テーマ:映画 た行

映画評「ダメージ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1992年イギリス=フランス合作映画 監督ルイ・マル ネタバレあり 純恋愛映画は論理的だから書きやすいが、愛欲ドラマは大概非論理的だからなかなかに書きにくい。左脳人間の僕は、だから、四半世紀くらい前に観た時も映画評はテキトーに誤魔化したような気がする。今回もピンと来たとは言えないが、前回より面白…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

映画評「天国でまた会おう」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2017年フランス=カナダ合作映画 監督アルベール・デュポンテル ネタバレあり 先日のアニメ「ディリリとパリの時間旅行」の冒険もゴキゲンだったが、この作品の冒険模様も相当面白い。日米に見るべきものが少ない中でフランス映画が頑張っている。最大の買いは、今まで似たタイプはあっても似た物語を観たことの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「ディリリとパリの時間旅行」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2018年フランス映画 監督ミシェル・オスロ ネタバレあり フランスのアニメ映画は非常にレベルが高いが、人物の容貌が日本人受けしにくい感じがあるのが弱点と言えば弱点。その点、本作は本物の人間に頗る近く、非常に好感が持てる。しかし、本作の素晴らしさはそんなことでは語れない。 やや解りにくい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「父 パードレ・パドローネ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1977年イタリア映画 監督パオロ・タヴィアーニ、ヴィットリオ・タヴィアーニ ネタバレあり パオロとヴィットリオのタヴィアーニ兄弟はこの作品で日本に初お目見えした。  カンヌ映画祭グランプリ(当時は現在と同じくパルム・ドールが最高賞)に輝いた秀作でありながら、日本に初めて紹介されたのは何とNH…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

映画評「Diner ダイナー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・蜷川実花 ネタバレあり 蜷川実花の映画は写真と同様に強烈な色調の画面で、その画調にふさわしく内容が非常にギトギトしている為に僕はいつも疲れてしまう。本作の内容はマンガっぽいが、実は平山夢明の小説の映画化。小説もイロイロということです。 母親に捨てられて祖母に育てられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「チャーリー・セズ/マンソンの女たち」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督メアリー・ハロン ネタバレあり 題名の“セズ”は says だから、“セッズ”と表記した方が一般には解りやすい。 昨日の「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」では被害者側からシャロン・テート殺害事件を描いていたが、こちらは事件(シャロンの事件後に起こしたラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ダンスウィズミー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・矢口史靖 ネタバレあり 日本人のミュージカル嫌いが、近年のミュージカル映画の攻勢に影響されて、大分治って来たらしく、こういうミュージカルもどきがぼつぼつ作られている。日本のちょっとしたミュージカル映画ブームは1950年代以来だろう。この作品はそれ自体が素材になっているよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「大地のうた」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1955年インド映画 監督サタジット・レイ ネタバレあり 現在の若者はインド映画と言えば、マサラ・ムービーしか思い浮かべられないだろうけれど、僕らにとってインド映画と言えばサタジット・レイのセミ・ドキュメンタリーである。イタリアのネオ・レアリスモのインド版みたいなものだ。歌も踊りも出て来ず、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「チャップリンの殺人狂時代」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1947年アメリカ映画 監督チャールズ・チャップリン ネタバレあり チャールズ・チャップリンの戦後第一作。多分三回目の鑑賞と思う。Allcinemaには批判的なコメントも多いが、見事に面白い。笑えないなんてこともない。どちらかと言えばニヤニヤ笑いだが。 世界恐慌直前のフランス。暫く前に3…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

映画評「鉄コン筋クリート」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督マイケル・アリアス ネタバレあり 「ピンポン」(2002年)という映画を観た時に松本大洋という漫画家を知り、その時に「鉄コン筋クリート」という作品の存在も知った。さして興味を覚えたわけではないものの、珍しく事前に原作の存在を知っていたので、10年以上前に作られた旧作に属する…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画評「小さな恋のうた」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・橋本光二郎 ネタバレあり 一時期2005年頃まで衛星ラジオで邦楽も聴いていたので、MONGOL800というアーティストは知っていた。本作で複数回紹介される二曲「小さな恋のうた」「あなたに」も知っていたが、シングルになっていないので、どうもCMで聞いて憶えたらしい。これらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「大脱出2」

☆★(3点/10点満点中) 2018年アメリカ=中国合作映画 監督スティーヴン・C・ミラー ネタバレあり 「大脱出」は頭脳派ながら見やすいストレートなアクションもあって程々楽しめたが、この続編は戴けません。特に前作の設定を憶えていない人、若しくは本作で初めて見る人は、抽象的すぎて置いてけぼりを食らう。 どこかのテロ・グル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」

☆☆★(5点/10点満点中) 1965年日本映画 監督・渡辺公夫 ネタバレあり 新コロナ・ウィルスにより東京オリンピック以上に東京パラリンピックの開催が危惧されている。競技者に病気に弱い人々が含まれているからだ。ともかく、オリンピック共々、5か月後~半年後の楽しみに水をさされた形。つい先ほどバッハ会長が「東京オリンピックは絶対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「旅路」(1958年)

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1958年アメリカ映画 監督デルバート・マン ネタバレあり 本館でリタ・ヘイワースの画像問題を出した時に少し話題になったのが本作。不本意にもお話をよく思い出せなかったので、運良くライブラリーにもあった為、久しぶりに再鑑賞することに致した次第。 英国の海辺に近いホテルが舞台。上流階級の高慢な…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画評「特別な一日」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1977年イタリア映画 監督エットーレ・スコラ ネタバレあり エットーレ・スコラの監督としての知名度はこの作品あたりから高まったと記憶する。 1938年5月ヒトラーが伊独協定成立を記念してローマを訪問し、ローマはお祭り騒ぎになる。熱烈なファシスト党員である一家がこぞって式典に参加、6人の子…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「天才作家の妻 -40年目の真実-」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年スウェーデン=イギリス=アメリカ合作映画 監督ビョルン・ルンゲ ネタバレあり 映画鑑賞歴も50年くらいになった僕には今ドラマが面白い。ジャンル映画に映画的に面白いものが少ないということである。スウェーデンの監督が作ったこの映画もお話は、実話ではないが、ノーベル文学賞受賞をめぐる夫婦を描い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「地上最大のショウ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1952年アメリカ映画 監督セシル・B・デミル ネタバレあり 1990年くらいからCGの普及のせいでアトラクション的な映画が増えたわけだが、セシル・B・デミルの作品は大昔からそういう傾向にあった。特に本作はサーカスの場面が半分くらいを占め、アトラクションそのものである。そういう作品が珍しかった1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「遠すぎた橋」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1977年アメリカ映画 監督リチャード・アッテンボロー ネタバレあり 1970年代前半はニューシネマ時代で、英米発の本格的な戦争映画は見られなかったと記憶する。後半に入ると「スター・ウォーズ」などスターシステム時代のような映画が復活し始め、「スター・ウォーズ」と同じ77年にこの作品も発表された。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「翔んで埼玉」

☆☆(4点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・武内英樹 ネタバレあり 一年半前に観た「劇場版 お前はまだグンマを知らない」と似たり寄ったりのくだらなさだが、出演者の顔ぶれを見てもセットを見ても明らかにこちらの方がお金がかかっている。原作は魔夜峰央のコミック。原作が出た頃の埼玉県庁は浦和でしたな。 埼玉でも群馬に近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「TAXi ダイヤモンド・ミッション」

☆☆(4点/10点満点中) 2018年フランス映画 監督フランク・ガスタンビドゥ ネタバレあり リュック・ベッソンがかつて企画した「TAXi」シリーズの久しぶりの第五作。所謂“昔の名前で出ています”映画。その間に「トランスポーター」「ワイルド・スピード」というカー・アクションをフィーチャーしたシリーズがあり、“いまさらジロー”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「タリーと私の秘密の時間」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ジェースン・ライトマン 重要なネタバレあり。未見の方は注意のこと。 「JUNO/ジュノ」「ヤング≒アダルト」に続く、三回目のジェースン・ライトマン監督=ディアブロ・コディ脚本コンビ作。 10歳前の子供二人を育てている母親シャーリーズ・セロンは3人目の子供を出産する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「小さな巨人」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1970年アメリカ映画 監督アーサー・ペン ネタバレあり ニューシネマ以前から活動し「俺たちに明日はない」(1967年)でニューシネマの道を切り開いたアーサー・ペン監督の異色西部劇である。吹き替えの不完全版で一度、完全版で一度、都合三度目の鑑賞。残念ながら映画館では観ていない。 カスター将…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「デス・ウィッシュ」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ=カナダ合作映画 監督イーライ・ロス ネタバレあり 40年以上の洋画ファンで原題にも興味があれば、この題名にピンとくる方も少なくないだろう。  そう、1974年にブライアン・ガーフィールドの小説をチャールズ・ブロンスン主演で映画化した「狼よさらば」のリメイクである。正確にはガー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ディザスター・アーティスト」

☆☆(4点/10点満点中) 2017年イギリス映画 監督ジェームズ・フランコ ネタバレあり 不勉強にも僕は全く知らなかったのだが、2003年にアメリカで唯一館のみで公開された"The Room"という映画があるそうで、その余りの程度の低さに評価以前の扱いを受けたものの、次第にカルト映画になったらしい。  その映画が公開される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「トプカピ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1964年アメリカ映画 監督ジュールス・ダッシン ネタバレあり ジュールス・ダッシンはアメリカ時代はセミ・ドキュメンタリー(最近のそれとは違ってロケで製作した即実的な作品群のこと)、赤狩りで欧州に逃れた後は純文学系を多くものしていたが、エリック・アンブラ―のサスペンス小説を映画化した本作は肩を凝…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「チワワちゃん」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・二宮健 ネタバレあり 近年WOWOW【W座からの招待状】が邦画を多く取り上げすぎて困る。このコーナーが始まった頃は欧米のアート系映画ばかりだったのに、このところ半数近くを占める。しかもメジャー映画で通るような作品も多く感心できない。仕方がないので、アート系映画については、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年イギリス=アメリカ合作映画 監督ジャスティン・チャドウィック ネタバレあり 1620年代から1630年代にかけてオランダ(ネーデルランド)で実際に起きたチューリップ球根絡みの投機ブームを素材に恋愛劇として仕上げられた作品である。 原作は英国女流小説家デボラー・モガーの小説。監督は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「特捜部Q カルテ番号64」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年デンマーク=ドイツ合作映画 監督クリストファー・ボー ネタバレあり シリーズ第4作で、個人的には三度目の作品。例によって<未体験ゾーンの映画たち2019>にて日本で上映された作品なので、本ブログでは日本劇場未公開扱い。  デンマーク版「相棒」として毎回楽しませてもらっている。我が邦の「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「食べる女」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・生野慈朗 ネタバレあり これも小説(筒井ともみ)の映画化ということで見たのだが、また空振り気味。 古書店経営で雑文書きの女性小泉今日子の許には様々な女性が集まって来る。  同世代は料理店経営の鈴木京香で、彼女から外国女性シャーロット・ケイト・フォックスに間貸しを頼…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画評「止められるか、俺たちを」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・白石和彌 ネタバレあり 俄然注目される監督になった白石和彌が、一時師事した若松孝二の若き日を取り上げた青春ドラマである。若松プロを設立した若松監督本人ではなく、彼の周りに集う若者たち特に若い女性・吉積めぐみ(門脇麦)の駆け抜けていった青春像を描く。 1969年。フ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more