映画評「ゲット・アウト」 

☆☆☆(6点/10点満点中)
2018年アメリカ映画 監督ジョーダン・ピール
ネタバレあり

一週間前に観た「ヘレディタリー/継承」がそうだったように、ホラー映画は新人の監督デビューに向いているらしい。終盤まで閉鎖的コミュニティの恐怖劇と思わせる本作も、ジョーダン・ピールという黒人監督のデビュー作に当たる。

筋骨逞しい黒人青年ダニエル・カルーヤが、白人の恋人アリスン・ウィリアムズの家に招かれる。「招かれざる客」同様にならないかと戦々恐々として赴くが、両親も彼女が予め告げたように黒人への差別意識がない。彼女の弟ケイレブ・ランドリー・ジョーンズは得体のしれない印象はあるも、総じて好感触。寧ろ黒人の使用人二人に彼は違和感を覚えるのである。
 滞在中にコミュニティの人々を集まる園遊会にも加わるが、ここで出会う初老の白人を妻にしている黒人青年も尋常ではない印象を発散する。不穏な雰囲気を察知した彼はアリスンに帰ることを告げるが、彼女は何故かきびきびと動かない。ここで彼は彼女が様々な黒人と撮った写真を発見する。彼女もこの家族が中心となって行っていたコミュニティ、厳密には結社、の陰謀に加担していることに気付き、慌てて逃げ出す。

のだが・・・というお話で、終盤になると、白人の黒人の肉体や運動神経に対する憧れを科学的に扱ったSFホラーに変じていく。

この作品は話題性が高いので、余り詳細には触れないことにするが、次のような事例について触れないと映画評の意味を成さないので書いておく。
 序盤に車で鹿をはねた恋人たちの要請でやって来た警官がカルーヤ青年を調べようとするのをアリスンが止めようとすることの意味。或いは、フラッシュを焚かれた黒人青年が放つ「出て行け」という台詞の意味合い。それが映画を観終わった後では180度違う意味となるのである。或いは、黒人を差別しないことの隠れた意味にも深長なものがあり、アメリカ社会のポリティカル・コレクトネスへの見事な風刺になっている。
 アカデミー脚本賞を獲ったのも納得できる。

但し、最初のエピソードが些か解りにくい。ジョーンズ君が黒人青年を誘拐する一幕なのだが、この黒人が格闘技家のジョーンズ君に全く歯が立たないのを見ると、肉体を狙う結社にとってどこが魅力だったのか解らず、腑に落ちないのである。

白人に対する諧謔の側面が強いので、アメリカでは喜劇扱い。日本人にその感覚はなかなか解らない。

"映画評「ゲット・アウト」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント