映画評「愛と哀しみの果て」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1985年アメリカ映画 監督シドニー・ポラック
ネタバレあり

評判が良かったものの映画館で観られなかったので、当時流行っていたレーザーディスクを買って観た。今回はハイビジョンでの鑑賞で、以前観た時より僕と周波数が合った感じがする。
 外国の文芸ものは、英国流がやはり良い。本作はアメリカ製であるが、舞台がアフリカの英国領なので英国の香りが強いのだ。

第1次大戦直前、デンマークの令嬢カレン(メリル・ストリープ)が煮え切れない貴族の恋人を振ってその弟であるブロア(クラウス・マリア・ブランダウアー)と結婚して男爵夫人となり、母親から援助を得てアフリカの英国領で酪農を始めようとするが、夫君はコーヒー園に切り替えて反目。夫君が放蕩タイプで仕事も碌にしないうちにどこからか移された梅毒を移されたカレンは一時帰国を余儀なくされる。
 治癒して帰って来た彼女は結果として子供を産めない体となり、夫君からすっかり心が離れ、コーヒー園以外にも現地の子供の教育を勤しむようになると共に、ハンター業の英国人デニス(ロバート・レッドフォード)に自分にない性格を見出して惹かれ合っていく。
 離婚した彼女は結婚を望むが、彼にはその気がない。存在するだけでも良かっただろうに、彼は飛行機を墜落させ死んでしまう。

カレン・ブリクセンの自伝小説と彼女の伝記とを併せて物語にした内容の文芸作で、シドニー・ポラックがゆったりと進めているのが良い。
 Allcinemaの“時として冗漫な語り口は万人向けとは言い難い”という解説における評はかなり的外れで、作者側がアフリカの時間のゆったりとした流れを表現する意味合いも兼ねてゆっくり進めたことに気付いていない。本作の価値を正しく理解するには、スピード感溢れる都市生活を描いたものでないことを頭に入れておく必要がある。解説においてある程度評価を加えても良いと思うが、自分の好悪をあたかも定評のように扱うのは感心しない。
 文芸ものでは概してゆっくりした進行のほうが画面に感情や情緒をうまく沈潜させることができ、テーマをうまく表現できると思われる。ゆっくりなら何でも良いなんてことはないにしても、それは同時に、速ければ何でも良いわけではないということと同じ意味である。少なくともAllcinemaの解説者が考えるより多くの人々が本作を冗長と思わずに見ることができると思う。
 アフリカの広大な風景や昔の映画の邪劇的な扱いとは違うタッチで見せられる原住民たちの様子に反射される、殆ど一人で奮闘するヒロインの心情を考えながら見れば、退屈するところなど殆どないであろう。

女性の権利が制限された時代に頑張る女性のお話だが、フェミニズム的な嫌味がなく、しっとり見られるのが良い。同時代のデーヴィッド・リーン監督作「インドへの道」(1984年)の凄味に及ばずも、秀作と言うべし。

原題は"Out of Africa”。アフリカを去り故国に戻ったブリクセンを意味しようか。

"映画評「愛と哀しみの果て」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント