映画評「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2019年アメリカ映画 監督グレタ・ガーウィグ
ネタバレあり

ルイザ・メイ・オルコットの小説も読んだことがあるし、過去三度日本で劇場公開された映画版のいずれも見ている。しかし、本作は時系列が錯綜する作り方をし、自立する女性の高い意識がより強調された、極めて21世紀らしい内容という印象。
 前回「レディ・バード」で大変才気を感じさせたグレタ・ガーウィグが今回も脚本を兼ねてメガフォンを取った第二作は、前回以上に上出来と大いに感心させられた。

南北戦争が始まる直前(1861年?)から1869年くらいまでのアメリカ東部が舞台。長女メグ(エミリー・ワトスン)、次女ジョー(シアーシャ・ローナン)、三女エイミー(フローレンス・ピュー)、四女ベス(エリザ・スカンレン)の四人姉妹の半生とその喜怒哀楽(生活感情)が、ジョーの出版社に持って行く小説の内容として紹介され、特に終盤はジョーの恋模様が出版社社長の意見により左右されるというメタフィクション的な面白さがある。

原作に詳しい人は姉妹の順番が違うと思われるだろうが、僕は1949年の「若草物語」同様に三女・四女の順番が変えられていると思う。
 猩紅熱からの影響から完全に抜け切れずに遂に亡くなってしまうベスは、演ずるエリザ・スカンレンの実年齢から言っても或いは見た目から言っても明らかに幼く、演ずるエリザは49年版のマーガレット・オブライエンとどこか重なる。グレタは原作ではなく49年版に則っているという気がする次第(AllcinemaのKE氏に全く同意)。

時系列が錯綜して多少解りにくいところもあるが、内容把握には大きな問題がなく、寧ろグレタが才気を発揮して縦横無尽にお話を進めている印象を覚える。

その中でも、当時のアメリカ中上流社会の男女交流機会の為に大事であったのだろう、ダンスが狂言回し的に使われてい、ベスの悲話はあるものの、全体として明朗な印象を残す。ダンス場面重用の効果でありましょう。

画面では、姉妹が左右逆方向に歩くところを繋ぐマッチカット、アルフレッド・ヒッチコック「疑惑の影」(1943年)と同様に寝そべっている逆向きの二人を繋ぐマッチカットが印象的。
 ヒッチコックの場合はそのマッチカットにより名前が同じだが性格は対照的ということを示していた。そこまで凝っているとは思われないものの、なかなかやるわいと思わされる。

アメリカには優秀な俳優監督が少なくないが、彼女は相当本格的だ。クリント・イーストウッドのようになるかもしれない。

儒教の影響の強い極東と違って、欧米では兄弟の順番が解りにくい。兄・弟あるいは姉・妹の区分を示す単語がないのは白人社会では子供の順番が極東ほど重要ではないということだろう。その代わりに羊には年齢雄雌によって違う単語がある。羊が大事であったと想像されます。

"映画評「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント