映画評「モーガン夫人の秘密」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2019年イギリス=アメリカ=ドイツ合作映画 監督ジェームズ・ケント
ネタバレあり

日本劇場未公開作と事前に知っていたが、キーラ・ナイトリーというスター女優の主演する映画ならつまらなくても“まあよろし”というつもりで観てみた。原作は英国の小説家リディアン・ブルック。

ドイツ降伏のおよそ一年半後のハンブルクに、戦後の復興処理の一翼を担う為に英国のモーガン大佐(ジェースン・クラーク)が妻レイチェル(キーラ・ナイトリー)を伴ってやって来る。夫婦は11歳の息子を戦争で失った為に少々不和である。
 裕福な実業家系列のルバート氏(アレクサンダー・スカルスゴード)の家を接収して住み始めるわけだが、彼と14歳くらいの娘グレタ(フローラ・ティーマン)を屋根裏に住まわせた状態なので、ドイツ人に息子を殺されたとの思いが強いレイチェルは面白くない。
 しかし、それは英国人に妻を殺されたルバートも同じ。復興を手伝ってくれる英国人に対し彼は紳士的に振舞うが、娘は気に入らず、戦後処理チームへのテロを考えている若者と親しくなっていく。、
 しかし、お互いの状態を知ったレイチェルとルバートは亡き者を補完するかのように互いを求め合う。少佐は、妻がスイスへの移住を予定している彼の非ナチ証明書を戦友が管理する当局に働きかけていたことから二人の親密な関係に気付く。

映画的にはこの後のヒロインの心的推移がハイライトとなるが、個人的には、終戦後の日本人とは違うドイツ人の連合軍に対する憎悪が興味深かった。敗戦後一年以上経ってかつての敵国の司令部に対してあのように問答無用の態度で激しく憎悪をぶつける庶民は殆どいなかったのではないかと想像される。
 少なくとも小説や映画で描かれてはいない。日本人には同胞を殺された怨み以上に、苦しめられた戦争が終わったという喜びがドイツ人より大きかったのではないか。作家の安岡章太郎は戦後の日本人の変わり身の早さに呆れたと告白する一人だが、そういうこともあったのだろう。

映画は暫く英独人の関係性故の重苦しさを引きずって進む。しかし、丁度半分くらいに差し掛かった時に状況は一変する。夫への不満もあってレイチェルはルバート氏を求めるのである。その少し前にルバート氏が嫌がらせのキスをしたことが引き金になっているのだが、とは言え、彼女のこの唐突な変化が些か解りにくい。拙速と言われても仕方がない感じがする。文脈上は理解できるが、展開のテンポに合わないのである。
 逆に、グレタが憎んでいた英国人のレイチェルに対し、彼女が祖国の作曲家カール・マリア・フォン・ウェーバーのピアノ曲を弾いていた為に親近感を覚えていくところは解りやすく、全てがこの調子ならもっときちんとした心理ドラマになったと思う。
 やや描写が足りない為に幕切れなどは戦後作られたメロドラマに近い印象になった。

緩やかな自粛しかしないのに人口当たりの死者数の少ない日本人(を含めたアジア人か?)の遺伝子を研究するとか。防疫に役立つと良いね。

"映画評「モーガン夫人の秘密」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント