映画評「ノクターナル・アニマルズ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2016年アメリカ映画 監督トム・フォード
ネタバレあり

テレビ東京(BSテレ東)で放送している「ファッション通信」を一時期見ていたので、ファッション・デザイナーのトム・フォードの名前は知っている。映画を作っていたことは知らなかったが、本作を観るとなかなか映画作りの才能もある。

前衛芸術を仕切るアート・ディーラーとして成功を収めた中年美人スーザン(エイミー・アダムズ)が、現夫と間に冷たい風の吹いている現在、20年前に別れた文学志願の夫エドワード(ジェイク・ギレンホール)から小説の原稿を受け取る。

それ以降、妻(エイミー二役)と娘とで車の旅に出た中年男性トニー(ギレンホール二役)が不良三人に絡まれた挙句に妻と娘を殺され、末期がんの刑事(マイケル・シャノン)の協力を得て復讐を企むというサスペンス小説の劇中劇と、それを読むスーザンの反応を見せる現在と、その結果回想される20年前の過去という三重構造で進行するのだが、音のそれを含めマッチカット的になかなか巧く繋がれ、ここに非凡なセンスを感じる。

そうして興味を繋いで浮かび上がる、内容におけるキー・ワードは復讐である。
 エドワードの小説を読み、スーザンの心に前夫の才能に早めに見切りをつけて現在の夫(アーミー・ハマー)に乗り換え、前夫の子供を堕ろしたことへの後悔が俄かに生まれる。
 その小説は、前夫が自身を投影した中年男性が妻と娘の復讐をするという内容だが、その内容とは裏腹にそこに秘められた前夫の思いは小説の中で妻を殺すという形での復讐である。それが彼がレストランで待つスーザンとの約束を反故にする復讐と共鳴し合って、映画は終わる。
 しかし、〈裏腹に〉が暗示するように、これは読者たるスーザンの解釈であるから、そうでない可能性もあることを一応は指摘しておきたい。そうでないとすれば、幕切れも復讐とは限らないことになる。

人間やその存在に関して特段の問題を提起するわけではないが、デザイナーらしいファッショナブルな映像から、作者が織り込んだ様々な記号を読み取り、読み解く楽しみがある。インテリ好みの映画と言うべし。

奇しくも明日アップ予定の「デス・ウィッシュ」も三人の暴漢が妻と娘を襲い、夫が復讐するという同工異曲。題名から解るように「狼よさらば」のリメイクだ。

"映画評「ノクターナル・アニマルズ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント