映画評「告白小説、その結末」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2017年フランス=ポーランド=ベルギー合作映画 監督ロマン・ポランスキー
ネタバレあり

ロマン・ポランスキー84歳の新作である。

母親の自殺をテーマにした実話小説が成功して一躍人気作家になったエマニュエル・セニエがスランプに陥る。熱烈なファンという女性エヴァ・グリーンと交流を続けた末に彼女を秘書的な立場で我が家に迎え入れると、今度は何故か彼女のフィクションへの傾倒に強く反対するエヴァの妨害に苦しむことになる。
 やがて足に負傷を負った為にエヴァの田舎の家に一時的に引っ越すことになり、その道中に彼女の人生をテーマに執筆することを思い付く。しかし、ここでもエヴァの激しい気性が彼女を妨害、執筆データも破棄され、やがてエマニュエルは食中毒で激しく衰弱、命の危険性も感じて深夜の雨中家を抜け出す。

ここまでのお話は「ミザリー」に似たお話の構図であり、観客は専らどうサスペンスが醸成されていくか関心を持って観続けていくことになるが、何か起こるだろうという雰囲気だけで最後まで進み、彼女の衰弱の原因がエヴァが殺鼠剤をスープに入れたせいと判明するところにゾッとするくらいで、ポランスキーの実力を考えれば生ぬるい。

ところが、この作品の眼目は、彼女の新作のサイン会ではっきりする。生ぬるいのは計算のうちで、最後の最後にこの作品はメタフィクションであると表白するのである。つまり、本作のタイトルはD'après une histoire vraie(実話に基づく)であり、彼女の新作もD'après une histoire vraie。つまり、この作品自体が彼女の新作を書く苦闘ぶりを綴る私小説的な新作の内容であると想像される洒落っ気。

とは言え、それだけでは今となっては手垢のついた手法に過ぎず大して面白くない。しかし、二度目のサイン会でのエマニュエルの外見を見ると、どうもキキという架空の話し相手を持つエヴァ自身が正にエマニュエルにおけるキキであったらしいと判る、というところに考えが至って初めて本作の本領が感じ取れる次第である。
 すると、例えば、内縁の夫ヴァンサン・ペレーズが入院した彼女に放つ「どうして自殺しようとしたのだ」という質問が別の様相を示してくる。見た目ではエヴァが彼女に毒を入れたように見えるが、エヴァを幻想の産物と考えれば、自分で服用したのである。

原作者の名前がデルフィーヌ・ド・ヴィガンで、ヒロインの名前がデルフィーヌ。これを含めれば三重の入れ子構造の様相を示し、大袈裟に言えば、合わせ鏡を見るような酩酊を覚えさせる。ポランスキーの作品と考えると失望が先に立つが、まあ悪くない。

最近結末が書きにくい映画が多くて困ります(結局書いてしまったけれど)。

"映画評「告白小説、その結末」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント