映画評「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2018年アメリカ=イギリス合作映画 監督オル・パーカー
ネタバレあり

ビートルズの楽曲だけでミュージカル化した「アクロス・ザ・ユニバース」(2007年)が余りに素晴らしい為、楽曲への思い入れの違いがあることもあり、ABBAの楽曲だけで構成された「マンマ・ミーア!」(2008年)は多少見劣りしようか。しかし、矢継ぎ早に繰り出される楽曲は大いに楽しんだものだ。

続編の本作はベテラン連中は後方に引っ込み若手が活躍する一方、前作で花嫁となろうとしていたソフィー(アマンダ・セイフライド)の母親ドナ(メリル・ストリープ)の若い頃(リリー・ジェームズ)のアヴァンチュールを中心に描く恋愛映画の要素が強く、楽曲の数は半減しているような印象(実際には24曲から18曲に減っただけらしい)。 
 しかも、恐らくはLPのみに収録されているのであろう、僕の知らないバラード系の曲が多いので、前作ほど歌って踊ってという感覚は低く、テンションが上がりにくい。

舞台は現在ではなく、Wkipediaによれば、ソフィーの現年齢は25歳。この映画では母親ドナは1979年頃に妊娠しているので、2005年頃のお話ということになる。

脚本を書き監督もしたオル・パーカーの狙いは、母親ドナと三人の父親候補との関係を描いてみることだが、いきなり意気消沈させるのはドナを故人としてしまったことである。いま流行りの回想形式にしなかったのは正解なのかもしれないと思う一方で、例えば、重病などで直接的なホテル経営から手を引いたドナが若い自分の経験を、ホテルの新装開店にあくせくする娘ソフィーに語るという構成にしたほうがぐっと馴染みやすくなったような気がする。

大雨などでマッチさせる形で現在と過去を繋ぐところもあるが、現在と過去の往復に唐突感が目立つところが多く、かつ、往来の回数が多すぎてやや落ち着かない。おかげで、往来するうち、ドナが付き合った三人のうち明らかに北欧青年のビル(若い時ジョシュ・ディラン、現在ステラン・スカルスゴード)以外はどちらがどちらか解らなくなり、お話に没入しにくいところが出て来る。

最後はここ30年ほど殆ど様子の変わらないシェールが祖母役で登場する(娘役のメリルとは3歳しか違わないのに)。

自分でも意外だったことに、前言にやや反するのだが(笑)、故人という設定が映画的にではなく個人的に奏功して、新装開店のパーティーに(幻想の)ドナ、というよりメリル・ストリープが出現して歌い出したところで何故か涙が出て来た。Allcinemaにも同じようなことを仰る御仁がいらした。前作が特段に気に入ったわけでも、メリルのファンというわけでもないのに、実に不思議だ。

邦題では原題 Here We Go Again から Again がなくなり、どうも落ち着かない。

"映画評「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント