟敷の人々」は長いので、どうも敬遠しがち。大好きな「嘆きのテレーズ」もブログ開設の2005年以降は見ていない。恐らくこのブログで初めて取り上げ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「ヘルボーイ」(2019年版)

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=イギリス=ブルガリア=カナダ=ポルトガル=フランス合作映画 監督ニール・マーシャル ネタバレあり この間の「チャーリーズ・エンジェル」や「バッドボーイズ  フォー・ライフ」と同じパターンで第二作とのスパンが大分ある第三作。ネタがないという以上に楽しようという魂胆と言えましょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジュマンジ/ネクスト・レベル」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ジェーク・キャスダン ネタバレあり 「ジュマンジ」という子供向けのファンタジー作品を、登場人物を大人に変えてリブートしたようなのが前回の「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」で、余り煩いことを言わなければ時間つぶしくらいにはなった。 本作はその純然たる続編で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ジェミニマン」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ=中国=インド合作映画 監督アン・リー ネタバレあり 1970年代に同名のTVシリーズ(H・G・ウェルズ「透明人間」がベース)があったが、全く無関係。こちらはある程度現実味のあるSF映画である。 走る高速列車に乗るターゲットを仕留めることさえできるDIAの名狙撃手ヘンリー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「ターミネーター:ニュー・フェイト」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ティム・ミラー ネタバレあり 本稿の短さから推測できるように、腹蔵なく言えば、このシリーズにはもううんざりなのである。評判の良い第一作・第二作も世評ほど買っていないからなおさら。と言いながら、いざ観始めると意外といける。 未来世界から女サイボーグのグレース(マッケ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「アド・アストラ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019アメリカ=中国合作映画 監督ジェームズ・グレイ ネタバレあり 本格SFを読むのは、昔痛い目にあったせいで未だに多少苦手意識があるが、春先に読んだアーサー・C・クラークの「幼年期の終り」が面白かったし、正統的な作風であれば面白く読める自信を得つつある。映画であれば、アメ・コミの映画化や「ス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ルイスと不思議の時計」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ=カナダ=インド合作映画 ネタバレあり 「ハリー・ポッター」シリーズは姿を変えてまだ続いているが、これは別の原作者ジョン・ベレアーズの児童文学を映画化した魔法ものである。多分死ぬまで読まないと思うが、図書館に本作の原作「壁のなかの時計」もありましたぞ。 1940年代末。交通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=日本=カナダ=メキシコ合作映画 監督マイケル・ドハティ ネタバレあり 「GODZILLA ゴジラ」の続編である。「ゴジラ」はもういいよ、というのが僕の偽らざる心境なので、少なくとも観る前の心境としてワクワクもドキドキもしない。マーヴェル・コミックスの映画版も大体同じだが、あちら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ジュラシック・ワールド/炎の王国」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督J・A・バヨーナ ネタバレあり シリーズ通算第5作。 前作で崩壊した“ジュラシック・ワールド”の元監督官ブライス・ダラス・ハワードが恐竜保護団体を設立、元監視員クリス・プラットらと共に、噴火で生存が危ぶまれる恐竜たちを救いに島に向かう。  協力するのはテーマパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ジョン・ワッツ ネタバレあり マーヴェル・コミックス映画版について、いつも似たようなことばかり書いているので、もう大して書くこともない・・・と言いつつ、また同じようなことから始めさせて戴きます。 「スパイダーマン」第一シリーズは陰々滅々である為僕は全く買わず、明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「名探偵ピカチュウ」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年アメリカ=日本=中国=イギリス合作映画 監督ロブ・レターマン ネタバレあり 昔からコミックはほぼ読まないし、ゲームはトランプゲーム以外はしたことがないし、アニメ映画もオリジナルもの以外はほぼ観ないので、「ポケットモンスター」については作品名を知るのみ。これを観ることにしたのはアメリカ(を製…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「X-MEN:ダーク・フェニックス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督サイモン・キンバーグ ネタバレあり 「X-MEN」シリーズはマーヴェル・コミックス映画版の中で僕が一番買っている。しかし、世間とは少し理由が違う。忍者映画のような術・技の繰り出し合いが面白いのである。  だから、第一シリーズでは評判が最も悪い第3作を一番楽しみ、性格…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ネバーエンディング・ストーリー」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1984年西ドイツ映画 監督ヴォルフガング・ペーターゼン ネタバレあり 新米の社会人だった頃観ました。映画館ではなく秋葉原へ行った帰りに子供たちが「本のほうが面白い」と言っているのを聞き、修行が足りんと思った記憶がある(笑)。  当時、児童文学にはさほど詳しくない僕は、この映画を観るまでミヒャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「メン・イン・ブラック:インターナショナル」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=中国合作映画 監督F・ゲイリー・グレイ ネタバレあり 「メン・イン・ブラック」シリーズの第4弾。スピンオフという解説だが、要は前の二人が少しお年を召してきたのを考慮して、ロンドン支局に舞台を移して若いコンビを出したということではあるまいか。堂々たる第4作と言って良いように思う。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「アベンジャーズ/エンドゲーム」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ ネタバレあり またまたマーヴェルでやんす。☆★は少なくないが、おじさんはアメ・コミの映画版に飽きたので書くことがなく、短文で失礼します。 「アベンジャーズ」シリーズ第4作であることはご紹介の通りながら、実際には第3部の後編とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アリータ:バトル・エンジェル」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督ロバート・ロドリゲス ネタバレあり ジェームズ・キャメロンが共同で製作と脚色に当たり、ロバート・ロドリゲスが監督したから話題には事欠かなかった筈。僕はWOWOWのパンフレットを見るまで存在も知らなかったけれど。  原作は木城ゆきとのSFコミック「銃夢(ガンム)」という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「パシフィック・リム:アップライジング」

☆☆(4点/10点満点中) 2018年アメリカ=イギリス=中国=日本合作映画 監督スティーヴン・S・デナイト ネタバレあり 怪獣映画と超合金ロボものを合わせた異世界生物侵略映画の第二弾。  怪獣映画には殆ど、超合金ロボものには全く興味がないもので(と前作の評で言ったところ信じて貰えなかった)、前作で示された設定を全く忘れてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「リンクル・イン・タイム」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督エヴァ・デユヴァネイ ネタバレあり マデリーン・レングルという女性児童文学者の「五次元世界のぼうけん」「惑星カマゾツ」をディズニーが映画化したファンタジーだが、何と本邦劇場未公開。知らずに見てしまった。日本でお蔵入りになったのも頷ける出来栄えでした。 ワープを可能に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「シャザム!」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年アメリカ=カナダ合作映画 監督デーヴィッド・サンドバーグ ネタバレあり DCコミックスの映画版はマーヴェル・コミックスのそれに比べると概ね脚本が出来が落ち、余りパッとしないことが多いが、本作は少し面白い。丁寧に書くとかなり長くなるお話だが、簡単にまとめてしまいましょう。 プロローグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「バンブルビー」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督トラヴィス・ナイト ネタバレあり 「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフと言うか前日談で、通算第6弾。 第一作の20年ほど前に当たる1987年のサンフランシスコに、惑星サイバトロンの反乱軍に追われた正規軍オートボットの斥候が落下してくる。避難地として地球を選ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「キャプテン・マーベル」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年アメリカ=オーストラリア合作映画 監督アンナ・ボーデン、ライアン・フレック ネタバレあり マーヴェル・コミックスのマーヴェルを名前にしているのだから、興味深い。しかも、アヴェンジャーズの由来を教えてくれる一編・・・なのではあるが、そうした作品の方向性を(僕と同様)知らずに観た方が楽しめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「メリー・ポピンズ リターンズ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ=イギリス合作映画 監督ロブ・マーシャル ネタバレあり 題名を見れば解るが、「メリー・ポピンズ」の44年ぶりの続編である。 世界恐慌の頃のロンドン。前作で子供だったマイケル・バンクス(ベン・ウィショー)が、妻を失った後、自分が会計士として勤める銀行への借金を期限までに返せな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「フォルトゥナの瞳」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・三木孝浩 ネタバレあり 作家としての実力は知らないし、考えが理解できないわけではないが、事実に基づく嘘が多く他人を傷つけるような発言が好かないので、百田尚樹の著作物は一切読まないと決めている。映画化されたものは見ても良いとは思っている。本作はファンタジーで、これまで映画化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more