映画評「サンダーボルト」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1974年アメリカ映画 監督マイケル・チミノ
ネタバレあり

ディア・ハンター」(1978年)で俄然注目されたものの「天国の門」(1980年)で大映画会社ユナイテッド・アーティスツを倒産させて以降余り冴えず、もう20年以上まともに映画を作っていないマイケル・チミノの監督デビュー作(兼脚本)。40何年か前に観て以来の再鑑賞。

偽牧師のクリント・イーストウッドが以前の強盗仲間から銃撃されて逃げるところへ、中古車を盗難してきた若者ジェフ・ブリッジスが現れ、結果的に助けてもらう。二人で旅を続けているところを、今度は大男ジョージ・ケネディとジェフリー・リュイスが襲い掛かって来る。二人も強盗仲間で、やがてブリッジスはイーストウッドが伝説の強盗犯サンダーボルトであると知る。
 二人はイーストウッドが大金を独占していると疑って襲ってきたわけだが、実は誤解。ブリッジスの発案で彼らは再び結束し、前に襲った警備の厳しい金庫を再び襲おうという常識外れの計画を実行に移す。

と書いてくると、一般的な犯罪映画に思われるだろうが、そのつもりで見ると当てが外れるし、チミノが敢えて外したところを捉えて批評すると的も外れる。
 つまり、スピード感やサスペンスを最初から求めていない非ジャンル映画的な作風で、もたついている(のんびりしている)とか捉えどころがないというのは批判の言葉ではなく、寧ろそれを作品の取り得と考えるべきなのである。
 喜劇ではないがズッコケ編で、最初奪った大金を隠した小学校を、第二の犯行でケネディとリュイスが死んだ後、とんずらした先で発見するというのもオトボケと考えた方が良い。

最終的に浮かび上がるのは、イーストウッドと彼を大物として慕うようになる若者の友情で、70年代流行った友情を交えたロード・ムービーの一ヴァリエーションとして、幕切れはなかなかの感慨を催させる。

ジム・クロウチの名曲「アイ・ガット・ア・ネーム」はこの作品で使われたと思っていたが、ブリッジス主演の別の作品「ラスト・アメリカン・ヒーロー」だった。

"映画評「サンダーボルト」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント