映画評「いちご白書」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1970年アメリカ映画 監督スチュアート・ハグマン
ネタバレあり

1970年は本格的に映画を観始めた年だが。まだTV放映を鑑賞するのが大半だったので、この映画を実際に観たのは4,5年後高校生の時と思う。しかし、縮緬ビブラートのバフィ・セント=マリーの歌う主題歌「サークル・ゲーム」(作者ジョニ・ミッチェル)はラジオで良く聞いた。「いちご白書」の主題歌としてではないが。

1968年4月にコロンビア大学で起きた学園闘争に関わった青年ジェームズ・クーネンがまとめた体験記録を当時の若手スチュワート・ハグマンが映画化した作品。

大学で地質学を学びボート部に属するノンポリ青年ブルース・デーヴィスンが、友人の女友達から聞かされた大学長室占拠事件に興味を持ち、大学内外での活動の様子を伺ううちに女学生キム・ダービーに目を留め、いつの間にかグループの食料係を仰せつかってしまう。幸運なことにキムも食料係で、一緒に近くの店に調達に行くなどして親しくなっていく。
 学生の要求は大学近くの遊園地を軍事関連施設に変えるという計画の撤回である。悪友バッド・コートも彼以上に不純な目的でグループに加わり、最初は活動家を嫌っていたボート部の仲間も加わって来る。
 いつまで経っても撤退しない学生に業を煮やした体制側が警官を駆り出す。

本作は(本作自体もまた)イデオロギーには殆ど関心がなく、専ら学園闘争を青春の1ページとして繰り広げる青年の恋模様を描く。好きな女性の為に彼は運動に力を注ぎ、悪友たちも活動に興味がないのに闘争に巻き込まれていく。

1960年代から70年代初めの日本の学生運動に参画した人の多くがそうしたムードに誘われたのだと、遅れて来た青年たる僕は想像するのである。
 そうした若者たちの軽さを表現する為に(か)、肩掛け若しくは手持ちカメラを駆使してカメラを動かし回り、時にサブリミナルのような細かいショットを挟んで自由闊達に撮っているところが目立つ。「卒業」(1967年)くらいから流行り始めた音楽に乗せた台詞なしのスケッチ的ショットも多い。「サークル・ゲーム」に乗ったオープニング・タイトルの背景などその代表である。

「サークル・ゲーム」の他、当時人気のあったクロスビー・スティルス&ナッシュの「青い瞳のジュディ」、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの「僕達の家」「ヘルプレス」、「ヘルプレス」を作ったニール・ヤングの「ダウン・イン・ザ・リバー」「ローナー」、サンダークラップ・ニューマンの「サムシング・イン・ジ・エア」という60年代末を飾った名曲がかかり、わくわくしてくる。学生運動は知らないけれど、早熟な小学生だった僕はこれらの曲は皆知っているのだ。

そして、幕切れの体育館に座った学生たちが床を叩きながらジョン・レノン「平和を我等に」を延々と合唱する場面では、ノンポリの僕でも彼らの熱意に胸を熱くする。その後の拘束模様はカット割りよろしく物凄い迫力である。
 かくして彼らの活動はその場では空しく「ヘルプレス」の状態に終わるわけだが、こうした活動家たちの運動は少しずつ花を開き、持たざる者の人権は広がって行ったと思う(現在の明らかに行き過ぎたポリティカル・コレクトネスは寧ろ軽薄ですらある)。

このお話が1968年4月を時代背景としているのであれば、1969年発表の「平和を我等に」を合唱することは時代考証的にありえないから、本作全体を実話に想を得た青春物語の寓話と思えば良いのだろう。もう一点、「僕達の家」の音楽に乗って恋人たちが遊園地のローター(?)に乗るスケッチ場面は「大人は判ってくれない」(1959年)へのオマージュかもしれない。

「『いちご白書』をもう一度」もこの映画を語る時欠かせない。バンバンの曲と紹介されることが多いが、やはり作者の荒井由実の名前を挙げるべきだろう。また、日本のGomez the Hitmanが2000年頃に発表した曲「僕たちの暮らし」に「僕達の家」とダブるような歌詞がある。偶然かなあ。

"映画評「いちご白書」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント