映画評「サイドマン:スターを輝かせた男たち」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2016年アメリカ=アイスランド合作映画 監督スコット・D・ローゼンバウム
ネタバレあり

大学を卒業する間際に「ローリング・ストーン誌レコード・ガイド」というかなり分厚い本を買ったおかげで、ブルース・ミュージシャンの名前だけはかなり憶えた。守備範囲である70年代後半までのロック(ブルース系含む)を大体買い揃えた後、2010年代に入り、ベッシー・スミス、サンハウス、サニー・ボーイ・ウィリアムソン、マディ・ウォーターズ、リトル・ウォルター、レッドベリー、ライトニン・ホプキンズのCD(全て直輸入)を買った。
 ロバート・ジョンソンは図書館のCDを借りてコピー。今年に入りYouTubeを駆使してB・B・キングの名ライブ盤2枚をCD化した。珍しいところで知る人ぞ知るクリフトン・シェニエ(アコーディオン・ブルース若しくはサディコ)もCD化。
 家にあるブルースのラインアップは大体こんなところ。僕の親父(嘘)プロフェッサー・ロングヘアも相当面白いので、CD化を企んでおります。ハウリン・ウルフも興味があったが、結局買わず、今となればYouTubeでのCD化ですな。

で、本作は、マディ・ウォーターズとハウリン・スミスのサイドで演奏していたパイントップ・パーキンズ(ピアノ、1913年生)、ヒューバート・サムリン(ギター、1931年生)、ウィリー・スミス(ドラムス、1936年生)がいかに素晴らしい演奏家であったか、僕が割合好きなボニー・レイット、ブルース絡みでは必ず出て来るグレッグ・オールマンなどのインタビューを交えて語る音楽ドキュメンタリー。
 アーカイブでキース・リチャーズがまたまた出て来るし、コメントは出て来なかったと記憶するが、ハウリン・ウルフやサムリンと共演したエリック・クラプトンの声も聞こえる。

サムリンから多大なる影響を受けた人物としてジミ・ヘンドリックスが紹介されているが、影響を与えたサムリンより影響を受けたヘンドリックスが目立ってしまった感があるのは良し悪し。

それぞれの生い立ちも黒人故に興味深いものがあり、演奏を外の高窓から覗き見していた少年サムリンが落っこち、演奏中のウルフと知り合ったというエピソードがとりわけ面白い。

先日観た音楽ドキュメンタリー「黄金のメロディ マッスル・ショールズ」に比べると編集がスムーズでなく、午前4時半に目が覚めて突然観始めるという条件の悪さもあってか、誰について話しているのか解らなくなるところがあった(個人の感想です)。映画的にやや不足があると思うものの、素晴らしい音楽人を見るのはそれだけで楽しい。

1960年代に入ってアメリカにおいてブルースが衰退していた頃、英国にビートルズやローリング・ストーンズが現れ、米国で人気が爆発、結果的にブルースや(形骸化していた)R&Bを復興させた。それがブリティッシュ・インヴェイジョンの本質でありましょう。

"映画評「サイドマン:スターを輝かせた男たち」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント