映画評「ワイルドライフ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2018年アメリカ映画 監督ポール・ダノ
ネタバレあり

アメリカの作家リチャード・フォードの小説(恐らく未訳)を、俳優のポール・ダノが映画化した作品。初演出らしい。

1960年。北部に引っ越してきた夫婦と14歳の息子から成る家族のお話で、ゴルフ・クラブに勤めていた夫君ジェイク・ギレンホールが大した理由もなく首になる。雇用者は再雇用を提案してくるが、プライドの高い彼は断り、遂には森林地帯の消火活動をする仕事に就くと言って家を空けてしまう。
 夫君に頼りがちだった細君キャリー・マリガンは、教師の経験を生かしてプールの指導員になるが、そのメンバーで町の実業家ビル・キャンプと親しくなり、家に招く。嘘か真か(後のエピソードを見ると嘘らしい)彼の会社に雇ってもらうらしいが、息子を連れてお呼ばれにも応じたりする。
 初雪を見る頃約束通りギレンホールが帰って来る。しかし、キャリーがキャンプと仲良くしていたと知って憤然、男の家に火を放つ。幸い玄関を焼いただけで済み、相手とも和解するが、たまらずキャリーは家を出、遠方で旧職の教師に就く。
 両親の間で揺れ動いていた息子エド・オクセンボールドは、学校の休暇を利用して様子を見に来た母親と父親をバイト先の写真館に連れて行き、家族三人の写真を撮る。

完全なハッピー・エンドではないが、かなりのところまで崩壊した家族を、全く落ち着きを失くした両親を傍目に成長するしかなかった息子が半ば再生させる、という話と見た。
 この子供はたまたま出来が良かったから良いが、これが普通かそれ以下の子供であれば暴力沙汰や犯罪を起こしかねないでござる。しかし、映画や小説がそういう若者ばかり扱ってきたという側面があり、案外このような良い少年も少なくないのかもしれない、と思わせるところが本作の収穫と言いたくなる。

ダノのタッチは、やや突き放した感じの、インディでは典型的なショットや場面のつなぎ方をしている。冷たい印象を伴いつつ、深い観照性を漂わすのが良い。

ポール・マッカートニーがソロの延長的にウィングス名義で作った「ワイルド・ライフ」というアルバムがある。地味で評判も今一つだったが、案外面白味のある作品。あの作品の「ワイルド・ライフ」は野生生物の意味だが、こちらは?

"映画評「ワイルドライフ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント