テーマ:アニメ

映画評「エセルとアーネスト ふたりの物語」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年イギリス=ルクセンブルク合作映画 監督ロジャー・メインウッド ネタバレあり 常連の浅野佑都さんのお薦め作品。 アニメ映画「風が吹くとき」(1986年)の原作者として知られる劇画家レイモンド・ブリッグズが書いた両親の伝記劇画をアニメ化した作品である。監督ロジャー・メインウッドと製作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ペット2」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年アメリカ映画 監督クリス・ルノー ネタバレあり 3年前に観た3DCGアニメの続編。  原題通り、人間様の知らないペットの生活を綴るものだが、人間風刺を交えた部分が余り機能したかった第一作より、ペットたちの冒険に特化した本作の方が素直に楽しめる。★一つプラスでござる。 すっかり仲良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アーヤと魔女」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2020年日本映画 監督・宮崎吾朗 ネタバレあり 御大宮崎駿が「ハウルの動く城」で取り上げた児童文学者ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童文学のTV映画化。スタジオジブリとしては彼女を扱う二作目となるわけだが、監督は代わって息子の吾朗。海外では劇場公開の予定、日本でもいずれ劇場公開されるのだろうか?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「花とアリス殺人事件」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・岩井俊二 ネタバレあり 初期は全く苦手であった岩井俊二監督の印象を刷新した記念的作品が「花とアリス」(2004年)で、日本を代表する女優になった蒼井優を認識したのもかの作品。  本作は、そのヒロインたちである有栖川徹子(声:蒼井優)と荒井花(声:鈴木杏)が親友になる経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」

☆☆★(5点/10点満点中) 1996年日本映画 監督モンキー・パンチ ネタバレあり シリーズ第6作(放映したWOWOWのカウントでは第5作)。原作者のモンキー・パンチが監督を務めているのが興味深い。コミックの原作者が自作映画化の監督をした例は他にあるのかな?  舞台は架空のズフ国。名前はアフリカっぽいが、雰囲気は南米で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」

☆☆★(5点/10点満点中) 1995年日本映画 監督・白土武、総監督・伊藤俊也 ネタバレあり Wikipediaは声優陣が全く異なる「風魔一族の陰謀」を第4作としているが、WOWOWは本作を第4作とする。 皆さんもよくご存知で説明はなくもがなだろうが、本作製作中にルパン三世の声を当てる山田康雄が倒れて最終的に亡くなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」

☆☆(4点/10点満点中) 1985年日本映画 監督・鈴木清順、吉田しげつぐ ネタバレあり 僕らより若い世代の間では第一作は傑作で、この第三作は駄作であるとする意見が主流のようであるが、そこまでの差はないと思う。同時代的には僕はどちらも☆☆★相当の評価を付けた。しかし、こうして見返してみると、第一作のアヴァンギャルドでシュール…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 ルパンVS複製人間」

☆☆☆(6点/10点満点中) 1978年日本映画 監督・古川惣司 ネタバレあり WOWOWが昨年か一昨年宮崎駿関連で放映した第2作「カリオストロの城」と第4作「風魔一族の陰謀」(曰く付きらしく放映されない)以外の長編映画とTVスペシャル版を特集しているので、特段に愛着があるわけではないものの、折角なので全部録っておくことにした…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「天気の子」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・新海誠 ネタバレあり 前作「君の名は。」の大ヒットでごく一般の映画ファンにまで知られる存在になった新海誠監督の新作。「君の名は。」では色々理屈をこねて書いたが、今回はさほど理屈をこね廻す気にならない。作品の問題ではなく、3年の間に僕が疲れたようである。 語り手であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「ルパン三世 THE FIRST」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・山崎貴 ネタバレあり 僕は小学生の時にアルセーヌ・ルパン(やや大人っぽいが児童ものの要素も残す池田宣政バージョンが最高。国会図書館に一部あるくらいで、全く利用できないのが現状)に耽溺した人間なので、ルパンと言えば三世ではなくアルセーヌなのである。それでもTVの第一シリーズ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画評「レッドタートル ある島の物語」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年フランス=日本=ベルギー合作映画 監督マイケル・デュドク・ド・ヴィット ネタバレあり 何とスタジオジブリが製作に絡んでいる。製作に絡んでいるが、アニメ制作はフランスのアニメ制作会社の担当なので、ジプリ映画と言うには躊躇する。ただ、高畑勲の事前のチェックを受けたらしいので、その意味ではジブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「幸福路のチー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2017年台湾映画 監督ソン・シンイン ネタバレあり 今まで観たことがない台湾製アニメということで、日本製アニメの影響があるのではないかと予想しつつ、実に興味津々に観始めた。その予想は当たらずと雖も遠からずで、キャラクターの造作(ぞうさく)は初期(1960年前後)の東映アニメに近い感じ。また、本作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「アヴリルと奇妙な世界」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年フランス=カナダ=ベルギー合作映画 監督クリスチャン・デスマール、フランク・エキンジ ネタバレあり 3か月前に観た「ディリリとパリの時間旅行」と重なるところが多いフレンチ・アニメで、大昔のフランス製「やぶにらみの暴君」(1951年)やチェコ製「悪魔の発明」(1958年)という旧作を思わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「グリンチ」(2018年版)

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ=フランス=日本合作映画 監督ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー ネタバレあり DR.スースの児童文学の再映画化はアニメ版。 リメイクなり再映画化するのは四半世紀くらいが丁度良いと思っている。前回のジム・キャリー主演の実写版からおよそ18年後に本作が出たのは、僕のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ディリリとパリの時間旅行」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2018年フランス映画 監督ミシェル・オスロ ネタバレあり フランスのアニメ映画は非常にレベルが高いが、人物の容貌が日本人受けしにくい感じがあるのが弱点と言えば弱点。その点、本作は本物の人間に頗る近く、非常に好感が持てる。しかし、本作の素晴らしさはそんなことでは語れない。 やや解りにくい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「きみと、波にのれたら」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・湯浅政明 ネタバレあり 湯浅政明というアニメ映画監督は終盤に画面が壊れそうになるまでサイケデリックな怒涛の画面を見せるところが気に入っているが、その意味では青春恋愛アニメ仕様の本作はやや肩透かし気味。 それにしても、【W座からの招待状】に日本製アニメまで登場するとは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「バースデー・ワンダーランド」

☆☆★(5点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・原恵一 ネタバレあり 児童文学者・柏葉幸子の作品「地下室からのふしぎな旅」のアニメ映画化で、すぐ隣にある異世界をテーマにしているところは「千と千尋の神隠し」に似ているが、かの作品はこの作者の作品に影響を受けて成り立ったらしい。なるほど。 小学高学年のアカネ(声:松岡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「ブレンダンとケルズの秘密」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アイルランド=フランス=ベルギー合作映画 監督トム・ムーア ネタバレあり 2作目の「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」を観て、野趣と芸術性の高さに感心したアニメ映画監督トム・ムーアの映画デビュー作。 今回もまた極めてケルト伝説的内容で、9世紀のアイルランドが舞台。  ケルズとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「海獣の子供」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2019年日本映画 監督・渡辺歩 ネタバレあり 五十嵐大介なる漫画家のアニメ映画化で、アニメ制作はハイライトの映像処理が爆発的なものになる傾向にあるSTUDIO4℃。お話は相当難解で、一種の哲学映画である。 コミュニケーション能力不足の為に夏休み初日の部活で失敗をやらかし干された女子中学生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「鉄コン筋クリート」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督マイケル・アリアス ネタバレあり 「ピンポン」(2002年)という映画を観た時に松本大洋という漫画家を知り、その時に「鉄コン筋クリート」という作品の存在も知った。さして興味を覚えたわけではないものの、珍しく事前に原作の存在を知っていたので、10年以上前に作られた旧作に属する…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画評「スパイダーマン:スパイダーバース」

☆☆★(5点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ボブ・ペルスケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン ネタバレあり 21世紀になってから一番騒がれているキャラクターであろうスパイダーマンはもういいや、という感じで、最初から気乗りがしなかったせいもあるが、アカデミー賞長編アニメ映画賞を獲ったこのアニメ版は個人的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「シュガー・ラッシュ:オンライン」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン ネタバレあり 前作は仮想現実(ゲームの中で活躍するキャラクターの世界をそう称してみる)と実生活とが効果的に関連付けて作られたところを評価したので、その点この続編は物足りない。キャラクターと実際の人間との関係性は扱われているがさほど効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「わんぱく王子の大蛇(おろち)退治」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1963年日本映画 監督・芹川有吾 ネタバレあり ブログ友達の浅野佑都さんに紹介されたので、図書館の蔵書検索を調べてみる。とうも県内にはないらしいので、手に入ったばかりのアマゾン・ギフト券でDVD(ブルーレイ化はされていない)を買い、観てみた。浅野さんの仰る通りの出来栄えと思う。 お話はほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画評「この世界の片隅に」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・片渕須直 ネタバレあり こうの史代という漫画家のコミックを、片渕須直がアニメ映画化した。個人的に高く評価した「マイマイ新子と千年の魔法」の監督だ。レベルは高かったのに鑑賞された方が少なくキネマ旬報でも殆ど無視された作品だが、こちらは早めに評判になってキネ旬で1位になっ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

映画評「パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1973年日本映画 監督・高畑勲 ネタバレあり シリーズ第二弾。とりあえずお話から。 前作のまま、ミミ子ちゃん(声:杉山佳寿子)とパパンダ(声:熊倉一雄)とコパンダのパンちゃん(声:丸山裕子)の疑似家族状態は続いている。  ある時サーカスからはぐれた子虎が家に紛れ込み、一員に加わるが、す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画評「パンダコパンダ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1972年日本映画 監督・高畑勲 ネタバレあり 忙しくて時間が取れない。かと言ってブログをスキップするのも避けたい。というわけで、WOWOWの高畑勲監督特集で録っておいた作品群からこの短編(34分)をピックアップ。初鑑賞でござる。 しかし、実質的に、監督より脚本や画面設計を担当した宮崎駿御…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画評「さよならの朝に約束の花をかざろう」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・岡田麿里 ネタバレあり WOWOWで観るべきものを放映してくれない週間に入り再鑑賞を続けたが、三日続くともなると何なので、今年初めに録画した後放置していたこの日本のアニメ作品を観てみた。どんな話なのか殆ど知らないまま鑑賞開始。 極めて中世欧州的な世界。イオルフと呼ば…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「未来のミライ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・細田守 ネタバレあり 未来の宮崎駿(?)こと細田守の最新アニメである。 アメリカのアニメ映画「ボス・ベイビー」の少年は弟が出来て、両親がそちらにばかり構うものだから面白くない。ここまでは本作の4歳の少年くんちゃん(声:上白石萌音)も全く同じ。  かの作品では弟が実…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画評「インクレディブル・ファミリー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2018年アメリカ映画 監督ブラッド・バード ネタバレあり 昨日の「デスノート」は10年ぶりだったが、こちらは14年ぶりの続編。キャラクター描写のバランスが取れかつ多様性があり、主題展開において夾雑物がないため純度が高く大いに買った第一作に比べても殆ど遜色がない。ブラッド・バードという人は“良い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画評「太陽の王子 ホルスの大冒険」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1968年日本映画 監督・高畑勲 ネタバレあり 宮崎駿や高畑勲が関わっている作品として題名は良く知っているが、若い頃は避けてきたアニメだけに実際に観るのは初めて。 病弱な父親と人里離れた場所で暮らす少年ホルス(声:大方斐紗子)が巨大な岩男の体から刺さった剣を抜き、岩男から“その剣を鍛え使い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more