映画評「ある女流作家の罪と罰」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2018年アメリカ映画 監督マリエル・ヘラー
ネタバレあり

先日観た「天才作家の妻 40年目の真実」と重なるところのある内容の実話である。あちらでは嘘をついていた純文学作家に関する伝記を書こうとしていた伝記作家が脇役として出て来たが、こちらは伝記作家がインチキをする。

キャサリン・ヘプバーンの伝記で実績のある伝記作家リー・イズラエル(メリッサ・マッカーシー)が家賃も払えないほど食い詰め、仕方なくかつてキャサリンから貰った手紙を古本屋に売る。彼女は伝説的な舞台女優ファニー・ブライスの伝記を練っているのだが、現在では問題にされない対象である為エージェントから相手にして貰えない。
 それでも伝記執筆の参考にしようと手にした資料に彼女の手紙があった為これを売ることにする。書店から刺激的な内容であれば高く買えると言われ、本物に文言を加えて味をしめ、次々と偽の手紙をものすのだが、やがてブラックリストに載る。そこで友人の老人ジャック・ホック(リチャード・E・グラント)に売らせに行くが、彼が逮捕されたことで犯行がばれる。
 執行猶予の判決を受けた彼女は、したたかにその過程を綴った自叙伝を書いて評判を取る。

メリッサ・マッカーシーの演技が好調、割合しっかり作られている一方、スター俳優が不在であり、興味深いものの地味な内容なので、日本ではお蔵入りになった。

ヒロインがでっち上げるのはタイプライターの手紙だから、同じ時代の日本とは事情が違う。日本で、例えば夏目漱石、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫の手紙が発見されれば一桁違う高い値がつく。また、こうした作家の場合は学術的な研究に付され、安易に売り買いしないのが日本文化である。その辺りの感覚の違いが解るところが興味深い。

同時に、彼女が偽手紙の筆者として取り上げる英国劇作家ノエル・カワード(「逢びき」の原作戯曲などを書く)、「ファニー・ガール」の女優ファニー・ブライス、「ミセス・パーカー/ジャズエイジの華」の閨秀作家ドロシー・パーカーが日本ではさほどお馴染みでないのが、日本の大衆にはピンと来にくい。マレーネ・ディートリッヒが知名度で勝負ができる程度だろう。

残念なのは、かくして実話として映画になっている以上、落ち着くところが見え過ぎている為に、興味を繋ぐという意味でのサスペンス性を欠くことである。だから、この作品の場合は、実話ものと謳わないほうが映画としては有利になったと思う。
 彼女が偽物を売った書店の女店主アナ(ドリー・ウェルズ)の短編小説の扱いも中途半端ではないか。これをうまく扱ったとしても印象が大きく変わるというものではなさそうだが。

先月の「朝まで生テレビ」でパックンが、”女性芸人”などと頭に女性などを付けるのが男女差別の諸悪の根源、といった内容のフェミニズム寄りの発言をしていた。言葉自体は男性社会であったことを示す職業の過去の実態を表しているだけ。つまり、男性が数で圧倒してきた職業などに″女”の冠が付く。実際女性が多いモデルの場合は、男性モデルと言う。五分になれば、男児・女児、男優・女優の如く、どちらにも冠がつく(古い職業の場合はなかなかそうならない)。僕の場合は、女性の俳優は俳優ではなく女優と言ってほしい。但し男性の俳優は男優に。冠がつくと理解が早いからである。芸能人などの人気投票の場合男女別にしないと実際が反映されにくい。また、オリンピックの各競技・各種目が男女別になっているように区別が必要である場合が多い。これをしないと小説など成り立たないだろう。区別が差別に発展するのが問題なのだ。

"映画評「ある女流作家の罪と罰」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント