映画評「ルパン三世 THE FIRST」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2019年日本映画 監督・山崎貴
ネタバレあり

僕は小学生の時にアルセーヌ・ルパン(やや大人っぽいが児童ものの要素も残す池田宣政バージョンが最高。国会図書館に一部あるくらいで、全く利用できないのが現状)に耽溺した人間なので、ルパンと言えば三世ではなくアルセーヌなのである。それでもTVの第一シリーズはそれなりに楽しんだし、大学生くらいになっていた第二シリーズは中学生になると共に卒業したTVアニメの中で唯一同時代的に見たアニメである。第三シリーズは余り良くなく、映画版も第三作で三世とは暫し縁を切った(三だけに)。

最近、洋画を含めて他に大した作品が多くないということもあり、人気アニメ同士のコラボであったり、実写版であったりする映画版は観た。長編ではシリーズ第7作に当たる本作は、山崎貴が監督した3DCGが話題。

戦時中にブレッソン教授が中東からみの秘宝の研究成果を明かさない為にその秘宝を狙うナチスに殺される。秘宝の扱い方を記した日記と関連するブローチを託された娘夫婦もナチスに追われて事故死する。ナチスの秘密組織に属する博士ランベール(声:吉田鋼太郎)は幸い生き残った赤子の孫娘の手からブローチだけを奪う。
 十数年後(山崎監督の話では1960年代後半の設定ということだが、それなら二十数年後だから、どちらかが間違っている)、その日記に関わる発表会が行われ、ここで警備員に扮したルパン三世(声:栗田貫一)を変装を見破ったこれまた偽警備員のレティシア(声:広瀬すず)が捉えようとするが、その隙をついて峰不二子(声:沢城みゆき)が日記を奪ってしまう。
 秘宝の中味はお話の進行につれて段々解って来るのだが、ちょっとしたブラックホールさえ起こすことのできるエネルギー装置で、幾つかのちょっとした謎解きを交えながら、ナチス残党と争奪戦を繰り広げることになる。

レイダース 失われた聖櫃」(1981年)と同工異曲で、この手のアイデアは「レイダース」以降ハリウッド映画に多く、余り有難くないものの、ルパン三世史上最大の規模と言って良い大風呂敷ぶりである。確かに2Gアニメより3Gの効果を見せやすい素材ではあるかもしれない。

ランベールの上官に当たるゲラルト(声:藤原竜也)が僕より頭が悪い(最後のブラジルの作戦は見え見えでござる)ので興醒めるが、途中から銭形警部(声:山寺宏一)がルパン一味に加わって呉越同舟ならぬ呉越同機(飛行機の類が多く出る)になる辺りはルパン三世の設定を良く知る人なら嬉しくなるはず。

アルセーヌ・ルパンをベースに考える時に映画シリーズで断然の最高作は「カリオストロの城」(何しろ、憎いが故に忘れがたいカリオストロと、アルセーヌの悲劇的な最初の妻クラリスの名前を使っていて、かのシリーズの持つ高いロマンティシズムが、おふざけも多い三世シリーズにありながらよく再現されている)で、他は問題外だが、本作はかなり差があるもロマンティシズムで同作に次ぐ。よって★一つ余分に進呈する。

昨年TVシリーズの主題歌、エンディング曲、挿入曲、映画版の主題歌を集めて一枚のCDを作った。バージョン違いなどでTV絡みだけでも50分くらいありますです。

"映画評「ルパン三世 THE FIRST」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント