テーマ:映画 た行

映画評「TENET テネット」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2020年アメリカ=イギリス合作映画 監督クリストファー・ノーラン ネタバレあり 文字通り時間がどんどん逆行して展開する映画「メメント」(2000年)を出世作とするクリストファー・ノーランとしては、自身頗る興味のあるテーマに再び取り組んだと言えましょう。しかし、何故か「メメント」に言及する人が少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「瀧の白糸」(1933年版)

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1933年日本映画 監督・溝口健二 ネタバレあり 泉鏡花の同名戯曲を溝口健二が映画化したサイレント映画。1980年代以来の再鑑賞。衛星放送を録画したものを保存してあるが、今回はプライムビデオで観た。 江戸時代の風俗もまだ残る文明開化の明治半ば。水芸人として一世を風靡する滝の白糸こと水島友(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「乳房よ永遠なれ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1955年日本映画 監督・田中絹代 ネタバレあり 田中絹代監督第3作は、夭折した女流歌人・中城ふみ子の後半生を綴った伝記映画の類。主人公以下もじった名前に変えられているので、僕は類とする。原作は若月彰のルポルタージュ。 北海道。碌に仕事もしていないらしい見合い結婚の夫と不仲である主婦・下城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「月は上りぬ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1955年日本映画 監督・田中絹代 ネタバレあり 海外特に欧米では監督に進出する女優が少なくなく、グレタ・ガーウィグのようにクリント・イーストウッドのような大物監督になる才能を感じさせる人も出ているのに、日本では極めて少ない。名のある女優で、監督作を何本か発表したのは本作を第2作とする田中絹代く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「凸凹猛獣狩」

☆☆(4点/10点満点中) 1949年アメリカ映画 監督チャールズ・バートン ネタバレあり バッド・アボットとルー・コステロの凸凹コンビの作品は3本くらい観たことがある。全て凸凹で始まる邦題なので失念して観たものの、実は再鑑賞。物凄く可笑しい若しくは面白いものであれば再鑑賞も厭わないが、この程度では避けたいところで、事前にIM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「痴人の愛」(1934年)

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1934年アメリカ映画 監督ジョン・クロムウェル ネタバレあり サマセット・モームのなかなかに長い自伝的小説「人間の絆」の映画化。 観たことがないと思ってプライムビデオ無料枠で観てみたが、既にIMDbに投票してござった。しかも今回の印象に適う評価ではない。当時の自分を推測するに、モームの原…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「都会の牙」

☆☆(4点/10点満点中) 1949年アメリカ映画 監督ルドルフ・マテ ネタバレあり プライムビデオ無料枠にて。 いきなり警察に中年男エドマンド・オブライエンが現れ、自分が殺人被害者であると名乗るというアイデアは面白い。死者が語り始める「サンセット大通り」のアイデアをちょっと思い出させるが、あれは叙述の為であった。この作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「デッド・ドント・ダイ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=スウェーデン=南アフリカ合作映画 監督ジム・ジャームッシュ ネタバレあり 何作か前に「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(2013年)という吸血鬼映画を作っているので、この手の恐怖映画のパロディー作りにジム・ジャームッシュはかなり興味を持っているのだろう。と言うより上記吸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「東京战争戦後秘話」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1970年日本映画 監督・大島渚 ネタバレあり プライムビデオから消える数時間前に鑑賞。 大島渚は苦手な作家であるが、創造的な作家であったとは思う。本作などアンチロマンで、よく解らないが、よく解らないなりに(或いはよく解らないので)面白い。 学生運動の中でも映像を残すことに活動している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「地の群れ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1970年日本映画 監督・熊井啓 ネタバレあり プライムビデオの無償ラインアップに発見したので、観てみた。朝観終わり、たまたま図書館に出かける日だったので、予定の本に加えて急遽井上光晴の同名小説を借りて来、本稿の粗稿を書く前に完読した。  映画に解りにくいところがあったからだが、逆に映画を観て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ドミノ 復讐の咆哮」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年デンマーク=フランス=ベルギー=イタリア=オランダ=イギリス=アメリカ合作映画 監督ブライアン・デ・パルマ ネタバレあり WOWOWのパンフレットを眺めるうちブライアン・デ・パルマの名前が目の片隅に入ったので、観ないわけには行かなくなった。彼の名前がなかったら観ることはなかったであろうスリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「だれもが愛しいチャンピオン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年スペイン映画 監督ハビエル・フェセル ネタバレあり 「タッチ・ミー・ノット」に続いて障碍者が出て来る。こちらは知的障碍者オンリーで、しかも、それ自体が主題のようなものである。障碍者の映画が増えているようで、これを観終わった後観ようと思った作品がたまたま二本障碍者が主役だったので、余りこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「とうもろこしの島」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年ジョージア=ドイツ=フランス=カザフスタン=チェコ=ハンガリー合作映画 監督ギオルギ・オヴァシュヴィリ ネタバレあり 「みかんの丘」をプライムビデオで観た時に、この作品の名前が目に入った。日本では一緒に上映されることが多かったらしいジョージア製ドラマである。「みかんの丘」同様にアブハジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「デリート・ヒストリー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2020年フランス=ベルギー合作映画 監督ブノワ・ドレピーヌ、ギュスターヴ・ケルヴェン ネタバレあり 昨日の「タッチ・ミー・ノット」のベルリン映画祭金熊賞受賞同様、本作の銀熊賞も相当疑問である。近年欧州映画祭は映画としての完成度よりテーマ性を重視しすぎているのではないか。 フランス。働いたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~」

☆☆(4点/10点満点中) 2018年ルーマニア=ドイツ=チェコ=ブルガリア=フランス合作映画 監督アディナ・ピンティリエ ネタバレあり WOWOWのベルリン映画祭特集をぼつぼつ観ている。 昨日の4時間近い中国の長尺映画「象は静かに座っている」と表面的な面白さは大して変わらないが、映画祭最高賞を獲ったというルーマニアの新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「徳川女系図」

★(1点/10点満点中) 1968年日本映画 監督・石井輝男 ネタバレあり 日本メジャー映画初のポルノ映画だそうである。 日活ロマン・ポルノのように、性に生を見出させる狙い若しくは見出せる結果があるならば一概に否定的になる必要もないと思うが、東映のポルノは本当に趣味が悪い。  石井輝男とすれば、それなりに楽しませてくれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「多十郎殉愛紀」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・中島貞夫 ネタバレあり 任侠映画が苦手なので中島貞夫監督には余り関心がない。20年ぶりの劇映画と言われても感慨は起きないが、今回は時代劇なので興味を持った。多分もう少し早く、時代劇が衰退する前に監督を始めていたら時代劇を撮った人なのだろう。 幕末の京都。親の借金を背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「超・少年探偵団NEO BEGINNING」

☆(2点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・芦塚慎太郎 ネタバレあり ミステリー系であれば、つまらなそうと予想されても実写映画である限り、大概観る。しかし、ここまで児戯に等しい内容とは。  児戯に等しいと言ったが、事実上子供向けの作品なのだろうから、当たり前なのかもしれないが、ターゲットと思われる小学高学年から中学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「友だちのうちはどこ?」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1987年イラン映画 監督アッバス・キアロスタミ ネタバレあり この映画が劇場公開された頃は東京からJターンして埼玉に住んでいた。住居地周辺には来なかったので、東京まで観に行った。アッバス・キアロスタミ初体験なり。 イラン北部、アゼルバイジャンに近い地域での素朴なお話。日本なら小学2年生か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年スペイン=ベルギー=フランス=イギリス=ポルトガル合作映画 監督テリー・ギリアム ネタバレあり テリー・ギリアムが彼なりの「ドン・キホーテ」を作ろうとして何度も挫折したのは有名で、最初の挫折については「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(2002年)というドキュメンタリー映画にもなったくらい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「とらんぷ譚」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1936年フランス映画 監督サシャ・ギトリ ネタバレあり まだ大統領再選を諦めていないドナルド・トランプの伝記映画ではありません。彼が大統領でなくなったら、伝記映画かかなり批判的なドキュメンタリーが作られるだろうと思っているが、さすがにまだその段階ではない。 25年以上前WOWOWが放映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年ロシア映画 監督アレクセイ・シドロフ ネタバレあり その昔実話を基にした「鬼戦車T‐34」(1965年)というソ連製の脱走ものがあった。同じ素材から着想したロシア製戦争映画。Wikipediaにはリメイクではないとあるが、全く普遍的でないものを取り上げているのだから、リメイクに準ずる。細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「滝を見にいく」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・沖田修一 ネタバレあり 沖田修一という映画監督は、オフビートな緩いコメディーを得意とすると思う。山下敦弘ほどオフビートさがハードではないので、見やすいのではないか。本作など、その見やすさが良く出ていて、なかなか面白い。 出演者はオーディションで選ばれた人たちらしく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「天気の子」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・新海誠 ネタバレあり 前作「君の名は。」の大ヒットでごく一般の映画ファンにまで知られる存在になった新海誠監督の新作。「君の名は。」では色々理屈をこねて書いたが、今回はさほど理屈をこね廻す気にならない。作品の問題ではなく、3年の間に僕が疲れたようである。 語り手であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「チャーリーズ・エンジェル」(2019年版)

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ=ドイツ合作映画 監督エリザベス・バンクス ネタバレあり Wikipediaによれば「チャーリーズ・エンジェル」映画版のシリーズ第3作(16年ぶり)に当たるらしいが、第一作と全く同じ題名を付けているところを見るとリブートと考えた方が良いのではないか。  このシリーズの便利なとこ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

映画評「ドクター・スリープ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年イギリス=アメリカ合作映画 監督マイク・フラナガン ネタバレあり 「シャイニング」の続編としてスティーヴン・キングが書いた作品の映画化。従って、映画「シャイニング」(1980年)の続編にも当たるが、こちらはホラー映画というより超能力者VSヴァンパイアの図式で進行する一種のサスペンス風味…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「テルアビブ・オン・ファイア」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年イスラエル=フランス=ベルギー=ルクセンブルク 監督サメフ・ゾアビ ネタバレあり 上に記したように合作映画だが、実質的にイスラエル映画。嫌味のない風刺喜劇で、小傑作と言って良い。パレスチナとイスラエルの関係を知っていて、かつ、関心があれば面白く見られると思う。 昨年トランプ大統領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「旅のおわり世界のはじまり」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本=ウズベキスタン=カタール合作映画 監督・黒沢清 ネタバレあり 心理ホラーを主たるフィールドとする黒沢清監督は時々一般映画を作る。この作品など、WOWOWのワールドシネマコレクションに出しても良いくらい一般的ドラマである。 ミュージカル歌手志望のタレント前田敦子が、“世界ふしぎ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「ともしび」(2017年)

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年イタリア=フランス=ベルギー合作映画 監督アンドレア・パラオロ ネタバレあり 本作はイタリア、フランス、ベルギーの合作。舞台はベルギーらしいが、監督アンドレア・パラオロがイタリア人なので、実質イタリア映画と見なしたい。  21世紀の映画は、資本のグローバル化を別にしても、どこの映画か非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「誰もがそれを知っている」

☆☆☆(6点/10点満点中) スペイン=フランス=イタリア=アルゼンチン=ドイツ合作映画 監督アスガー・ファルハディ ネタバレあり 今やわが球団のスラッガーとして三塁打・本塁打を連発した感のあるアスガー・ファルハディとしては、単打どまりに終わった感が強い。印象としては初めて観た「彼女が消えた浜辺」くらいの出来栄えで、お話もその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more