映画評「アーニャは、きっと来る」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2020年イギリス=ベルギー合作映画 監督ベン・クックスン
ネタバレあり

戦争ファンタジーとでも言いたくなる「戦火の馬」の原作を書いたマイケル・モーパーゴの児童文学の映画化。
 前回とは違って今回は第二次大戦中のユダヤ人絡みのお話で、最近ホロコースト絡みの作品が多いので “またか”という気持ちが生れないでもないが、なかなかに捨てがたい。梗概の後にその理由を簡単に述べる。

戦争末期の南仏。スペイン国境に近い麓の町にもナチスがやって来る。主な目的は、峠を使ってユダヤ人たちを逃がす行為を見張る為である。
 ユダヤ人を知らなかったローティーンの少年ジョー(ノア・シュナップ)は、山で家畜を飼っているおばあさんオルカダ(アンジェリカ・ヒューストン)が密かに匿っているユダヤ紳士ベンジャミン(フレデリック・シュミット)と彼が逃そうとしている子供たちの為に、懸命に食料を運ぶ仕事を引き受けると共に、鷲を一緒に見に行くなど交流の多いドイツ軍伍長(トーマス・クレッチマン)にも親しみを覚えている。
 ベンジャミンは、逃走中に別々になった娘アーニャと、おばあさんの家で再会することを楽しみにしている。負傷したジョーの父親が帰還した後、ベンジャミンは羊の移牧に子供たちを紛らわせる作戦を敢行して成功するが、小さな不幸により彼と彼から離れない幼女はナチスに捕えられ収容所に送られる模様。
 直後にナチスは敗走し、終戦後アーニャが父親が不在のおばあさんの家にやって来る。

本作はIMDbで5.9と誠に評判が悪いが、 その理由はこの一見ハッピー・エンド的な幕切れにおける齟齬感と曖昧さであろう。父親がいないのに何がハッピー・エンドか!、父親はどうなったのか?といった疑問や不満が出て来て何の不思議もない。
 しかし、僕は逆に読んだのである。アーニャが帰って来たのだから、(戦争末期ではあるし)あの二人も無事に違いないと。仮にそこが問題でないとすると、この映画の、極めて素直に作られているという取柄が大いに引き立つ。児童文学が原作とは言え、素直に作る・見せるというのは案外難しいものだ。

映画評も素直に。

"映画評「アーニャは、きっと来る」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント