映画評「ショーシャンクの空に」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1994年アメリカ映画 監督フランク・ダラボン
ネタバレあり

何年か前にIMDbで「ゴッドファーザー」(1972年)に代わって1位になって以来ずっとトップの座に君臨しているフランク・ダラボン監督作品。個人的には「パルプ・フィクション」(1993年)と並んで過大評価されている作品と思う。いずれにしても180万人が投票している怪物的作品だ。

始まりは終戦後のアメリカ。銀行の若き副頭取ティム・ロビンズが妻と愛人を射殺した冤罪で服役することになる。当初は虐待されるが、既に初老だった黒人モーガン・フリーマンと親しくなった後、持ち前の才能を生かして所長ボブ・ガントンや看守たちの財政管理をして囚人や看守を懐柔、優遇されて図書係として刑務所の図書室増設や本の購入などに活躍する。
 しかし、20年近く服役した頃、新入りの若い囚人ギル・ベローズから彼の妻と愛人を殺した真犯人のニュースを聞いたことからロビンズは所長に再審への希望を打ち明けるが、彼の助けで不正な蓄財をしていた所長は保身のためにベローズを脱獄を図ったように見せかけて殺害し、ロビンズも痛めつける。
 これに心穏やかでなくなったロビンズは、フリーマンから得た小型つるはしを使って入所当初より掘り続けた穴を抜けて遂に脱獄、所長の為に用意した架空の人物になって大金を得る。

お話の爽快さは文句なしだ。勧善懲悪的であり、最後の銀行絡みのアイデアも面白く、大衆映画として好評を博す理由はよく解る。官憲がしてやられる幕切れには「ユージュアル・サスペクツ」(1995年)に似たムードがあるが、見せ方が正攻法であるこちらのほうが後味が良い。

堀った土をズボンに隠して外に出すアイデアが「大脱走」(1963年)と同じであったり、囚人がカラスの雛を育てるのが「終身犯」(1961年)と似ていたり、新味はそれほどないものの、およそ20年という年月をリタ・ヘイワース、マリリン・モンロー、ラクエル・ウェルチという三人のグラマー女優のポスターの変遷で表現した辺りは上手い。

脱走自体の面白さで上記「大脱走」、刑務所+脱獄ものとしての感銘で「仮面の米国」(1932年)に及ばない。後者は大昔に一回しか観ていないので、アバウトな印象に過ぎないが。

(恐らく下部を留めていない)ポスターの裏に穴が開いていれば、風の流れなどですぐに穴の存在に気づくとは思いますがね(脱出後の話)。

"映画評「ショーシャンクの空に」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント