一年遅れのベスト10~2018年私的ベスト10発表~

 群馬の山奥に住み、持病もあり、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2018年私的ベスト10は皆様の2017年にほぼ相当する計算でございます。
 スタンスとして初鑑賞なら新旧問わず何でも入れることにしていており、その年の状況によってはとんでもない旧作を入れることがあります。今回は、果たして?

 2018年鑑賞本数は昨年と同じく361本、再鑑賞は63本でした。従って、本稿対象となる初鑑賞作品に関しては298本。昨年に引き続き300本を割りましたが、再鑑賞作品が存外少なく終わり、去年より12本も増えました。データを精査しないと解りませんが、前編・後編スタイルの映画が流行しているせいで日本映画が増えたのかもしれません。下記の顔ぶれを見れば解るように、ここ数年同様にアメリカ映画系列が健闘し、欧州大陸映画が不調に終わりましたね。

 洋画・邦画共にメジャー映画は若年層向けに偏り、総じて鑑賞後の物足りなさを覚えるケースが多い。残念ながら、この傾向が大きく変わることは金輪際ありますまい。我ら老兵は消え去るのみ(どこから?)。


 それでは、参りましょう。


1位・・・スリー・ビルボード
“怒り”と、そしてそれ以上に“怒りの抑制”をテーマにし、先が読みにくく興味を喚起し続ける話術の巧みさに唸る。勘違いして貰っては困るのは先が読めないのが良い作劇ではないという映画鑑賞における真実。先が全く読めないお話は興味を喚起し続けることができない。興味を喚起し続けることと、先が全く読めないことは似て非なるものということをよく証明する一編でした。

2位・・・女神の見えざる手
昨年唯一☆☆☆☆★を付けた優れた娯楽作。純粋に昨年一番面白かった作品ですが、ベスト10銓衡(選考)となるとそればかりではいけないので、ここに置く。ロビー活動をテーマに重層的どんでん返し(どんでん返しが繰り返されるの意にあらず)を眼目にした作品ですが、ヒロインが実は見た目と180度違う人間であったことに本当に驚かされました。接見弁護士「他のメンバーに黙っていた理由は?」ヒロイン「刑期は5年だから(仲間を巻き込むわけにはいかない)」

3位・・・メッセージ
時間が存在に与える影響という、非常に難しく深遠な哲学的テーマを大衆映画を通して見せたドニ・ヴィルヌーヴの手腕に感心。勿論哲学映画であるから生易しくはないけれど、興味をそそる要素を随所にちりばめて娯楽性に富む。ヴィルヌーブは「ブレードランナー2049」でも哲学を扱って才人ぶりを発揮、2018年の監督賞はこの哲学SF二作で文句なしに彼に決まりました。

4位・・・わたしは、ダニエル・ブレイク
弱い立場の小市民に視線を下降する時に真価を発揮するケン・ローチがその実力を見せつけた社会派の力作。社会派映画は得てして散文的になり、本作にもその誹りを免れないところがあるが、英国の現実が日本にも当てはまるところが多く、考えさせられた。

5位・・・セールスマン
今やベスト10常連となったアスガー・ファルハディの人間劇。相変わらずミステリー要素をてこに人間の人間たる所以を焙り出す手腕が見事。イスラム教における男女差別の激烈さを知らないと真価が解りにくいところがありますが、秀作であることには変わりがない。

6位・・・沈黙-サイレンス-
信仰の問題よりも、非キリスト教徒である僕には、信仰と民族性の関係を浮かび上がらせる内容に非常に興味深いものがありました。近年のマーティン・スコセッシの作品としてはダントツに気に入りましたね。

7位・・・スノーデン
ドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」の後に観たので実に解りやすく、メッセージ性にインパクトあり。映画としてはそれに尽きる。問題の多すぎる“共謀罪”法が施行された日に観たのもグッド・タイミング。

8位・・・光をくれた人
どちらか言うと純文学系や社会派の作品が多い中、高品質の人情映画という意味で、本作を選択しました。勿論これとて、人間性を測る選択の問題をモチーフにして文芸度も非常に高いわけですが、心に残るのは広義の人情。

9位・・・光(河瀬直美監督)
是枝裕和監督「三度目の殺人」も哲学的な考察が非常に面白い作品で、どちらにしようかと迷ったものの、“手法ありき”が気にいらなかった河瀬監督の進境を買って邦画で唯一入選の栄誉を。とにかく、視覚をテーマにした作品における、視覚という映画(映像)言語の鮮やかさに惚れ惚れしました。テーマと表現が一致したのが見事でしたねえ。

10位・・・ベイビー・ドライバー
内容だけを追えばこういう作品は論外になるが、僕はショットや場面の繋ぎの良い作品を観るとゴキゲンになってしまう。そういうのも十本のうちに一つくらいはあって良い。使われた既成曲の選択も秀逸です。

次点・・・ハクソー・リッジ
戦闘場面の迫力は近年で随一。ドラマ部分の表現がもう少し充実していれば上位に入れられたかも。

画像

ワースト・・・忍びの国
ジャニーズがいけないなんて狭量な観点ではありません。作品の性格・トーンが全く一貫しないのがいけない。韓国大衆映画はこの基本を殆ど守っていないので近年避けてきたのに、邦画でここまで性格が一貫しないのを見せられるとは。アクションもCG頼りで誠につまらない。

****テキトーに選んだ各部門賞****

監督賞・・・ドニ・ヴィルヌーヴ~「メッセージ」「ブレードランナー2049」
男優賞・・・マイケル・ファスベンダー~「光をくれた人」「エイリアン:コヴェナント」「アウトサイダーズ
女優賞・・・イザベル・ユペール~「未来よ こんにちは」「エル ELLE
脚本賞・・・ジョナサン・ペレラ~「女神の見えざる手」
撮影賞・・・ロジャー・ディーキンズ~「ブレードランナー2049」
音楽賞・・・ブリュノ・クーレ、KiLA~「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた

"一年遅れのベスト10~2018年私的ベスト10発表~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント