映画評「体操しようよ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2018年日本映画 監督・菊池健雄
ネタバレあり

主人公は38年勤めて定年退職ということだから多分60歳なのだろう。僕は現在ほぼ同世代であるので、シネフィル的な分析をすると特にな~んということない作品と言うべきなのだが、共感したり身に染みるところが多く、★一つがとこ余分に進呈する。同時に、演ずる草刈正雄は実際には兄と同じ生年で、ちと不思議な感じ。

文具メーカーを定年退職した草刈氏が自由を満喫しようと思っていると、妻の死後18年間一人で育てて来た娘・木村文乃30歳にこれからは家事は全部自分でしなさいと宣言されたので大弱り。暇を持て余しているある時、涙を流している中年女性・和久井映見が気になって追いかけるうちに、彼女の経営する喫茶店にお邪魔することになって、町民二十名ほどでやっている朝の体操に誘われる。気になる彼女の誘いだから断るはずもない。
 しかし、真面目一方で融通の利かない彼は、怪我をした会長きたろうが留守の時に、張り切りすぎてきちんとした体操を強要して皆から顰蹙を買い、体操グループが二分されてしまう。きたろうの経営する便利屋にも勤め始めた結果、その若い同僚・渡辺大知が娘の恋人と判明、普段の言葉に反して反対してしまう。
 益々娘の心が離反するも、きたろうの勧めにより、主人公、娘、その恋人とで、映見ちゃん(笑)の息子との再会を画策する。その結果全てが好循環に進み、父親と和解した娘は米屋の実家に戻ってやり直すことにした渡辺君と結婚、家を出る。文字通り一人暮らしになった彼は身を入れて家事をこなし、今日もまた体操に出て行くのである。

テーマは、定年退職した人間の居場所についての考察である。仕事人間として定年退職を迎えた中年男性は会社という居場所を失くすと、特段の趣味もないと、居場所がないのである。自由を満喫すると言っても実はやることがない。そういう意味では娘が彼に家事を強要するのは、親心ならぬ子心(?)と言えないこともないという気がする。
 また、女性へのちょっとした助平心(性的なことではありませぬ)が主人公を体操に結び付け、その結果彼は地域住民とも良い関係を築き、結果的に娘とも和解する。助平心と体操は使いようというやつですな。

多分に細君のいる定年退職待機組にこの映画が参考になるところは限られるが、コミュニケーションの重要性は普遍的。頑張ってください。

僕もコミュニティーの催し物にはなるべく参加して交流を図っている。

"映画評「体操しようよ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント