映画評「君の名前で僕を呼んで」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2017年イタリア=フランス=ブラジル=ドイツ=アメリカ=オランダ=タイ合作映画 監督ルカ・グァダニーノ
ネタバレあり

1983年の北イタリア。アメリカの大学教授一家が夏休みを過ごすため例年の通りそこに所有する別荘を訪れる。ギリシャとローマの考古学を専門とする父親(マイケル・スタールバーグ)は毎年一人ずつ博士課程の学生を呼ぶことにしており、今年は大柄の白人青年オリヴァー(アーミー・ハマー)である。多才の中でも特に音楽的才能のある17歳の息子エリオ(ティモシー・シャラメ)は、自信に満ち溢れた彼に最初は反感を抱くが、やがて恋心を募らせていく。

この少年が真の同性愛者なのか判然とはしない。かと言って、同世代のイタリア少女マルシア(エステール・ガレル)と交際するのは、彼との交流の狭間における懊悩のはけ口のようなものと考えられるわけで、これをもって両刀使いとも言いかねる。
 僕には、日常的に彼らが目にしている古代ギリシャや古代ローマの美術が二人を感応させ合ったかのように、即ち少年は青年の持つ彫刻のような肉体美に、青年は少年の優美に惹かれたようにも思えるのである。

1970年代前半に流行った初恋ものの同性愛版のような印象で、視覚上の感覚はなかなか良いが、いかんせん同性愛映画は苦手だから、どうにも集中できなかった。少年が恋するのが女性であれば、ツルゲーネフ「初恋」のような感覚でぐっと引き込まれたであろう。結果的に、エリオの両親の心の広さに一番感銘させられた。

音楽にクレジットがないので全て既成曲なのかもしれないが、背景音楽が充実。

イタリアとアメリカの国籍を持つ作家アンドレ・アシマンの小説をジェームズ・アイヴォリーが脚色し、イタリアのルカ・グァダニーノが映像に移した。個人的には、かつて同性愛もの「モーリス」(1987年)を作ったアイヴォリーの監督で観たかった気もする。イタリアが舞台なので、グァダニーノに任せたのだろう。

“君”だの“僕”だのが付く題名は好きではないが、この作品に関しては原題由来なので仕方がない。

"映画評「君の名前で僕を呼んで」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント