BORO「大阪で生まれた女」・・・僕拝借しちゃいました音楽シリーズその3

何と7年ぶりのシリーズ復活です。映画界も古いシリーズを復活させてお茶を濁していますから、それを真似した、というわけでもないのですが、ブログ・フレンドとコメントを交換するうちにそんな気分が盛り上がってきまして、不定期にアップしていこうかな、などと思っております。

さて、今回はBOROの「大阪で生まれた女」です。萩原健一も歌っていますが、編曲も含めてかの曲によく似ているなあと思われるのはコンポーザーBOROが歌ったバージョンですね。
 かの曲? 洋楽好きの方ならこの類似関係をよく含めてご存知のはずのプロコル・ハルム「青い影」A Whiter Shade of Pale、これなり。イントロのオルガン、特徴的なドラムスのリフレイン、コード進行そっくりです。

同じく「青い影」に影響を受けた曲としては荒井由実(松任谷由実)の「ひこうき雲」その他があり、この曲は実に多く後世に影響を及ぼしている名曲ということになります。逆に「青い影」がバッハのカンタータや「G線上のアリア」から拝借しているという説もありますが、クラシックまで広げると話が複雑になるので、ここでは言及しません。

しかし、これで終わっては僕の名がすたる。というわけで、「大阪で生まれた女」に影響を与えたのではないかと思われる曲をもう一つ。パーシー・スレッジ「男が女を愛する時」When a Man Loves a Woman。最近キリン・ビバレッジがCMで使い始めた、あれです。この曲もイントロにキーボードを使っていて、ムード的に「大阪で生まれた女」と共通するところ多し、という感触を覚えます。
 但し、BOROが意識したかどうかとなると判然としません。というのも、「青い影」自体が「男が女を愛する時」に相当影響を受けている(1967年5月に発表された「青い影」の1年位前の発表)と思われるからです。40年位前に僕が初めてそう思った何か月か後に、この曲をかけたピーター・バラカン氏が「『青い影』はこの曲に相当似ていると今更ながら思う」と追認するかのようにコメントをしたのを憶えています。
 コード進行は3曲とも同じような感じ、ドラムスも凝ると「青い影」のようになるなと思わせます。BOROにとっては間接的影響となるのかもしれません。

流れとしては、以下の如くなります。

「男が女を愛する時」→「青い影」→「大阪で生まれた女」
                     →「ひこうき雲」等

ということで、YouTubeから曲を紹介しようと思いますが、「大阪で生まれた女」は編曲の違うライブ・バージョンしかなく大して意味がないので省略します。最初に「青い影」、次に「男が女を愛する時」を張っておきます。お楽しみください。



"BORO「大阪で生まれた女」・・・僕拝借しちゃいました音楽シリーズその3" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント